「自動ブレーキ搭載車」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

そもそも自動ブレーキとはどのような機能を持つ車なのでしょうか?
車に装備されたレーダーが障害物や前の車を監視し、追突の危険性が高まると警告音を鳴らして、ドライバーにブレーキ操作を行うよう促します。
それでも回避操作が行われない場合、自動にブレーキが作動します。

事故発生件数も搭載車と非搭載車を比較した場合、60%くらい減っていますし、生産台数も2011年にはわずか数%だったのが、4割近くまで拡大しています。
今年1月から、その自動ブレーキ搭載車(ASV技術のうちAEB(衝突被害軽減ブレーキ)を搭載した車両)の任意保険料が安くなるという「ASV割引」が導入されました。
(割引は一部の特約保険料には適用されません。)

ただし、割引対象車種は、「自家用普通乗用車」「自家用小型乗用車」「自家用軽四輪乗用車」です。
割引適用期間は自家用普通乗用車と自家用小型乗用車につきましては、型式の発売から約3年(発売月によって異なります。)となります。自家用軽四輪乗用車については発売時期に関わらず適用されます。

ハンドルを握る以上、安全運転を心がけることが第一ですが、より安全性の高い車を選び事故リスクを少しでも下げることも大切!という考えから、自動ブレーキ搭載が義務化される動きもあります。

これを機会に安全性の高い自動ブレーキ搭載車のご購入を検討してみてはいかがでしょうか?

※ASV割引の適用には一定の条件があります。

ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。
ご不明な点等については、取扱代理店までお問い合わせください。
●お問い合わせ先・取扱代理店: 藤田自動車 TEL0256-32-2861 
●引受保険会社 : 東京海上日動火災保険株式会社

2018年5月作成 18-T00965