事故時、相手の車の修理に使うのが、対物賠償責任保険ですが、修理費が時価額を越えてしまうケースがあります。
それを補ってくれるのが「対物超過修理費用補償特約」です。

例をあげますと、信号待ちで止まっている車に追突してしまった場合、信号待ちをしていた車・・すなわち追突された側には一切過失がありませんので、修理費は全て追突した側の負担となります。

追突してしまった自動車を修理するために、対物賠償責任保険を利用しますが、補償されるのは時価額が限度となります。
そうすると年式の古いお車などは対物賠償責任保険だけでは十分補償できないケースが出てきてしまいトラブルが発生する可能性があります。

そんな時に、時価額を超えた修理費分をカバーできるのが「対物超過修理費用補償特約」です。
上限は50万円です。

東京海上日動火災保険㈱では、対物賠償責任保険に「対物超過修理費用補償特約」が自動セットされますので安心です。
ぜひご検討ください。


特約の適用には一定の条件があります。
ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合は、取扱代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

◆お問い合わせ先
(取扱代理店) 株式会社 藤田自動車
〒955-0041 新潟県三条市三竹2-14-17
tel:0256-32-2861

(引受保険会社)
東京海上日動火災保険(株)(担当支社:新潟支店長岡支社)
tel:0258-35-7535