以下の場合は保険金の支払対象となるか考えてみましょう。

【第1問】
記名被保険者Aさんはご契約のお車を車庫入れしようとしたところ、誤って同居する義父の所有する車に衝突し、破損させてしまいました。
義父の車の修理費は、Aさんの対物賠償責任保険でお支払いはできますか?

【解説】
約款上でいう「父母」とは、実父母(養父母を含む)のことであり、義父母は含まれません。
今回のケースは、ご契約のお車を運転中の者・その父母・配偶者・子、被保険者の父母・配偶者・子には該当しないため有責となり、保険金のお支払が可能です。
【第2問】
記名被保険者Aさんがご契約のお車を運転中、自分の勤務する会社の駐車場内で、駐車中の社有車に誤って衝突し破損させてしまいました。
(ご契約のお車は通勤にのみ使用し業務使用中ではありません)
Aさんの対物賠償責任保険で保険金のお支払は可能ですか?

【解説】
業務中の事故でない場合において、社有車はA氏の所有・使用・管理する財物のいずれにも該当しないため、有責として保険金のお支払が可能です。

※ 保険内容の見直し・ご相談も受け賜っておりますのでお気軽にお声掛けください。 

watanabe.jpg