« 2017年01月 | メイン | 2017年03月 »

2017年02月号 タイトル

2017年02月27日

齋藤俊也の巻

皆さま、こんにちは!
藤田自動車の整備を担当させてもらっている齋藤俊也です。

お気づきの方もいると思うのですが、入社当時は齋藤ではなく苗字は岡村でした。
そんな私は車が好きで4年前に入社させてもらいました。
初めの頃はわからない事だらけでしたが、先輩方にたくさんのことを学ばせてもらい、今ではそれが自信になっています。
ですが、まだまだわからない事も多いので、これからも勉強し、目標である高橋先輩・金子先輩のような、なんでも応えられる整備士になれるよう頑張りたいです!

gochou.jpg

投稿者 fujita : 19:57

2017年02月26日

自動車保険の疑問にお答えします!(担当:五十嵐康文)

新潟県の自動車保険加入率はどのくらいかご存知ですか?

約68.3%だそうです。
その内、車両保険を付帯しているのは約34.4%、だいたい半分の加入率という事になります。(出典:日本損害保険協会・2012年3月時点)
車両保険を付帯していない理由として、「保険料が高い」「今の車は古いから車両保険の価値がない」という声が多いですが、それも一つの考え方になりますが、車両保険を是非オススメする大きな理由があります。
それは「他車運転危険補償特約※1」の場合に起こりうるケ-スです。
※1記名被保険者が個人で、ご契約のお車が主な自家用車の場合に自動付帯される特約です。

ただし、車両保険のみご契約の場合は自動付帯されません。
この特約は、一時的に借りたお車(借りたお車は主な自家用車に限ります)を運転して事故に遭い、法律上の損害賠償責任を負う場合等に、運転者のお車のご契約内容に応じてお支払する特約です。
簡単に言うと、事故が発生した場合、借りたお車の保険を使うのでなく、運転者が加入している自動車保険を優先して適用する事ができます。
もし、友人の車を借りて、事故を起こし、運転者の自動車保険の「他車運転危険補償特約」を適用しなければならないケ-スが起きたとします。
運転者の自動車保険のご契約内容に応じて、法律上の損害賠償責任(対人・対物)は補償できますが、運転者の自動車保険に車両保険が付帯されていなければ、友人の車自体に生じた損害はこの特約で補償できません。
(補償できるのは、運転者の車両保険のご契約内容で保険金をお支払いできる事故に限られ、借りたお車を壊したことによる友人(借りたお車の持ち主)への法律上の損害賠償責任についてのみとなります。当て逃げ等により借りたお車に生じた、運転者に法律上の損害賠償責任が発生しない損害は補償できません。)

ご自身の保険は大丈夫かな?と思った方、もっと詳しく知りたい方はこの機会に是非お声かけ下さい。
親切丁寧に対応いたします。

-----------------------------------------------------------------

※他社運転危険補償特約の適用には一定の条件があります。
ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合は、取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。

お問い合わせ先
(取扱代理店)
〒955-0807 新潟県三条市片口2番地2アメニティカーショップフジタ(藤田自動車)
tel0256-36-5488

(引受保険会社)
東京海上日動火災保険㈱(担当支社:新潟支店三条支社)
tel0256-33-2881

平成29年2月作成(16-T23100)

hazu.jpg

投稿者 fujita : 19:01

2017年02月25日

『間違い探し』の巻 (担当:渡辺里江子)

皆さんこんにちは!
本社の渡辺です。もうすぐひな祭りですね!

今月はちょっと遊び心を交えて間違い探しを載せてみます。
間違いは3ヶ所!○を付けてお店に持って来て頂いた方には粗品プレゼントいたします♪

201703-06.jpg

watanabe.jpg

投稿者 fujita : 18:58

2017年02月24日

四代目『スイフト』の巻(担当:羽豆純子)

こんにちは、アメニティの羽豆純子です。
1月4日スズキ四代目「スイフト」発売!
2000年の初代デビューから17年が経ち、コンパクトでスポーティなボディに加えて、安定感と高い走行性を誇り、今や看板車に成長したスイフト!

201703-04.jpg


★全長3,840mm、全幅1,695mm、全高1,500~1,525mm
前モデルより全幅が10mm短くなっただけでほぼサイズは据え置き、荷室は75mm奥行きが増え、小さなスーツケースが2個収納可能。
リヤシートを倒せばゴルフバックも積むことが可能です。

★安心がいっぱい
①トンネル内、夜間走行中に自動で点灯/消灯する「オートライトシステム」付きのLEDヘッドランプが標準装備。
②55km/h以上で走行中に急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動で高速点灯して、後続車に急ブレーキを知らせます。
③「デュアルセンサーブレーキサポート」搭載!
 フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで、前方を検知するシステムを採用。
 自動ブレーキは歩行者にも対応しているので、ブザーで危険を知らせてくれます。


201703-05.jpg


hazu.jpg

投稿者 fujita : 18:54

2017年02月23日

沼津中央自動車 (担当:藤田英昭)

ロータスクラブの仕事で、大変お世話になっている静岡県の同業者の会社にお邪魔する機会があった。
今年の3月で現メンバーとは一区切りになるので、打ち上げを兼ね、静岡県の伊豆長岡温泉の高台の眺めのいい旅館に泊めていただいた。

翌朝、レンタカーで沼津市内の先輩の会社へ向かった。
途中「かの川」という河川沿いに走り、この川は昔、大雨になると氾濫を頻繁に起こしていたので、海につながる分水路を作ってそれが今走っている川です。と先輩の説明があり、すぐにその川は海に出た。
さらに、この海が駿河湾だよと説明が続いた。
くねくねした海岸線も抜け、いよいよ大きな海の景色が左側に広がり、同時に真っ直ぐ前方には富士山がはっきり見えてきた。
駿河湾と富士山、こんな組み合わせはもちろん初めてでそれだけで感慨が沸いてきた。

道はそのまま沼津市街地に入り、大きな建物も見えてくる。と同時に、またあの「かの川」の看板が見えてきた、本当は狩野川と書くが、看板はひらがなになっている。
しばらくして「スズキ」の看板の自動車屋さんに着いた・・・。

201703-03.jpg

=====================================

■沼津中央自動車
静岡県沼津市大岡二ツ谷町1553番地の1
TEL:055‐963‐1061
http://www.numazu-chuo.com/

■居酒屋『藤」
静岡県伊豆の国市南條1651-1
TEL:055-949-3933
http://www.izakaya-fuji.info/

■ホテル『天坊』
静岡県伊豆の国市長岡431-1
TEL:055-947-1919
http://www.izu-tenbo.com/


fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 18:49

2017年02月22日

『コーティング』について (担当:細野夕子)

こんにちは!アメニティの細野です。

私、パールホワイトの軽自動車を乗っているのですが、新車からしばらくは、当社のグラスコーティングを施工していました。

我が家は車庫もないので、青空駐車です。汚れ放題です・・・。
ですが、定期的にメンテナンスもしていたので、結構キレイな状態が続いていました。

しかし、だんだんと年数がたつと、お金をかけるのももったいなく感じ始め、コーティングをやめてしまいました。
ですが、やっぱり汚れは気になるので、汚れ落とし洗車でピカピカにしてもらいました!

が、しかし、今までコーティングをしていたときは、青空駐車でも綺麗な状態が続いていたのに、今は、すぐ汚れが付いてしまいました。
やっぱり、グラスコーティングしてると違うんだなぁと実感しました。

また、やろーっと。佐藤由紀男洗車隊長にお願いしないと!

201703-02.jpg


hosono.jpg

投稿者 fujita : 18:39

2017年02月21日

「企業説明会」 (担当:高橋利典)

今回は去年行ってきた企業説明会について書きたいと思います。

そもそも企業説明会とは、さまざまな企業が就活生に向けて会社の理念や事業内容などをPRし、その会社に興味を持ってもらう事を目的とした説明会です。
私も学生の頃にかなり緊張しながら受けた記憶があります。

フジタ自動車に入社して14年ほど経ちましたが、まさか自分が企業を説明する側になるとは思ってもみませんでした。

201703-01.jpg当日は会場の準備などをして開始の時間まで待っていました。
私は初めての説明会なので上手く説明できるのか、かなり緊張していましたが、説明会が始まり、私以外に緊張している学生たちを見ていると緊張がとれていきました。
はじめは有名なディーラーなどに学生が集中していましたが、後半にはチラホラと学生たちが来てくれました。
私も慣れないながらも説明をすることが出来ました。
普段、人前に立って説明する機会など、そんなにないですし、私は苦手でもあるので、今回の企業説明は自分にとってもかなりいい経験になった説明会でした。

また今年も行く機会があるので去年よりも分かりやすく説明できるように頑張りたいと思います。


toshinori.jpg

投稿者 fujita : 18:32