« 2014年12月 | メイン | 2015年02月 »

2015年01月号 タイトル

2015年01月31日

学ぶことはたくさんありますの巻(担当:牛膓和輝)

最近はハイブリッド車が走っているのを日常でよく見かけます。

いろんなハイブリッドの講習に受けたりして知識を学んできました。
最近では水素で走る『MIRAI』 という車ができました。
社内のメカニックが講習に参加し、それを説明させてもらうことがありました。
私も新たな知識を講習などに参加して学んでいきたいです。

昨年はベンツやJEEPなどいろんな外車の車検や修理することがいつもよりもあって、必要な工具や部品交換の作業工程など、まだまだ車について学ぶことが多くあると思います。


gochou.jpg

投稿者 fujita : 17:30

2015年01月30日

冬はワイパーも『冬用』に!の巻 (担当:高橋利典)

なかなか知られていませんが、車にはスノータイヤがあるように、ワイパーにも冬用ワイパーが存在します。

一般的なワイパーは窓を拭き取る部分だけがゴムですが、冬用のワイパーは凍結や雪の付着などで可動部分が動かなくならないよう、金属の部分がすっぽりとゴムで覆われています。
ゴム自体も低温でも硬くなりにくい素材をつかっています。

私は、冬の高速道路でワイパーが凍って前が見えなくなり、危うく事故になりそうになった事がありました。
それからは、毎年冬用ワイパーを愛用しています。
是非、皆さんも事故になる前に冬用ワイパーを使ってみてください!

toshinori.jpg

投稿者 fujita : 17:28

2015年01月29日

冬の風物詩と言えば・・・の巻(担当:岡村俊也)

今回の冬は雪がとても積もりました。
そんな中、冬の風物詩イルミネーションが新潟県各地に開催されます!

新潟では朱鷺メッセウィンターイルミネーション、見附市では見附イングリッシュガーデンウィンターイルミネーション、湯沢では湯沢冬花火など開催しています。
どれも開催時期が1月、2月中にあります。
新潟県各地でいろんな冬のイベントがあるので遠くて行けないこともないと思います!

是非近くの冬のイベント、または遠くの方の冬のイベントに行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに自分は見附の冬のイベントに行ってみます!

201502-05.jpg

-----------------------------------------------------------------

■『みつけイングリッシュガーデン』
住所:見附市新幸町6-35
●JR信越本線「見附駅」より徒歩で20分またはタクシーで5分
●北陸自動車道「中之島見附IC」より車で3分


gochou.jpg

投稿者 fujita : 17:25

2015年01月28日

『栄パーキングエリア』の巻 (担当:金子克久)

今とても気になっている所があります。
それは自分の地元にある「栄パーキングエリア」です。

このパーキングエリアは去年にリニューアルオープンしており(下り線が平成26年11月19日、上り線が同年12月17日)、ショッピングオーナーは売り場を拡張し、地元、三条市や新潟県内の地域の物を豊富に取り扱っています。
スナックコーナーも客席を増席し(上下線各42席)「新潟ラーメン王国」に因んだ地元ラーメンとオリジナルラーメンをはじめ、三条定食(骨付きから揚げ)など、地域色にとんだラインナップになっています。

別に高速にのらなくても下に駐車場があり、歩いていく事が出来ますので、ぜひ一度時間がある時にでも立ち寄ってみてください!

201502-04.jpg

-----------------------------------------------------------------

■『栄パーキングエリア』
住所:新潟県三条市大字福島新田丙
営業時間:スナックコーナー7:30~20:30 ショッピングコーナー7:30~20:30

kaneko.jpg

投稿者 fujita : 17:22

2015年01月27日

責任を持ってお預かりしていますの巻(担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!
お客様からお借りした車やはり気を使います。当たり前ですけどね。

入庫して車検、点検、修理等をして納車する。
これが一連の作業の流れになるんですけど、まず入庫の際に気を使う事は、お客様の自宅や会社に引き取りに行った場合、どこの場所にどういう風に停まっていたか、自宅の車庫のどちら側とか、月極め駐車場や会社の駐車場なら何番目なのかを確認します。
以前、別の場所に停めてしまい、お客様からお叱りを受けた事がありました。
それ以来確認するようにしています。

自宅から車の出入れする時も気を使います。
たまにしか行かない我々はどこに何が有るかがよくわかりません。
縁石があったり、ブロックが置いてあったりする時があります。
以前に車を駐車場から出そうとした時に、ブロックが分からなくてガリっとやったことがありました。
お客様が「そこみんなやるんだよね~」と言われ、少し凹みました。
特に狭い車庫は慣れてるお客様に出し入れしてもらいます。
その方が確実ですから。

後はボディー周りの傷等を確認します。
作業してる時もボディーやシートに傷、汚れが付かないように、シートカバー、ハンドルカバー、足マットを付けます。
ボディーにもフェンダーカバーをして作業します。

内装を触る作業、例えばナビ付けなどの時もメーター周りやグローボックス、足元のステップ等に養生テープを張り、傷がつかなようにします。
その時も車内に置いてある物に対して、どういう風に置いてあるかを確認します。
作業を終えたら元通りにします。

バッテリーを交換する時も電装関係の記憶を飛ばさなようにします。
時計やラジオの周波数、車のよってはパワーウィンドのオートが効かなくなることがありますので、交換後それらの確認をしてお客様に渡します。
いずれにせよ、お客様から「あれ?」と思われないように、細心の注意を払ってお車を預かり納車して行きたいと思います。


fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 17:20

2015年01月26日

皆さん、はじめまして!の巻 (担当:羽豆純子)

皆さん、はじめまして!
11月から入社しました羽豆と申します。

車業界は初めてで、車音痴に加えて方向音痴の私ですが・・・一生懸命勉強します!
ご迷惑をかけることもあると思いますが、精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

hazu.jpg

投稿者 fujita : 17:18

2015年01月25日

昨年の反省&今年の目標!の巻 (担当:小林雅史)

こんにちは!
今回は2015年の目標を書きたいと思います。

昨年は様々は仕事をさせていただきました。
一番印象的なのはタイミングベルトの交換作業です。
車によって異なりますが、大体10万キロで交換する部品です。
冷却水を抜き、電動ファンやプーリー類を外したりと、車種による違いはありますが、色々な部品を外してからベルトを交換します。

最初は覚える事が多すぎて頭がパンクするぐらい自分の中では大変でした。
先輩の作業姿を見ていると、なんの迷いもなく部品を外して交換し、完成させていてその作業スピードの速さには驚きました。
自分も、もっと頭を使い、応用力を学んでいきたいと思いました。

2015年はもっといろんな仕事にチャレンジしていき、日々精進して自分自身を進化させていこうと思います。
2015年もよろしくお願いします!


kobayashi.jpg

投稿者 fujita : 17:16

2015年01月24日

私が担当しているお仕事の巻

皆さん、こんにちは!
私が藤田自動車に入社して早いもので半年が経ちました。
日々、忙しく失敗もありますが、一生懸命頑張っています。

主に私の仕事は、洗車・コーティングです。
その中で、今回は「磨き」についてのお話をしたいと思います。

磨きとは、色あせて輝きを失った車を専用の機械(ポリッシャ―)&コンパウンドを使って磨く作業です。
車の色には種類があり、ソリッド・メタリック・パールがあります。
磨きで一番辛いのは、色あせたソリッドです。
ソリッドとは、白や黄色・赤などのメタリックやパールが入っていない色。
これをピカピカに磨くには、それなりの体力・根性・気力が必要になってきます。
私も何台か磨きましたが、ソリッドはかなり辛いです・・・。

でもやはり磨き終えて綺麗になった車を見ると、辛いのを我慢して磨いた良かったなと思えます。
これからもお客様に喜んで頂けるように一生懸命頑張りたいと思います。

(担当:長谷川博行)
hasegawa.jpg

投稿者 fujita : 17:15

2015年01月23日

スズキ「新型アルト」の巻(担当:細野夕子)

初代アルトが昭和54年に登場し、2014年12月、8代目のアルトが誕生しました!

201502-02.jpg

★ガソリン車トップの低燃費!(ハイブリッド車を除く)
徹底した軽量化と効率化で、JC08モードで37.0km/Lの低燃費を実現!
商用タイプもあり、こちらも商用車トップの低燃費26.2km/L(JC08モード)を実現。
レーダーブレーキサポート搭載車も選べます。

★室内広く、つかいやすく!
いままでに比べ室内長が145mmも長くなりました。
シートリフターのリフト調整量を細かく設定。
ベストポジションを確保。
スタイリッシュなプロポーションで、ボディーカラーは8色!グレードXには、他にツートンバックドアタイプを4色!
2015年3月にターボRSも発売予定!

201502-03.jpg


hosono.jpg

投稿者 fujita : 17:10

2015年01月22日

冬の運転にはご注意!の巻(担当:熊倉俊之)

朝晩の冷え込みがすごいですね!
あまりの寒さに私はしもやけになってしまいました・・・足が痛いです!

話は変わって、今回は冬の運転についてのお話です。
通勤通学・帰宅などのときに路面が凍っていることが多々ありますよね。
その日は、夕方から急に冷え込み帰宅時にはモヤがかかり路面は凍結していました。
注意して帰らないと自分も事故を起こしてしまいそうです。

そんな中、しばらく走っていると、なにやらハザードらしきランプが見えました(軽自動車でした)。
降りてみると、運転手の方が一生懸命雪かきしていました。
どうしたのか聞くと凍結路面で滑り、片輪が雪にはまったので脱出しようとしていました。
男性に車に乗ってもらい、指示をしながら押して無事に脱出できました。
相手の方に「気を付けてください」と一言、言って帰りました。

次は路面に雪が積もり始めたときのことです。
気をつけないとまだ慣れていないので危険だなと思って運転していると、やはり目の前には立ち往生している車輌を発見しました。
雪の降っている中、若い男性が一生懸命雪かき!
少し離れた位置に車を止め近くにより話しかけました。
「スリップし車輌がカメさんになった」とのこと。
そこで「もしよければ牽引ロープで引きましょうか?」と聞くともう業者さんを呼んだので大丈夫です!とのことでした。
それなら下手に手を出さないほうがいいと思い寒いので車で待っていたほうが良いですよ。
と言って帰りました。

皆さんも冬場の運転は危険なので注意しましょう!
やはり車にスコップとスノーブラシは積んでおいたほうがいいですね!


kumakura.jpg

投稿者 fujita : 17:07

2015年01月21日

新型ムーヴ買いました!の巻(担当:谷江正信)

嫁さんの車(H11年式アトレーワゴン)が、15年で18万キロ走行し、ついにメインフレームがサビて穴ポコが空いてしまいました。
当社の会長から「谷江君これは車検ダメらの~」と言われたので、ついに購入を決断。
色々検討した結果、12月発売の新型ムーヴに決めました!

15年間ご苦労様でした。
アトレーワゴンはH11年に購入しました。まだ子供が3歳と2歳と小さく、色々な所に行った思い出や愛着もありましたが、ついに力尽きました。
15年間大きなトラブルも無く頑張ってくれてご苦労様でした。
自慢では無いですが、軽自動車で18万キロってスゴイでしょ!
日頃のメンテナンスのおかげです。
ターボエンジンでしたが、ザーレンオイルのおかげでエンジン、ターボ共に最後まで元気に走っていました。
外装も当社のコーティングのおかげで、15年選手には見えませんでした。
やはり雪国はサビが強敵ですね!

15年で車はスゴイ進化を!
アトレーを購入した時は、エアバックは標準装備でしたが、ABSはオプションでした。
新型ムーヴはエアバック、ABSはもちろん、横滑り防止装置やトラクションコントロールなどの安全装置は標準装備になりました。
さらにオプションですが、スマートアシスト(自動ブレーキ、前後飛出し防止装置)など15年前では考えられない装置もあります。
ちなみにスマートアシストは万が一のため付けました!
さらに燃費もかなり向上しています。
アトレーの燃費は10キロぐらいでしたが、新型ムーヴが実際どのくらい走るかは、また次回報告しますね!
しかし15年の進化はスゴイですね~

201502-01.jpg

4WDでターボでナビは思案中?
嫁さんの実家は下田の奥なので4WDは必需品ですが、今の軽自動車はターボが無くても走りは良いので、「ターボはいらないろ?」と聞いたら「だって追い越す時ターボが無いと追い越せないじゃん」との返答が・・・
「いやいや追い越すなよ!」と思いつつ、ターボ車に決定しました。
確かに私の後に出たはずが、いつの間にか前を走っている時が・・・。
車は年末に納車されましたが、どのナビを付けようか迷っています。
年明けにナビをゆっくり決めたいと思います。

今度は実際に走った感想をお伝えしますね!

先月号の記事の訂正です。
アウトランダーPHEVはエンジン走行しないと書きましたが、間違いです。
高速走行時はアコードHVと同じくエンジン走行もします。

みなさんごめんなさい。


tanie.jpg

投稿者 fujita : 17:03

2015年01月01日

最近に主流は○○車!の巻

私は数年前までは自動車の主流はガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車、エンジンとモーターを使うハイブリット車、それとモーターだけで走る電気自動車だと思っていたのですが、近年はアイドリングストップ車というのが主流になってきたようです。

信号待ちなどでエンジンを自動的に止め、走り始めるとまたエンジンが始動するというタイプ。

これで燃費を良くし、排気ガスの排出も少なくするというものです。

エンジンのストップが嫌な方はアイドリングストップをオフにできます。なかなか優れものです。

私も電気自動車もいいとは思うのですが、このアイドリングストップ車の方が気に入っています。
皆さんも次の車を考えていらっしゃいましたら、いかがでしょうか?


(担当:坂田欣平)
sakata.jpg

投稿者 fujita : 16:56