« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月号 タイトル

2015年10月31日

富山県での研修旅行の巻(担当:藤田英昭)

先日、はじめて北陸新幹線に乗ることが出来た。
東京で会議の翌日、富山での研修旅行があったのだが、東京駅から新幹線に乗り、富山駅で新潟から来る仲間と合流した。
東京駅のホームは新潟行きの上越新幹線と同じホームを使っているが、やはり気分が違った。金沢行きの新幹線に乗ると車両が新しいことがわかった。
シートもそうだが、足元も広く感じて、何よりコンセントがシートごとに付いている。
やはり今時のニーズを感じる。

東京駅を出発し、しばらくはいつもと同じルートを走るが今回は風景が変わって感じる。
よく考えると、いつもMAXの下の階に座るのが多いので、目線の変化が感覚を変えているようだ。
1時間くらいで高崎に着き、ここからは違う路線を走ることになる。
しばらくして長野駅に着くと、トンネルだらけで、飯山、上越妙高、糸魚川と駅の前後に少し風景を見ることが出来る程度だった。
しかしながら東京から長野、新潟に至るまで景色は台風の影響で雨まじりだったが、富山県に入った途端に晴れやかな空が見えた。
初めての黒部宇奈月温泉駅に止まり、目的の富山駅に着いた。
初めて富山駅に降りたが、在来線の駅と新幹線駅の新旧の建物が並んでいた。
新幹線を降りた方が南口になり新しい雰囲気があったが、駅前のロータリーはまだ工事途中であった。
その工事中の間を縫うように路面電車が新しい駅ビルに交差して入ってくる。
その隣に2階席があって少しの間、そこの椅子に腰掛けて仲間の到着するバスを待っていた。

やがて連絡が入り、もうすぐ到着の知らせを受けて地下道を抜けて反対側の北口に出た。
そこは先ほどの南口とは全く別の駅に来たかのような別世界な感じだった。
同じように路面電車が入るホームがひとつあったが、駅はまるで無人駅なような大きさだった。
その駅舎の背後には新しい新幹線駅があった。
そのかわりに、バスでも悠々泊められるスペースがあった。
バスから降りた一行十数名と出迎えた私とで再度、地下道を歩いて賑やかな南口に出て昼食場所を探した。

201511-07.jpg隣の駅ビルに『白えび亭』というところで名産の「白えび天丼」なるものをいただいた。
前の晩、少しはしゃぎすぎたので少し重かった。
次回はもう少しお腹を空かして来ようと思った。

======================================

■『白えび亭』
住所:富山市明倫町1番220号 JR富山駅1Fきときと市場「とやマルシェ」内
TEL:076-433-0355
営業時間:10:00~21:30(ラストオーダー21:00)
HP:http://www.shiroebiya.co.jp/


fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 09:56

2015年10月30日

社内研修を始めました!の巻(担当:高橋利典)

秋も深まり過ごしやすい季節になりました。
今年から藤田自動車では、社内研修を始め、お客様に喜んで頂ける様に、又、より一層わかりやすく説明できるように勉強しております。

201511-06.jpg研修内容としては、EV.PHV.HV車などの新機構車の研修や、ナビゲーションETC、バッテリー、スノータイヤなどの新商品の商品説明など多数の研修を予定しています。
また、これらの研修には専門の方から来て頂きより深く学べる様にして行きます。

これからも、お客様に喜んでいただけように、日々努力して行きたいと思います。


toshinori.jpg

投稿者 fujita : 09:53

2015年10月29日

東三条『ラーメン鯉次』の巻(担当:小林雅史)

こんにちは!
今回はラーメン『鯉次』をご紹介します。

長岡のショウガじょうゆラーメンと燕の背脂ラーメンが2大看板です。
ショウガじょうゆは3種類の長岡産じょうゆを使用し濃厚な味。
背脂ラーメンは煮干しがほどよく効き、くどくないので背脂が苦手な方でも美味しく食べられると思います。
塩ラーメンもあり、第1回『komachaラーメングランプリ』で鯉次の炙り背脂塩ラーメンが第2位になり、人気商品になったそうです。
店内は座敷とテーブル席の他に、子供が遊べるスペースもあるので家族でも安心ですね!

======================================

■ラーメン『鯉次』
住所:三条市東三条2-4-6
TEL:0256-33-4488
営業時間:月・火・木・金 11:00~15:00 17:00~20:30
       土・日・祝 11:00~20:30
定休日:水曜


kobayashi.jpg

投稿者 fujita : 09:47

2015年10月28日

『USJ』に行ってきました!の巻(担当:金子克久)

今回オススメする所は以前も記事に書きましたが、大阪の『USJ(ユニバーサル・スタジオジャパン)』です。
前回記事を書いたときはまだ訪れる前でしたが、今回は行ってみての感想を書きたいと思います。

新潟空港から大阪の伊丹空港まで約50分で、空港からUSJまでは40分くらいです。
1日目は昼前についたのですが、ほとんどの乗り物が1時間30分~3時間待ちと、夏休みという事もあり混んでいました。
自分たちは「エクスプレスパス」というチケットを持っていた為、チケットに書いてある時間に行けば、ほぼ待ち時間もなく乗れる事ができ、最後のパレードまで堪能できました。
ちなみに上の子供はハリーポッターのアトラクションを2回連続で乗ったら乗り物酔いしました。
ホテルはUSJの目の前のホテルだった為、2日目は朝一でUSJに行ったのですが、オープンの1時間前に行ったはずなのに、すでに大行列でした。
(この日のオープンは9時でした。)

201511-05.jpg2日目は自分のどうしても行きたかったバイオハザードのアトラクションを夫婦で体験!
このアトラクションはゴーグルを付け、銃を持ちゾンビが出てくる暗い部屋の中を歩いて進み、無事に生還して脱出するというもので「生還率限りなくゼロ」と高難度のアトラクションです。
結果はやはりダメでしたが・・・とても楽しめました!

普段行かないような所に行くと、疲れがすごいですが、とてもリフレッシュできるのでみなさんも一度行ってみてください!


kaneko.jpg

投稿者 fujita : 09:43

2015年10月27日

『ワイドトレッドスペーサー』の巻(担当:岡村俊也)

今回紹介する商品は『ワイドトレッドスペーサー』です。

ホイールを買ったり譲ってもらった時など、いざ付けてみたらタイヤサイズとオフセットが車に合わず、ホイールとフェンダーまでに隙間できて見た目が悪い時があります。
その場合、スペーサーで外側にタイヤを出して調整するのですが、普通のスペーサーは5mm以上はハブボルトが折れる恐れがあり危険です。
しかし、それ以上に外側にタイヤを出したい時に使用するのが『ワイドトレッドスペーサー』です。

サイズは10mmから50mmぐらいですが、10mmや15mmだと薄すぎてハブボルトがホイールにあたりホイールが付けられない場合があるので、ホイールにハブボルトの逃げがあるか確認が必要です。
逆に40mmから50mmの厚いワイドトレッドスペーサーだとハブボルトの損傷など危険があるので考えて装着をオススメします。
値段はサイズやメーカーによりますが、安くて3500円、高い物だと2~3万します。
もしホイールをもらったり買った時にサイズが合わなかったら検討してみてはどうでしょうか!


gochou.jpg

投稿者 fujita : 09:39

2015年10月26日

アルビの練習を見学!の巻(担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!
シルバーウィークに聖籠町にあるアルビレッジでアルビの練習を見学してきました!
見学はモチロン、狙いは選手達のサインを貰うこと。

息子とワクワクしながらトップチームが練習する現地に到着。
しかし、時間になっても選手が出てこない!
周りを見ると帰り出す家族もいる。
公式サイトを見ると、午後の練習は中止となりました!とある。
ガックリ肩を落とす・・・。
せっかく遠くから来たのに~と思いつつ、その日はアルビレッジ近くの公園で息子サッカーをして家路につく。
翌日も午前だけ練習がある。
息子は「モチロン行く」。
さすが我が息子、そうこなくっちゃ!
着くとスタッフが練習の準備中で、しばらくすると選手が続々と入ってくる。
ビッグスワンのピッチから遠目でしか見れない選手が目の前で見れる。
息子と二人で興奮を抑えながら見学。
さすがプロ、少しアップをしてからすぐにゲーム形式の練習を始め、そこで各々動き等を確認してる。

201511-04.jpg練習が終わると見学者達が一斉にサインや写真を撮れるゾーンに向かう。
ヤバイ遅れるな~とその場所へ行き、サインを貰う準備。
コレを待ってました~息子はユニフォームを差し出してサインを、書いてもらう。
私も色紙にサインをしてもらう。
殆どの主力選手からサインを貰い、最後は監督から書いて貰った。
息子と今度は写真を一緒に撮ってもらって、ボールにサインを書いてもらおう!と約束して帰ってきました!

でもボールに貰ったら蹴れないな!


fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 09:35

2015年10月25日

自動車保険の内容、定期的にチェックしましょう!の巻 (担当:細野夕子)

自動車保険、定期的にチェックしましょう!
なんとなく、今まで通りで、と、継続されている方が多いと思いますが、実は必要の無い補償がついていたりして、無駄な保険料を払っていたり、逆に必要な補償がついていなくて、万が一の事故のときに補償を受けることができなかったり、など、珍しい話ではありません。

そんな事を避けるためにも、ぜひ一度、自動車保険の診断を行ってみましょう。

保険証券を持ってきていただければ、当社で無料診断させて頂きます。
もちろん他社でご加入の保険でもかまいません。
適切な補償をご提案させていただきます。

hosono.jpg

投稿者 fujita : 09:33

2015年10月24日

『FH-9100DVD』の巻(担当:牛膓和輝)

今回のオススメは『FH-9100DVD』のカーオーディオです。
このオーディオは7V型の液晶モニターがあるオーディオなんです。
LEDバックライトなのでくっきりとしたキレイな映像で、液晶モニターを活用した機能がいくつかあります。
まずDVDをみること、バックカメラも対応してます。液晶モニターを「タッチ」や「スライド」で操作可能です。

マップリンク機能もあります。
マップリンク機能(月額300円)とはスマートフォンとケーブルをつなぐことで液晶モニターがナビ変わりになります。
対応スマートフォンがありますので詳しくはホームページで確認できます。
初回は申し込みから月額使用料が最大31日間は無料。
音楽機能はスマートフォンに保存した楽曲を手軽に聴くことができる『Bluetooth』対応です。
ワイヤレスで音楽再生、ハンズフリー通話ができます。
201511-03.jpg音楽を聴くときに細かく音質調整ができる機能の『13バンドグラフィクイコライザー』。スピーカーから音が到達する時間差を補正する機能の『タイムアライメント』。曲間にエフェクトをかけて自然に繋げる機能の『ノンストップミックスプレイ』一曲の再生時間を短く設定し、短い時間でより多くの曲を聴くことができる機能の『ショートプレイバック』。操作キーとディスプレイのイルミネーションが音量や低音に合わせて連動して変化する機能の『フラッシングカラー』。多く機能があります。
付属品でハンズフリーマイクや専用リモコンもあります。

この新しいスタイルオーディオ、オススメです。


gochou.jpg

投稿者 fujita : 09:29

2015年10月23日

新型『ソリオ』誕生!の巻(担当:羽豆純子)

201511-01.jpg


★街中スイスイ、運転ラクラク!ガソリン消費も小さいです!
最小回転半径が4.8メートルでとっても小回りがきき、ガラスエリアが広く、アイポイントも高いから見晴らしもバツグンです。
さらに、ドライバーの体格や好みに合わせてシートとステアリングの高さを調節できるため、最適なポジションが設定できます。
さらに、マイルドハイブリッドを採用することで、27.8km/Lの低燃費を実現しました。

★室内ひろびろ、乗り降りスムーズ!
室内幅1,420mm、室内長2,515mmとボディーはコンパクトながら室内はひろびろ。両側スライドドアで開口幅が640mmとワイドに開きステップ高を360mmと低めに設定してあるので狭い駐車場での乗り降りもらくらく!
携帯リモコンを身につけていれば、スイッチを押すだけでスライドドアが自動施錠&自動オープン。ボタン一つでドアが開きます。
シートもフルフラットを始め、多彩なシートアレンジが可能なので大きな荷物も積込みOK!

★装備も充実!
「ナノイー」エアコンでタバコの臭いを脱臭し、菌、ウイルスを抑制します。
フロントガラスには、紫外線と赤外線をカットする「プレミアムUV&IRカットガラス」を採用したことで、より快適な室内空間を実現します。
そして、本体カラーは全8色!

201511-02.jpg


hazu.jpg

投稿者 fujita : 09:26

2015年10月22日

『ETC2.0』についての巻 (担当:五十嵐康文)

ETC2.0ってご存じですか?
私はこの前、勉強会があってはじめて知りました。
8月現在で約80万台の車がすでにETC2.0がついてるそうです。
それで普通のETCとなにが違うのかと、勉強してきました。

今までのETCは高速料金の支払いをスムーズに行い高速の乗り降りの際に渋滞が起こらないようにする為のサービスでした。
ETC2.0は、そこに更に双方向通信、経路別料金制度、高速/一般道乗り継ぎ優遇制度、交通情報などの情報をカーナビと連動して高速料金を安く渋滞を起きにくくしようってサービスなんだそうです。
例えば「この先は混んでるから他の道を通ってくれたら料金を安くするよ」とカーナビが道案内してくれるんだそうです。
他にも、「この先の高速道路事故があったから一回降りてくれ」って事態に遭遇したことのある方もいらっしゃると思いますが、その際の高速の再進入で支払いが不要になったりします。
街中の駐車場の支払いもETC2.0でできるようになったりします。
なかなか便利な話ですね。

それじゃあ、そのサービスはいつから始まるの?と思いますよね。
東京オリンピックの頃に首都圏に普及を目指してるそうです。
じゃあ、ここら辺は関係ないんじゃ?と思うかもしれませんがそんな事ないのかなと思います。
私が、いつも東京ディズニーランドを車で目指してると、カーナビが新宿方面を突き進めと言ってきます。
その時トラックが怖いなっていつも思ってました。
でもETC2.0なら外環の方がスムーズに行けるよと言ってくれるのかなと。
だとすれば素晴らしいです。

ってことで、ETC2.0はカーナビと連動したサービスなのでETC2.0対応のカーナビが必要になるんだそうです。
ETC自体もETC2.0対応のETCが必要になります。
今現在お車についてるETCに「DSRC」と書いてあれば、それは使えます。
でも、そのままではすべてのサービスは受けられないのでETCの再セットアップが必要となります。
ETC2.0のセットアップもETC2.0セットアップ店でなければできません。
もし「このカーナビ、ETCは対応してんのかなー」と思ったら、お近くのETC2.0セットアップ店の藤田自動車でお待ちしております!

hazu.jpg

投稿者 fujita : 09:24

2015年10月21日

話題のフォルクスワーゲンの巻(担当:谷江正信)

この記事は9月末に書いていますが、連日VW(フォルクスワーゲン)のディーゼルエンジン排ガス不正問題が報道されています。
非常に残念です。
2015年上半期販売台数トヨタを抜いて、下半期と合わせて販売台数世界一となる予定でしたが、この問題でトヨタを下回る可能性も大きくなってきました。
VWはこの10年で販売台数を倍に伸ばしてきましたが、売上重視の政策が完全に裏目にでましたね・・・。

通常走行時40倍の排ガス!
アメリカの排ガス規制はNOx(窒素酸化物)の規制が厳しく、ヨーロッパや日本はPM(黒い煙の原因)の規制が厳しいです。
この二つを同時に減らす技術は非常に難しいです。
NOxを減らすとPMが増えて、PMを減らすとNOxが増える関係にあります。
同時に減らすにはコストが掛かりので、VWは排ガス試験時にのみNOxを減らす制御をプログラムに組み込み、一般走行時にはなんと規制の40倍もの排ガスを出していました。
困ったもんです!

VWの責任は大きい!
VWに対して制裁金が2兆円とか、ユーザーから賠償金が何千億円とか言われてますが、それは自業自得がだから仕方ありません!
一番の罪は自動車メーカー全体の信頼です。
「VWほどの会社がやってるんだから他メーカーもしてるんじゃないの?」って疑いを掛けられてしまうことです。
先先回の記事でマツダのクリーンディーゼルを書きましたが、「マツダや他のメーカーのディーゼルは大丈夫なの?」とか「やっぱりディーゼルエンジンはダメじゃないの?」などの不安が広がっては他メーカーの努力が台無しです!
ディーゼルエンジンを全面に出しているマツダにとってはいい迷惑でしょう!
マツダは排気管に後処理装置を使わない独自の方法でNOxやPMを浄化させています。
開発にはかなりの苦労があったと思いますが、その技術VWのおかげで疑われては、かわいそうですよね。
しかしVWのお偉いさんに聞きたいです。
こんなの何年もバレないと本気で思っていたんですか?やり手の会長さん!どうなんです?

VWの他の技術は大丈夫!?
VWは2000年代に入ってから、日本市場を重視した戦略を取っていました。
理由は「日本人は商品の箱にキズがあっただけでその商品を買わない。
だから日本市場で売れる品質なら世界中で売れる」と品質重視で車を作っていました。
実際エンジンルームを見るとデンソー、アイシン、など高くても品質が高い日本製の部品を多く使用してます。
燃費も良く、走りも良いダウンサイジングターボエンジンの採用や、軽快にシフトチェンジを行うマニュアルミッションベースのツインクラッチオートマなどはVWを代表する魅力的な技術です。
当店も多くのVW車を整備させてもらっていますが、私的には魅力的で高い技術の車だと思っています。
ガソリン車の排ガス制御も日本車より厳しく故障判定を行いエンジンチェックランプを点灯させます。
今回の不正でVWのすべてが悪い訳では決して無いと私は思います。

やはり、トップの判断は重要ですね!
一生懸命頑張っていた現場の技術者の方々の心中察します。
辞任した会長は自分は知らなかったと言っていますが、知らないはず無いでしょう!
トヨタの社長は「販売台数世界一を守れ!」とは言わずに「良い車を作れ!」と言っていたようです。
トップの姿勢が明暗を分けましたね。

しかし、報道に偏りが・・・
昨年アメリカでは、今回のVW排ガス不正と同じくらい韓国車の燃費詐称が問題になっていましたが、ほとんど報道されませんでした。
数年前韓国車の販売台数が伸びていた時は、日本車劣勢との報道は多くしていましたが・・・。
どうも報道機関は韓国寄りの報道が多いですね。
俗に言う報道しない自由ってヤツですかね!


tanie.jpg

投稿者 fujita : 09:19

2015年10月03日

戦艦『大和』を買いましたの巻(担当:坂田欣平)

8月のある休日、暇をもてあましていたので、久しぶりに「クリヤマ模型店」に行って店内を眺めていると、目に入ってきたのが、戦艦「大和」。
少し迷いましたが購入し、さっそく作ろうと思ったのですが、今の住まいだと毎日箱を開けたり閉めたりしなければいけないと思い、まだ未開封。
思えば、私の家が水害でなくなってから早いもので、もう4年以上になります。
今年の5月の三条祭の日に上棟式(たてまえ)をしたのですが、完成するのは一応11月頃とのこと。
新しい家ができたら、じっくり時間をかけて完成させたいと思っています。
7800円もした品物ですから、組立ミスはできません。


sakata.jpg

投稿者 fujita : 10:43

2015年10月02日

謎のカラカラ音・・・の巻(担当:小林雅史)

以前、走行中に車内からカラカラ音がするというお客様がいました。
とりあえず走って点検すると、たまにしか音がでませんでしたので車内のどの部分から音が出ているのか非常に発見しにくく、何度も走って音が出ている付近を分解して、また走ってそれを何回も繰り返して行ったら、ようやく音の原因を発見することができました。
グローブボックスの奥の方のボルトが緩んでいてそこからカラカラ音が出ていました。
しっかり直してお客様に車を渡したらすごく喜んでくださり、何度も点検して直した甲斐がありました。
私もすごく嬉しかったです。


kobayashi.jpg

投稿者 fujita : 10:40

2015年10月01日

阿賀野町『三川中学校』の巻(担当:藤田英昭)

先日、お客様の車を引き取りに、阿賀町三川にある三川中学校へ行った。
地図をチェックすると国道49号線に近いところにあるので、そのあたりに行けばわかるだろうと思い、そのまま高速は使わずに出発した。
まずは下田方面から加茂の冬鳥越スキー場の前を通って五泉市村松へ出た。
くねくねとした村松市街地を抜けて、日の出町という消防署近くの交差点に出ると、前方には新しい学校があった。
ここは以前、村松東小学校があったが、早出川上流の川内小学校と合併して、愛宕小学校となっていた。
昔の村松東小の校舎もそこそこの鉄筋校舎だと思ったが、少子化や耐震補強の影響はこんなところにも出ていた。
まだ夏休みの時期なので、人の気配の無い校舎を右に見ながら290号線を進み、さくらんど温泉を過ぎて早出川を渡って見晴らしの良いところに出る。台風の影響で朝方は風が吹いていたが、午後になると風はやんでいたので安心して出発したのだが、ここにきて横風が車を揺らした。
しばらくすると異様な光景が前方に見えた。
なんと2、3トンのトラックが左側の田んぼにひっくり返っていた。
きれいに車体が田んぼに横転しており、人の気配も無かった。

201510-10.jpg
益々ハンドルを強く握って走行して、磐越西線の弧線橋を上って猿和田というところに来ると、前のトラックが急にハザードを出して止まった。
先ほどのトラックの横転といい、何か気味が悪かった。
トラックの運転手と警察官が話をして、すぐにそのトラックは左に曲がって行った。
優しそうな感じの警察官の説明では、この先の49号線に出る橋でトラックが横転し、撤去作業で通行止めになっているので、迂回してほしいとの事。
こういう時はナビの存在が本当に助かる。
地図画面で安田インターの場所を探した。
意外と5分くらいの迂回で済みそうだった。

こういう事が起こると、通ったことが無い道を通るので意外と面白い。
猿和田駅周辺の町並みを磐越西線沿いに五泉方面へ戻り、途中で早出川の手前で右折して、田んぼ中の道路を道なりに走り、やがて論瀬という見覚えのある交差点に出た。
ここを右に曲がると安田インターの方向になる。ここまで来るのに初めて見る同業者(自動車整備工場)を2社発見することが出来た。
その後は国道49号線を走り、お互い曲がりくねった阿賀野川と国道49号線が橋で交差しながら、徐々に渓谷を深くしながら走った・・・。

-----------------------------------------------------------------

■『阿賀町立三川中学校・小学校』
住所:東蒲原郡阿賀町白崎2500番地1

■『五泉市立愛宕小学校』
HP:http://atagosyo.muramatsu.ed.jp/

fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 10:34