« 2016年09月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月号 タイトル

2016年10月27日

自動車保険の疑問にお答えします!(担当:細野夕子)

こんにちは、細野夕子です。

今回の疑問は・・・

Q.自動車保険の人身傷害保険、「3000万円」に 入っていれば、万が一のときも安心だよね?

A.そんな事はありません!
実は「3000万円」という補償金額は十分とは言えないのです!
人身傷害保険は、ケガによる治療費・休業損害、死亡による逸失利益・精神的損害等、様々な費用について実際の損害額を補償します。
たとえば、事故が原因で身体に後遺障害が残り、日常的に要介護状態となったケースで、実際の損害額が「1億円」を超えるなんていう場合も事例としてあるようです。
日頃、安全運転を心掛けていても、何が起こるか分かりません。
万が一の時、補償が足りないなんて事が無いよう、安心していただくためにも人身傷害保険「無制限」をおすすめします!

※人身傷害の保険金額については、補償を受けられる方の年齢や収入、ご家族の構成等をお考えのうえ、適正な保険金額を設定してください。

※このチラシは、自動車保険の「ご自身の補償」の概要を説明したものです。
詳しくは『商品パンフレット』をご覧ください。ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合は、取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。

-----------------------------------------------------------------

お問い合わせ先
(取扱代理店):
〒955-0807新潟県三条市片口2番地2
アメニティ・カーショップ・フジタ(藤田自動車)
tel:0256-36-5488

(引受保険会社):
東京海上日動火災保険㈱(担当支社:新潟支店三条支社)
tel:0256-33-2881

平成28年10月作成(16-T17940)

hosono.jpg

投稿者 fujita : 16:46

2016年10月26日

藤田英昭の巻

皆様、いつもお世話になっております、代表の藤田英昭です。
昭和40年4月生まれ、ヘビ年のO型です。
高校時代は野球部に所属して、一応高校球児でした。

201611-06.jpg卒業後、関東の大学に進み、工学部で磁石の研究をしていました。
大学卒業後も都内にそのまま住んで、ナカリンオートという100名くらいの自動車会社へ就職いたしました。
そのナカリンオートという会社の本社は当時東京都中央区にあり、東京駅から伸びる八重洲通りに面していました。
整備工場は中央区、港区と埼玉県春日部市にあり、三菱のショールーム、中古車センターとわが業界では大きな会社でした。
入社した時が昭和63年、その後平成の時代になり、輸入車のメルセデスベンツの販売を始めました。
すぐにそのベンツ部門に配属され、メカニックや部品部門を経て営業までさせて頂きました。 

地元の三条に戻ってきたのは平成3年5月で今の㈱藤田自動車に入社して、平成16年の水害の翌年、17年1月に代表取締役となりました。
今後とも宜しくお願いします。

投稿者 fujita : 16:42

2016年10月25日

『姫路城』の巻(担当:谷江知子)

皆さんこんにちは!本社の谷江知子です。

私は7月7日に『白鷺城』の愛称で親しまれている姫路城に行ってきました!
千姫ゆかりの西の丸の百間廊下から見える『男山天満宮』をケータイの待ち受けにすると、姫力アップするパワースポットがあり、早速撮ってきました!
201611-05.jpg『大天守』は6階建で最上階には刑部(長壁)神社が祀られています。

お城の中はいろいろ見るところもあり、1日中いても飽きないと思いました。
でもガイドさんの案内がなかったので、姫路城の楽しみ方が分からずもったいないことをしたなーと思いました。


sakata.jpg

投稿者 fujita : 16:39

2016年10月24日

新型『フリード』の巻(担当:羽豆純子)

こんにちは、アメニティの羽豆純子です。
9月16日新型フリード&フリードスパイクのモデルチェンジ版、2列シートのフリード+が発売!

201611-03.jpg

★3列シートとは思えないコンパクトサイズ!
全長4265mm、全高1710mm、全幅1695mmと、3列シートとは思えないコンパクトサイズなうえ、最小回転半径5.2mなので、普段使いには最高にちょうどいいサイズです。
フリードは6人乗りと7人乗りから選べ、フリード+は5人乗りになります。

★安全運転支援システム『ホンダセンシング』
ミリ波レーダーと単眼カメラで事故回避を行うもので、人や車を感知すると、ブザーやディスプレイ表示で知らせてくれます。
メーター照明は、6色から自由に変更でき、エアコンの温度を下げるとブルーに、上げるとレッドに変化する面白い機能もあります。

★気になる「燃費」は・・・?
ガソリン車は19KM/Lハイブリッド車は27.2KM/Lとミニバントップレベルです!

201611-04.jpg


hazu.jpg

投稿者 fujita : 10:49

2016年10月23日

名古屋への巻(担当:藤田英昭)

先日、長野県松本市でロータスの甲信越大会があった。
翌日、大阪に用事があったので、今回は仲間の方がクルマを出してくれた。
朝の8時半くらいに三条を出発してお昼前には松本に着いた。
会場のホテルブエナビスタは、すぐ松本駅近くにあるので、まずは同乗してくれた方と松本の街中で蕎麦屋さんを探してお昼を取った。
会場のホテルに入ると、長野県のメンバーが丁重に迎えていただいた。
講演会では埼玉県の産業廃棄の会社社長のお話を聞くことができ、久しぶりに感銘を受けた。

201611-02.jpg翌朝、8時36分発、名古屋行きの特急「しなの」に乗った。
名古屋までは2時間ほどかかるが、初めて乗る電車で初めて通る場所なので、新鮮な気分だった。
台風の影響で小雨が降ったり、やんだりで、車窓からの景色の山、川などがむしろハッキリと映る。
昔に作られた路線だからトンネルもあまり無く、初めての景色を楽しめた。駅も塩尻、木曽福島、中津川、多治見とニュースで聞いたことがある地名であるが、初めて通ることとなった。

路線はやがて渓谷から平野を走るようになり、雨脚が次第に強くなり、名古屋に着いた時は土砂降りになっていた・・・。

=====================================

■松本手打ち蕎麦こばやし
http://www.kobayashi-soba.co.jp/

■ホテルブエナビスタ
http://www.buena-vista.co.jp/

■石坂産業
http://www.ishizaka-group.co.jp/


fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 10:44

2016年10月22日

車検のときの注意点!の巻(担当:高橋利典)

こんにちは!本社の高橋利典です。
今回は、車検の際に車の改造などによって不合格になりやすい注意点をいくつかご説明いたします。

注意点① 『窓ガラスの着色フィルム』
フロントガラスに着色フィルムなどを貼って透過率80%以下になる改造はNGです。
運転席や助手席のサイドガラスに貼るのも同様、カーテンなどもダメ。
フロントガラスに大量のぬいぐるみやダッシュボードに大きなモニターを置くのも不合格になります。
ドライブレコーダーも取り付ける場所によっては不合格になることもあるので注意が必要です。

注意点② 『ヘッドライト』
よく、ヘッドライトを自分でハロゲンバルブからHIDに付け替えている方がいますが、モノによってはライトの光の色が青みがかったり光度が上がらなくなるので不合格になるケースもあります。
車検対応した純正に近い物を選ぶのがオススメです。

注意点③ 『タイヤ』
大口径のホイールを車に履かせ、車体からタイヤがはみ出すと不合格になります。
ホイールは適合が取れている物を購入しましょう。

注意点④ 『スポーツカー』
スポーツカーの改造によくある、車高を低くしたりマフラーを替える場合、車高やマフラーの性能・音にも保安基準があるので、車検不合格になるケースが多く見受けられます。
そのような改造をする場合はお近くの整備工場などで相談することをオススメします。

その他にも車検には多くの保安基準があります。もし車検に通るか心配だったり気になった方は、お気軽に当店にご相談ください!


toshinori.jpg

投稿者 fujita : 10:39

2016年10月21日

「空飛ぶタイヤ」の巻(担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!藤田義彦です。
今回は池井戸潤氏著の「空飛ぶタイヤ」を読んだ感想です。

タイトルだけ見るとファンタジー物と勘違いしますが、実際の内容は我々の業界では絶対にあってはならない、ある事件がテーマになっています。

とある町の運送会社のトラックのタイヤが走行中に外れ、散歩をしていた親子に当たり、死亡事故が起きる。
運送会社の社長である主人公は、整備不良を疑われ、大企業(自動車メーカー)が事故車を回収して警察に事故調査を依頼すると、警察は整備不良と断定。
しかし、運輸局が調査し、点検記録簿等で確認すると、しっかりと点検してあることが判明。そこで主人公は、自ら調査に乗り出し、部品の返却等を求めますが、大企業はそれに応じません。
そして、コスト削減で品質の低下を知りながら製造・販売を続けた結果、同様の事故が何件も発生。その全ては整備不良で片付けられてしまう。
主人公はこの事故を全て調査し、品質不良の疑いを見つけるも、それを証明する手立てがない。
その頃、大企業内部では、主人公と同じくその事実を突き止めた社員による内部告発があり、リコール隠しの実態が明らかになり、主人公の疑いはようやく晴れることに・・・。

201611-01.jpgこの話は実際に起きた事故を元に書かれています。
大企業のいつまでも変わらぬ企業体質、それに立ち向かう中小企業の社長、内部告発により自分の会社や立場が危うくなるのを恐れずに正義を貫いた社員。
見て見ぬふりをしない事や悪い事を悪いと言えるそういう体制作りが大事なのではないでしょうか?
キチンと整備したつもりでも品質の問題で事故が起きたら元も子もありません。各メーカーには、よりよい製品を製造し、販売してもらい、我々も整備不良でお客様に不安を与えないように日々努力をしていきます!


fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 10:34