暑い夏が終わった!と思ったら、北海道で大きな地震がありました。
異常気象という言葉がぴったりな天候が続いています。
今回はどこで遭遇するかわからない、地震時の車両保険について書かせていただきます。

大きな地震が起き、その影響で倒壊した建物の下敷きになる、津波で車体が浸水してしまう、土砂崩れなどの被害も十分想定されると思います。
このような場合「車両保険に入っているから大丈夫」と思われる方もいるかもしれません。
しかし残念ながら、地震で壊れた車の修理費用を車両保険では補償してくれません。

しかし・・・車両損害を補償してくれる「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」があるので、自動車保険にセットすることで、損害のあった車両の一部をカバーできます。

車両保険は車両金額を上限に保険金が支払われますが、この特約は以下のいずれかに該当する事由によってご契約のお車が全損※となった場合に、1回の事故について50万円が一時金として支払われます。ただし、車両保険金額が50万円に満たないは車両保険金額をお支払いします。

  1. 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  2. 上記[1]によって発生した事故の拡大、発生原因がなにであるかに関わらず、ご契約のお車に生じた損害の直接の原因となった事故の[1]による拡大、または[1]に伴う秩序の混乱

この特約だけでは次の自動車の購入をまかなうことは難しいですが、災害時に必要な生活用品の購入にも当てられますし、年間保険料も数千円プラスで入れるので、災害時に備える保険を検討してみてはいかがでしょうか?

適用できる割引や特約等には一定の条件がある場合があります。なお、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。
ご不明な点等については、取扱代理店までお問い合わせください。

◆お問い合わせ先◆
●取扱代理店  : 藤田自動車 TEL0256-32-2861
●引受保険会社 : 東京海上日動火災保険株式会社

2018年11月作成 18-T06818