« 2014年08月 | メイン | 2014年10月 »

2014年09月号 タイトル

2014年09月30日

ダウンサイジングターボ車の巻 (担当:岡村俊也)

今回、自分が紹介するのはダウンサイジングターボ車です。

日本では地球環境を考え、ハイブリットや電気自動車、またNAエンジンが主流になり、ターボ車は過去の産物になってしまいました。
ダウンサイジングターボとは、小型エンジンに小型ターボを付け小排気量の車で大排気量と同じパワーを持つことができ、しかも同じパワーの大排気量の車よりも燃費がいいのです。
昔のターボはパワー重視で作られていたので燃費はかなり悪かったです。
201410-08.jpgそれが原因で2000年以降、日本ではパワーを上げつつ燃費のいいエンジンを作るため大排気量NAエンジンの開発やハイブリットに専念してきました。
海外では7、8年前からすでにダウンジングターボの開発が進められていて日本ではようやくダウンサイジングターボに注目しはじめました。
日産ではすでにスカイラインでダウンサイジングターボを取り上げられていて今後、各メーカーからダウンサイジングターボ車が出てくると思います。

昔とは違うターボですが、昔の車でターボが好きだった人はダウンサイジングターボを味わってみてはいかかでしょうか?

gochou.jpg

投稿者 fujita : 11:09

2014年09月29日

昔と今の『カーナビ』の違いの巻 (担当:高橋利典)

今回、仕事で気づいた事は、今と昔ではナビの性能が格段に上がった事です。

CDナビ、DVDナビ、HDDナビメモリーナビなど進化してきました。
テレビもアナログから地デジになり、写りもよくなりました。
その他にも、取り付けも格段と簡単になりました。

ひと昔前のナビはテレビチューナーが別にあり、助手席のシートの下に置くなどして大変、手間がかかりました。
その為、配線類も多く、電源線にDCコンバーターなども付いていて、カーナビの裏に配線を隠すのに苦労しました。

ですが、今のカーナビはテレビチューナーも内蔵されておりGPSもフィルムアンテナ(フロントガラスに貼るタイプ)などあり、格段に取り付けも簡単になりました。

日々、進化しているので更に期待をすると共に、私も、もっと勉強していきたいと思ってます!

toshinori.jpg

投稿者 fujita : 10:09

2014年09月28日

村上牛専門店!『江戸庄』の巻 (担当:牛膓和輝)

今回ご紹介するのは村上牛専門料理店の江戸庄です。
雑誌などで有名な村上町屋の雰囲気で食べるお店です。

201410-07.jpg私は、村上牛レアステーキ丼(並)(1700円)を食べました。
冷製和風ダレのとても柔らかく美味いです。
私と一緒に行った人は、村上牛レアステーキ丼(上)(2500円)を注文し、ひと切れもらって食べてみたらとろけました。

他にもしゃぶしゃぶや、すき焼きもあり、飲み物はコーヒーやワインもあります。

私はまた食べに行きます。

もし皆さんも行く機会があれば、電話予約をしてから行ったほうがいいですよ~。

======================================

■村上牛専門料理店『江戸庄』
住所:新潟県村上市大町2-17
TEL:0254-50-1181
定休日:不定休

gochou.jpg

投稿者 fujita : 10:57

2014年09月27日

十日町市川西地区の旅の巻 (担当:藤田英昭)

先日、二度ほど十日町市を訪れた。
一度は子供の中学野球で、十日町市川西にある庚塚(カネヅカ)野球場という場所。
名前のとおり大変わかりづらい所で、ナビの設定をしてもうまくたどり着けない。
ある程度、川西地区の土地勘はあったが、今回は本当に迷った。
川西の街道を進み小千谷市の真人町を抜け、川西ダムの近くを過ぎ、途中で右折すると、まっすぐな農道に出る。
ここは街道を行くよりも早い。
しばらくして役場の裏に差し掛かり、そろそろ目的地なのだが野球場はおろか運動場も見えず、見渡す限り田んぼしかない。
そのうちに小嶋屋総本店の大きな水車が見え、ナビの案内も終了。
左折して役場前を通ったりしたが、グラウンドらしき物は無く、人もいないので聞けず・・・・・・。
ぐるぐる回ってまた小嶋屋さんの前を通ったときに電柱に小さく「庚塚野球場」の看板を発見。
なんと反対側の山の方角だった。
すぐに右折して田んぼ道を上がり、山を目指して森林の中を進むと忽然と照明塔やバックネットが見えてきた。
その後は小嶋屋総本店でお昼の蕎麦を頂いた。

201410-06.jpgその数日後に行ったのは川西地区の信濃川運動公園。
今度は住所も分かり、ナビの案内もスムーズ。
十日町市街地と川西地区の間の信濃川沿いに野球場やテニスコートがあり、川の反対側には十日町市街のイオンやホームセンターなどの建物が見える。
しかしながら、ショッピング街はどこも同じような景色で少し寂しい。
コンビニ、ホームセンター、スーパーと軒並み出てくる。
少し違うのは、まだ残っている地元の食堂やJAの建物が大きかったりする。
この通りに、越後十日町小嶋屋「和(なごみ)亭」という「小嶋屋」さんがあったので今度はそこでお昼にした。
やはり、このふたつの「小嶋屋さん」は違った・・・・・・。

======================================

■『庚塚運動場野球場』
住所…十日町市水口沢925-1

■『信濃川運動公園』
住所…十日町市小泉

■『小嶋屋総本山』
住所:十日町市中屋敷758-1
HP:http://www.kojimaya.co.jp/

■『越後十日町小嶋屋和亭』
住所:十日町市下島寅乙407-11
HP:http://www.hegisoba.co.jp/shop-info/

fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 10:49

2014年09月26日

東京浅草『花やしき』の巻 (担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!
お盆休みに東京・浅草にある花やしきに私と息子、義父に義妹家族と行ってきました。

花やしきはテレビや雑誌でしか知らず、実際に行くのは初めてです。
さすがお盆休みなので混んでいましたが、家族連ればかりではなく、カップルや若者グループも目につきました。


201410-05.jpg「どれに乗る?」と息子に聞くと「あれに乗りたい」と指したのが激しく回り上下する乗り物。
高所恐怖症の私は一瞬ゲッ!と思ったが、息子が見てるうちに「やっぱりやめる」と言ったので一安心。
しかし、好奇心旺盛な息子は空中自転車と空中ヘリコプターに乗り、息子ははしゃいで、私はビビってました。
その後、5歳以上なら一人で乗れる物あったので一人で乗せたり、義父に付き添ってもらったりして、私は一休み。
そして息子が一番喜んだのがビックリハウス!
今年で160年を迎える花やしき最古参のアトラクション。
私は付き添いませんでしたが、息子と姪っ子は喜んでました。
最後にお化け屋敷の中を走るスリラカーに乗りました。
待っている間、乗り終えた子供たちの泣き声に息子は少し不安気味。
いざに中に入るとさすがに怖かったようで、ずっと顔を伏せ、終わった途端泣いてしまいました。
やはり、まだまだそこは幼稚園児ですね。
その後は雨が本各的に降ってきたので退散しました。

狭いながら効率よくやっていて、十分に楽しめる所でした。
また行きたいです。

ただ高さのあるアトラクションには乗りませんが・・・・・・(笑)

======================================

■『花やしき』
住所:東京都台東区浅草2-28-1
TEL:03-3842-8780
営業時間:10:00~18:00(営業時間は季節・天候により異なります)
閉園日:火曜日

fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 10:45

2014年09月25日

皆さん、初めまして!の巻(担当:渡辺里江子)

はじめまして!
今年4月より入社致しました渡辺里江子と申します。
新入社員と申しましても、フレッシュ感はありませんが・・・・・・。

以前は自動車保険を中心に仕事をしておりましたので、見積もり比較のご相談などあればお気軽にご相談くださいね!
明るく元気に皆様をお迎え出来る様に頑張りますので、宜しくお願い致します。

また、来月からは保険見直しコーナーを担当致します。
皆様からのご質問など募集中ですので、どしどし連絡お待ちしてます♪

kobayashi.jpg

投稿者 fujita : 10:06

2014年09月24日

「コンパクトスポーツ」の巻 (担当:熊倉俊之)

先月号のスポーツカー復活第二弾です。
国内メーカーのスポーツカーの開発競争が加速してきましたね!

今回は「コンパクトスポーツ」、その中でもオープンカーに触れてみたいと思います。

マツダからは4代目ロードスターが公開されました。
201410-03.jpg2015年4月くらいに販売開始予定だそうです。
今話題のSKYACTIVエンジン(スカイアクティブ)を搭載しています。細かい仕様などについてはまだ公開されていませんが1500CC~1600CCになるのではないでしょうか?
車輌重量は現行の100kg軽量化させ、1000kgを割るなど、まさにコンパクトスポーツ!
走ってもよし、オープンにしてクルージングしてもよし、見た目もかなりカッコいいデザインになっています。
価格は250~300万とちょっとお高い感じ!

そして軽スポーツです!
201410-04.jpgそうです、ダイハツから2代目コペンの発売が決まりました。
初代コペン生産終了から2年、見た目も大きく変わり登場。
ヘッドライトやテール周りは攻撃的なフォルムに変化。
ルーフオープンは電動開閉時間も20秒とスムーズ!
更にターボエンジン搭載です。
エンジンルームは初代同様ギッチギチ?整備士泣かせの予感・・・・・・。
しかし、今回の大きな特徴はボデーの外板です。
簡単に取り外しが可能で着せ替えできます。
大人のプラモデル感覚ですね!
価格は180万とこちらも少々お高い感じが。性能向上もいいですが、もう少し価格をダウンさせてくれれば、両者共に申し分ないですね!

kumakura.jpg

投稿者 fujita : 10:37

2014年09月23日

「新ハイゼットトラック」の巻 (担当:細野夕子)

ダイハツハイゼットトラックが新しくなりました!
とってもかっこよく、おしゃれになって新登場です!

201410-02.jpg

★ボディーカラーは全部で8色!
定番の白の他に、ピンクやオレンジなどの軽トラックには珍しいカラフルなカラーがたくさん!

★使い勝手も良し!
荷台の広さもクラストップレベル!
室内の広さもクラストップレベル!
クラストップレベルの最小回転半径で小回りも利きます。室内の収納の箇所も、軽トラックNo.1。

★燃費も良くなりました!
4WDのMT車で19.0km/L(JC08モード)。軽トラックNo.1です!

●4WDマニュアル:¥1,101,600~

hosono.jpg

投稿者 fujita : 10:31

2014年09月22日

草津温泉『大滝乃湯』の巻(担当:小林雅史)

こんにちは!お盆休みに群馬県草津に仲間と1泊2日の旅行に出かけました。

休みなので渋滞を覚悟してたのですが意外とすいており、途中に寄り道をしながら草津目前という時に峠道に入ったのですが、その峠が道は狭い、対向車は多い、距離も長いで最悪でしたが、約1時間ほど峠を走ってやっとの事で草津温泉街に到着!やはり有名温泉街だけあって旅行客がいっぱい。

とりあえず観光名所である湯畑に向かうと、温泉が滝のように出ていて、硫黄の匂いがなかなか強烈です。
湯畑の周辺には土産屋や旅館などが並んでいました。
温泉に入りに「大滝乃湯」という所に行きました。

その場所は有名な店らしく、かなり混んでいました。
温泉の種類も多く、露天風呂もありサウナもあり最高でした。
肌がつるつるになった気がしました。

大滝の湯の周りにも温泉が多くあり、中には無料で入れる温泉もありました。

夜になり、また湯畑周辺へ、町全体がライトアップされていて千と千尋の神隠しに出てくる町みたいでした。
町をブラブラ散歩して10時過ぎになると店が閉まったので宿泊する宿に向かいました。

宿の温泉に入り、そのまま就寝。
翌日はお土産を大量に買って新潟に帰りました。帰りも渋滞にはまらずスムーズに帰れました。

201410-01.jpg

======================================

■『大滝乃湯』
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
TEL:0279-88-2600
営業時間:9:00~21:00
入場料:大人800円子供400円
駐車場:100台

kobayashi.jpg

投稿者 fujita : 10:27

2014年09月21日

「Sーエネチャージ」とは?の巻(担当:谷江正信)

8月にスズキから発売された、ワゴンRに“S-エネチャージ”が搭載されました。
実はハイブリッド車に定義されているんです!
今回は“S-エネチャージ”のお話です。

ハイブリッド車ってどんな車?
皆さんどんな車をハイブリッド車と言うかわかりますか?
国土交通省の定義では(「ハイブリッド自動車」とは内燃機関及び駆動用の電動機又は油圧モーターを有し、当該自動車の運動エネルギーを電気エネルギーに変換して電動機駆動用バッテリーに充電する機能を有すること)と非常に難しく書いてあります……。
簡単に言うと、「エンジンの他に駆動用モーターと駆動用モーターのバッテリーが付いていて、そのバッテリーに減速エネルギーで充電できる自動車」です。
モーターとバッテリーを一個ずつ追加すればハイブリッド車と定義されます。

そこで“S-エネチャージ”です!
従来のエネチャージは、減速エネルギーを専用のバッテリーに充電していました。
加速時の充電を減らせるので、燃費が良くなるシステムです。
バッテリーに充電する装置はエネチャージ用に強化された発電機(オルタネ―ター)で行います。
その発電機にモーター機能を持たせたISG(インテグレーテッド、スターター、ジェネレーターモーター機能付発電機)を採用してハイブリッド機能を持たせて、“S-エネチャージ”としたんです!
発電機とモーターを一つにまとめたってことです。

“S-エネチャージ”のハイブリッド機能仕組みは?
まず減速すると、ISGで通常のバッテリーと“S-エネチャージ”用のリチュウムイオンバッテリーに充電されます。
ここまでは、従来のエネチャージと同じです。
加速の時が今までと違います!
減速時に充電した電気をISGに流してモーターとして使いエンジンをアシストします。
ISGは一般的な発電機と同じくファンベルトとエンジンで回転しています。
ISGは減速時、エンジンに回転させられ発電して、加速時は逆にISGがモーターとして回転しエンジンをアシストします。
一つ二役です!
最大約2.2馬力、最長6秒間エンジンをアシストします!
そしてもう一つのメリットは、アイドリングストップ車の再始動の際は通常のスターターを使用するため「キュルキュル」と音がしますが、“S-エネチャージ”の場合はISGをスターター替わりにエンジンを再始動するので、比較的静かにエンジンが始動します。
これは魅力的です!

実は最新の技術では無いのです!
実は少し前に登場したニッサンセレナのS-ハイブリッドもほぼ同じシステムです。
しかし、“S-エネチャージ”とほぼ同じシステムを2001年にトヨタがクラウンにマイルドハイブリッドとして発売しています。
当時はプリウスに注目が集まり、普及はイマイチでしたが、安価で燃費向上が見込めるので、再登場の感じです。
それを考えるとトヨタの先見の明はスゴいですね!


tanie.jpg

投稿者 fujita : 10:01

2014年09月01日

長年の経験が物を言う!の巻 (担当:坂田欣平)

5月末頃の話になりますが、私のような年寄りでも若いメカニックに教えてあげられる作業(整備)がありました。
それは、トラックのタイヤ組替です。

20年以上前から乗用車はもちろん、トラックもほとんどはチューブレスタイヤというチューブを使っていない(必要ない)タイヤばかりです。
今回整備した車もチューブレスタイヤを使っていたのですが、4本のうち1本だけチューブを使っていました。

担当のメカニックも一度はこういうタイヤの組替をやったことはあると思うのですが、もうかなり年数が経っていたので忘れてしまったようで、私のところにきてどういう順序でやればいいのか聞いてきました。

私もかなりの年数が経っていたはずですが、何十回と作業をしていますので、なんとか教えてやることができました。

このように古い経験を若いメカニックに教えてあげられて良かったと思います。
逆にコンピューター関係の仕事は私が若いメカニックに聞いていますので、なるべく自分で解決できるように勉強しなければいけないなと思っています。

sakata.jpg

投稿者 fujita : 16:48