« 2016年06月 | メイン | 2016年08月 »

2016年07月号 タイトル

2016年07月27日

『ヒメサユリの小径 』の巻(担当:谷江知子)

皆さんこんにちは!
ニュースレターは初めましての本社(三竹)の谷江知子です。

私は平成3年に入社し今年で26年目に入りました。
主に自動車保険の満期管理や保険料の試算などをしております。

入社当時は普通体型でしたが25年の歳月を経て貫禄(肉)が付いてしまいました・・・。
そこで、友達4人と、今年の5月に下田のヒメサユリの小径(こみち)に行ってきました。

高城址までは約1時間位のハイキングコースとの事だったので、ダイエットのウォーキング気分で行ったのですが、スタートからずっと上り坂で、運動不足でぽっちゃり体型の私は早くも心が折れそうでした。
でも途中、見晴らしがいい所にベンチがあり、そこから下田が見渡せ、山風が心地よく最高でした。

201608-03.jpgまた道中にヒメユリはもちろん、山野草の可憐な花が多く咲いていてその花の説明書きもそばにあり、花や風景を眺めたり写真を撮ったりおやつしたりしながらなんとか目標の高城址まで登り切りました。

高城址では登山(?)客がお弁当を食べたりしており、私たちもコーヒーやお菓子やバナナなどを食べながらペチャクチャ話したりして楽しい時間をすごせました。

追伸、食いしん坊の私たちは、帰りに駐車場の直売所で売っている下田のおいしいお米で作ったごま塩おにぎりの誘惑に勝てず、おにぎりと試食用のミズナの漬物を食べちゃいました。
結局、食べてばかりいたような…。


sakata.jpg

投稿者 fujita : 14:31

2016年07月26日

自動車保険の疑問にお答えします!(担当:細野夕子)

こんにちは、細野夕子です。

今回の疑問は・・・

Q.そちらで車を買ったから、一緒に自動車保険もお願いしたいのですが、今入っている自動車保険が満期にならないと、お願いできないのでしょうか?途中で保険会社を変えても、損をしない方法ありますか?

A.安心してください!「保険期間通算特則」と言う仕組みがあります!
通常、途中解約すると等級の進行が遅れて、割引等に影響があるのでお客様に不利となる可能性がありますが、この特則を適用する事で、現在のご契約を保険期間の途中で解約し、新たに違う保険会社でご契約される場合、2つのご契約の保険期間を通算して1年とみなし、その期間中に事故がなければ更新契約に適用する等級は、1等級アップして契約する事ができます。

-----------------------------------------------------------------
ご注意:
現在のご契約を解約するにあたり、不利な解約返還保険料の計算方法を適用される場合や、契約を切り替えるにあたり、補償内容や保険料が変更となる場合等、一部、契約者にとって不都合が生じることがあります。

※このチラシは、トータルアシスト自動車保険(総合自動車保険)、TAP(一般自動車保険)のご契約を対象として、「保険期間通算による等級継承特則(保険期間通算特則)」の概要を説明したものです。
ご契約にあたっては、必ず『重要事項説明書』および『保険期間通算特則に関する重要事項等説明書(兼確認書)』をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店または下記保険会社までお問い合わせください。

お問い合わせ先
(取扱代理店):
〒955-0807 新潟県三条市片口2番地2
アメニティ・カーショップ・フジタ(藤田自動車)
tel:0256-36-5488

(引受保険会社):
東京海上日動火災保険㈱(担当支社:新潟支店三条支社)
tel:0256-33-2881

平成28年6月作成(16-T14783)


hosono.jpg

投稿者 fujita : 14:25

2016年07月25日

大倉嵐奈の巻(担当:大倉嵐奈)

初めまして!

4月から新入社員として入社した大倉嵐奈です。
昔から車が好きで整備士になることを決めており、藤田自動車に入りました。

趣味はもちろん車で、たまにサーキットを走行したりしています。
自動車整備士になったからには、一つ一つの作業を覚え、ゆくゆくは自動車検査員を取得するのを目標にして頑張りたいと思います。


sakata.jpg

投稿者 fujita : 14:22

2016年07月24日

ハイゼットキャディの巻(担当:羽豆純子)

こんにちは、アメニティの羽豆純子です。

6月13日『ハイゼット キャディ』発売!

★新型ウエイクをベースにしたバンモデル・・・ 
後部座席は取り払われて、2人乗りで、最大積載 量150kgの商用車として発売されました。

★『スマートアシスト』が採用! 
前方に歩行者を認識し、衝突の危険があると判断した場合やウイン カーを出さずに走行車線からはみ出すと、メーター内の警告灯で危 険を知らせてくれます。

★荷物の積み下ろしも楽ラク! 
荷室高1,235mm、荷室幅最大1,210mmで、大きな荷物も ラクな姿勢で積み下ろせます! 
助手席後ろの床面を外せば「アン ダートランク」があり、深さを活かして背の高い荷物を積めます。

201608-02.jpg★優れた低燃費! 
25km/Lを実現。エコカー減税も適 用され、家計にも優しい!

★全5色
価格(税込):2WD・・・1,188,000円~ 
        4WD・・・1,312,200円~


hazu.jpg

投稿者 fujita : 14:18

2016年07月23日

静岡と鰻の巻 (担当:藤田英昭)

ある日、静岡県にある研修所に打合せと見学で行った。
ここは、次世代型の自動車や先進安全自動車を研究しているところでもあった。 

前日に東京の浜松町で泊まったので、JRで品川駅まで行って、そこから東海道新幹線に乗った。
東海道新幹線もたまには乗るが「こだま」や「ひかり」、「のぞみ」といった名前の区別が良くわからない。
とりあえず同行してもらっている事務方の時刻どおりにひかり号に乗った。 

品川の次は新横浜でそこからは多少うとうとして、気がついたら熱海を過ぎていてやがて三島駅に着いた、時間にして品川駅から37分早いものだ。
多分「ひかり」に乗ったからだろう。 

三島駅を降りると、北口が目の前の出口だが、お昼を取ろうと思い在来線の地下通路を通って、南口へと出た。
しかしここも目の前のロータリーの先にはあまりお店がある雰囲気ではなかった。
少し駅前の飲み屋街を散策しながら探した、本当に昼間の飲み屋街横丁はひっそりとしていた。
やがてラーメン屋とうなぎと書いてあった定食屋さんが営業していたので「むさし」という定食屋さんへ入った。
階段を上がって2階にあるが、いかにも地元のお店である、多分夜は居酒屋にもなるのだろう、がらがらと中に入るとこじんまりしているが、ちょうどお昼なのでお客さんも入っていた。 

(次号につづく)

======================================

■むさし 三島市一番町12-19
TEL:055-971-2909 定休日:月曜日


fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 14:14

2016年07月22日

クリーンディーゼル研修の巻(担当:高橋利典)

こんにちは。高橋利典です。
今回は、先日参加したクリーンディーゼル研修について書きます。

皆さん、車のエンジンにはガソリンエンジンの他にディーゼルエンジンがあります。
簡単に分けると、自家用車のような小さな車はガソリンエンジン、トラックなどの大きな車はディーゼルといったイメージだと思います。

ディーゼルエンジンといえば、黒い煙りが出て、排気ガスが臭い、振動が大きいなど、ガソリンエンジンの方が優れていると思っている方が多いと思いますが、実はディーゼルエンジンは、非常に優れているんです。
ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて熱効率が優れています。
201608-01.jpgそもそも熱効率とは、同じ量の燃料を燃焼させた時に得られる仕事量で、高ければ大きな仕事量をえられます。
ディーゼルエンジンはガソリンエンジンの10%ほど高いといわれています。
簡単に言えばそれだけ燃費が良いということです。

最近では、フォルクスワーゲンや三菱自動車など排気ガス問題や燃費改ざん問題などありましたが、様々な自動車メーカーが莫大な費用と時間をかけ研究して、ディーゼルエンジンは昔とは違い格段に進化してきています。
詳しい話しは次回にさせていただきます。


toshinori.jpg

投稿者 fujita : 14:11

2016年07月21日

自動運転の巻 (担当:谷江正信)

最近話題の自動運転!
東京オリンピックに合わせて高速道路での自動運転を実現する!とか言われてますよね!
どうなるのか?すごく楽しみではあります。
いよいよ、ナイトライダーが現実になる時代が来るのでしょうか?

完全自動運転の時代はくるのか?
アニメやSFのような、運転しなくても目的地に着く車が走っている時代は、いずれは来るでしょう。
今はまだ夢物語のようですが、人類は想像できることは実現してきました。
「空を飛ぶ」「月に行く」「音速を超える」などなど、そんなできっこないと言われても、今はもう当たり前になっている事は無数にありますよね。
何年後かはわかりませんが、未来の少年達は、新潟自然科学博物館で「え~昔の人は自分で車運転してたの!?」などと驚いているかもしれませんね。

自動運転の問題点は?
今のところ完全自動運転の実現のハードルはかなり高いです。
第一に自動運転は禁止されているので、まず法律の改正が必要です。
理由は事故を起こした時の責任問題があるからです。
自動運転中に事故を起こした場合、責任は運転手(運転していないから搭乗者になるのか)になるのか?
自動車メーカーになるのか?
誰が責任を取るのかを決めないとダメだからです。

さらに問題があります。
それは、事故が避けられない状態に陥った場合、前方にいる歩行者を守る為に、谷側にハンドルを切って自分が犠牲になるのか?
それとも自分を守る為に歩行者を犠牲にするのか?
この究極の選択を人工知能にプログラムしなければなりません!
人間であればとっさの判断のため反射的にハンドルを切る場合も多いと思います。
それは自分の判断で行っているので諦めもつきますが、プログラムされているとなると話は別です。
現に自動運転に関係する、エンジニア、識者などにアンケートを取ったら9割の人が、「歩行者を守る為に谷側にハンドルを切るプログラムにすべきだ」と答えたそうです。
しかし、その9割の人に「そのプログラムをされた車を購入しますか?」と質問すると、ほとんどの人が「買わない」と答えたそうです。

非常に難しい問題です。
私には解決方法は思いつきませんが、未来の人たちは解決しているのでしょうね!

tanie.jpg

投稿者 fujita : 14:07