« 2017年02月 | メイン | 2017年04月 »

2017年03月号 タイトル

2017年03月27日

自動車保険の疑問にお答えします! (担当:五十嵐康文)

車を廃車・譲渡する場合、是非知っておいてほしい事があります!
それは「中断制度(中断特則)」※1です。

-----------------------------------------------------------------
※1【中断後の新たなご契約に適用するノンフリート等級】が7等級以上となる場合に限ります。
※2また、解約・失効したご契約およびご契約のお車が構内専用車の場合は対象外となります。
※2中断前のご契約の解約日または満期日が2011年12月31日以前の場合は、取扱いが異なることがあります。
-----------------------------------------------------------------

一時的に車を所有しなくなった等の事情で、自動車保険を中断(解約)せざるを得ない場合、一定の条件を満たせば中断前の契約を中断し「中断証明書」を発行いたします。
この「中断証明書」の有効期限は10年間(解約日または満期日の翌日から起算して10年以内)です。

こんなケースを考えてみてください。高齢になったので車を廃車、自動車保険も解約するといった場合、無事故で等級も最高の20等級なのにそのまま解約はもったいない。
みすみす等級を捨ててしまう事になります。

しかし、この契約を中断の手続きをしておけば、同居の親族の方がいざ新車購入した場合でも、「中断証明書適用(ご契約再開)」手続きで等級をそのまま引き継ぐことができます。

-----------------------------------------------------------------
※1中断前のご契約に事故がある場合は、その事故件数に応じたノンフリート等級を適用します。
※2中断後の新たなご契約に中断前のご契約と同一の等級が適用される場合でも、中断前のご契約と異なる割増引率が適用されることがあります。
-----------------------------------------------------------------

2台所有していた方が1台を廃車した場合でも、この中断の手続きをする事をお奨めします。
もし、既に自動車保険を解約していた場合でも、保険会社によって規定の違いありますが、中断条件に合致していれば、手続きができる可能性があります。
確認してみては如何でしょうか?

-----------------------------------------------------------------

※このチラシのご案内は、トータルアシスト自動車保険、トータルアシスト、トータルアシスト・ミニ、TAPのご契約を対象としています。
※トータルアシスト自動車保険、トータルアシスト及びトータルアシスト・ミニは「総合自動車保険」、TAPは「一般自動車保険」のペットネームです。
※このチラシは「中断特則」の概要を記載したものです。ノンフリート等級別割引・割増制度の詳細は「ご契約のしおり」をご参照ください。
 また、中断証明書の発行および適用条件は変更となる場合がありますので、詳しくは、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

=====================================

お問い合わせ先
(取扱代理店)
〒955-0807新潟県三条市片口2番地2アメニティカーショップフジタ(藤田自動車)
tel0256-36-5488

(引受保険会社)
東京海上日動火災保険㈱(担当支社:新潟支店三条支社)
tel0256-33-2881

平成29年2月作成(16-T23875)


hazu.jpg

投稿者 fujita : 09:54

2017年03月26日

牛腸悦久の巻

皆さまこんにちは!
アメニティの牛腸悦久です。

藤田自動車に入社してもうすぐ2年になります。
入社当時はわからないことばかりでしたが、先輩方に教わりながら少しづつですがいろいろ作業をできるようになりました。
今年の1月からは本社からアメニティに異動となり、本社とは勝ってが違うので、まだ慣れないところもありますが、お客様の力になれるように努力していきたいと思います。

gochou.jpg

投稿者 fujita : 09:53

2017年03月25日

プレミアムフライデーの巻(担当:岡田靖代)

皆さんこんにちは!
本社の岡田です。

201704-05.gif2月24日から始まりましたね、「プレミアムフライデー」
国と経済界が提唱する、新たな個人消費喚起キャンペーン。
月末金曜日、月一回、年間12回、何年間?
んー、どれだけの経済効果が期待されているのか?よくわかりませんが、利用される側のサービス業の方々は、売上UPで益々休む暇なしになりそうだし、利用する側も時間はあれど先立つ¥モノは無しなんて事になりそう・・・。
3月は31日だそうですが、年度末。
プレミアムフライデー関係のない皆さん、お互い頑張りましょう。

https://premium-friday.go.jp/


sakata.jpg

投稿者 fujita : 09:50

2017年03月24日

6代目『ワゴンR』の巻(担当:羽豆純子)

こんにちは、アメニティの羽豆純子です。

2月1日6代目「ワゴンR」発売!

201704-03.jpg

★軽ワゴンNO1の燃費!
室内装備も充実!マイルドハイブリッドを搭載することで、軽ワゴンNO1の燃費、33.4km/Lの低燃費を実現しました。
運転席と助手席はシートヒーター付、フロントガラスとフロントドアガラスにはUVカット機能あり。
助手席の下には収納ボックスがあるので車内はいつも整理整頓でき、広々快適に過ごせます。

★まさか!の瞬間を守ってくれます。
わき見運転などで、車線をはみ出したり蛇行運転をすると、ブザーで注意を促します。
フロントガラスに設置されたレーザーレーダーと単眼カメラで前方の歩行者と車を検知して、衝突回避をサポート!
また、前後左右に付いている4個のカメラで、運転席から見えにくい場所もモニターで確認できるので、駐車もスムーズです。

★ハイビームアシスト機能
夜間、対向車や先行車がいる場合、ヘッドランプをロービームに、いなくなると自動でハイビームに切替えます。(スズキ車、軽自動車初)

201704-04.gif


hazu.jpg

投稿者 fujita : 09:45

2017年03月23日

広島県『宮島』 (担当:藤田英昭)

昨年暮れに広島を訪れたが、再度伺う機会があった。

今回は前回の研修会で参加していた社員さんの会社を実際に訪問させて頂き、研修の成果を取材するというものだった。
場所は安佐南区という少し郊外に位置する整備工場。
1994年にアジア競技大会で一気にインフラ整備が進み、安佐南区も宅地化が急速に行われて、あたり一面の山々の斜面にところ狭しと住宅が立ち並んでいた。
さらに山の谷間にはアストラムラインといったモノレールまで、高い高架の上を走っていた。

翌日は時間があったので、かねてから行きたかった宮島に向かった。
船に乗っている間、じっくりと案内地図を見ておおよその行程を考えた。
土曜ではあったが、朝早かったのでまだ観光客が少なく、お土産屋さんの並ぶ参道もそれほど混んではなく、あの海に浮かぶ赤い鳥居まで出た。

更に左に目をやると、厳島神社が海水に立っていた。
まだこの時間は満潮のようだ。
ちょうど結婚式を境内の中で見ることができた。
ロープウェーで山の頂上を目指そうと山手を登ると、案内板があった。
「ロープウェー試行点検のため1月31日から2月28日まで運転を中止」

今日は2月25日、この革靴では登るのは厳しく時間もない。
また来なければならない理由ができた・・・。

201704-02.jpg


fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 09:39

2017年03月22日

『ウェットグリップ性能』について (担当:金子克久)

皆さんこんにちは!金子です。

皆さんは夏タイヤを購入するとき「ウェットグリップ性能」を気にした事はありますか?
ウェットグリップ性能とは分かりやすく言うと路面が濡れた状態でのタイヤのグリップ力(制動時のグリップ力など)の事です。
日本はとても雨の多い国で年間平均降水量は世界平均の約2倍にもなります。

雨の日になると晴天時に比べ、タイヤの摩擦力が20%前後低下します。
その為、雨の日に急ブレーキ等をふむと車が停止するまでの距離が伸びます。
その結果、雨の日の事故は晴天時よりも約5倍も高くなっていると言われています。
毎日車を使用されている方はもちろん、たまにしか使用しない方でもその時、雨が降っているかもしれません。

なので、夏タイヤを購入する時はウェットグリップ性能を気にしてみてください。
もちろんスタッフに聞いていただければ説明させていただきます。

201704-01.gif


kaneko.jpg

投稿者 fujita : 09:36

2017年03月21日

「バッテリーについて」 (担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!

朝、会社に行こうと思いエンジンをかけたら掛からない。
皆さまも経験した方いらっしゃるかと思います。

その原因の大半はバッテリーによるものです。
車を動かすには、ガソリンが必要ですが、もう一つ、電気が必要です。
その電気をためておく場所がバッテリーです。
バッテリーの中の電気が少ないとエンジンがかからなくなります。
これがバッテリーあがりの状態を指します。
車は動いている時に必要な電気を作ってバッテリーにためます。
なので、普段あまり乗らない車(チョイ乗りや週末だけ使う等)はバッテリーあがりを起こしやすくなります。
しかもバッテリーの電気は少しつづ減ってます。
使っても少しの時間だけだと電気がたまらないのです。
エンジンをかけないまま音楽やDVDを見たりするのも、バッテリーあがりの原因です。
バッテリーにたまった電気を使って聴いたり見たりするので、エンジンをかけないと電気がたまらずバッテリーあがりになります。
アイドリングの状態ならイイのか?といえばそうでもなく、アイドリング状態だと走行時よりも電気を作る量がかなり少なくなります。
音楽を聴くぐらいならイイのですが、ライトを点けたりエアコンを使用すると作るより出す方が多くなるので、バッテリーあがりの原因になります。
特に渋滞時のノロノロ運転はこのケースにあたりますので、注意が必要です。
もちろん古いバッテリーを使われている方も要注意です。

バッテリーの寿命は平均3年ぐらいと言われてます。
現在はハイブリットやアイドリングストップ車が多くなってきたので、その車種にあったバッテリーの診断はいつでも出来ますので、詳しくはスタッフまでお声かけください!

fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 09:33