車を廃車・譲渡する場合、是非知っておいてほしい事があります!
それは「中断制度(中断特則)」※1です。

  1. 【中断後の新たなご契約に適用するノンフリート等級】が7等級以上となる場合に限ります。
  2. また、解約・失効したご契約およびご契約のお車が構内専用車の場合は対象外となります。
  3. 中断前のご契約の解約日または満期日が2011年12月31日以前の場合は、取扱いが異なることがあります。

一時的に車を所有しなくなった等の事情で、自動車保険を中断(解約)せざるを得ない場合、一定の条件を満たせば中断前の契約を中断し「中断証明書」を発行いたします。
この「中断証明書」の有効期限は10年間(解約日または満期日の翌日から起算して10年以内)です。

こんなケースを考えてみてください。高齢になったので車を廃車、自動車保険も解約するといった場合、無事故で等級も最高の20等級なのにそのまま解約はもったいない。
みすみす等級を捨ててしまう事になります。

しかし、この契約を中断の手続きをしておけば、同居の親族の方がいざ新車購入した場合でも、「中断証明書適用(ご契約再開)」手続きで等級をそのまま引き継ぐことができます。

  1. 中断前のご契約に事故がある場合は、その事故件数に応じたノンフリート等級を適用します。
  2. 中断後の新たなご契約に中断前のご契約と同一の等級が適用される場合でも、中断前のご契約と異なる割増引率が適用されることがあります。

2台所有していた方が1台を廃車した場合でも、この中断の手続きをする事をお奨めします。
もし、既に自動車保険を解約していた場合でも、保険会社によって規定の違いありますが、中断条件に合致していれば、手続きができる可能性があります。
確認してみては如何でしょうか?

※このチラシのご案内は、トータルアシスト自動車保険、トータルアシスト、トータルアシスト・ミニ、TAPのご契約を対象としています。
※トータルアシスト自動車保険、トータルアシスト及びトータルアシスト・ミニは「総合自動車保険」、TAPは「一般自動車保険」のペットネームです。
※この記事は「中断特則」の概要を記載したものです。ノンフリート等級別割引・割増制度の詳細は「ご契約のしおり」をご参照ください。
 また、中断証明書の発行および適用条件は変更となる場合がありますので、詳しくは、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

お問い合わせ先
(取扱代理店)
〒955-0807新潟県三条市片口2番地2アメニティカーショップフジタ(藤田自動車)
tel:0256-36-5488

(引受保険会社)
東京海上日動火災保険㈱(担当支社:新潟支店三条支社)
tel:0256-33-2881

平成29年2月作成(16-T23875)

(担当:五十嵐康文)
hazu.jpg