« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月号 タイトル

2012年07月31日

ヘッドライトを復活させるの巻(担当:坂田欣平)

私の車のヘッドライトが,最近暗くなってきたような気がします。

201208-08.jpg
そう思っていたところ,カー用品メーカーの「WAKOS(ワコーズ)」の方が、「ヘッドライト用ハードコート復元キット」という商品を紹介してくれました。
これは経年劣化したヘッドライトカバー(レンズ)表面の黄ばみやくすみを素早く取り除き、ガラス状の硬質被膜が長期に渡りヘッドライトカバーを保護してくれるというものです。

作業時間は1時間くらいで、料金は3000~4000円くらいです。

最近、ヘッドライトが汚れているなとか暗くなった感じがするなと思っている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


sakata.jpg

投稿者 fujita : 18:42

2012年07月30日

損保の資格試験を受けてきたの巻(担当:藤田英昭)

損保の資格は一度取っても、又時期がくれば更新しなければならない。
時代の流れによって、次々と改正されていくので定期的に資格試験を行っている。

当社も社員全員に損保の基礎となる、募集人資格を取らせているが、当然代表者の私とて例外ではない。

先日、更新の案内を損保の営業社員さんが持って来られたので、テキストや問題集などをいただいて2週間ほど勉強をした。
その後、試験を申し込んだ。

最近では試験の申込も機械化されていて、自分のID、パスワードで損保会社の専用WEBにアクセスして、日時を決める。
その後、受験票がメールで送られてきて、プリントアウトして試験会場に持っていく。
その試験も紙に回答するのではなく、コンピューターの画面を相手に、回答をマウスでクリックしていくと試験要領には書かれてあった。

新潟会場と長岡会場と選択出来たが、地元では行われなくて不便を感じたが、仕方がなく新潟会場を申し込んだ。

試験当日、準備をして会場に向かった。
ナビに住所をセットして出発した。
「新潟市中央区堀之内南3丁目1−21 北陽ビル2階」のNPO法人のパソコン教室みたいな名前だった。
本当にこんなところで試験が行われるのだろうか・・・。
昔であれば、どこか広い会場で、試験官みたいな人が答案用紙を配って、試験がはじまるイメージなのだが・・・。
会社を出て1時間もしないうちに会場に着いた。
ビルの2階に上がると、小さい事務所で試験の受付をしている人がいた。
その人に続いて受験票と免許証を出して、荷物をすべてロッカーに入れて待合室で待った。
やがて試験時間に近づくと、5、6人の受験者が集まった。
すると奥から、事務員さんみたいな方が機械的に「それでは今から試験についてご説明いたします」といって、淡々と説明を聞いた。

そのあと「それでは藤田さん以外の方はお入りください」の声。
なんと私以外の受験者が隣の部屋へ入って行った。

少し焦ったが、多分受験の内容が違うので始まる時刻が少し遅いのだろうと思った。
10分後、外の廊下をガヤガヤと数人が出て行く音がして、その後呼ばれて、隣の部屋へ案内された。

入るとそこはまるでパソコンスクールのようにテーブルの上にパソコンが並んでいて、1台1台が仕切られていた。
なるほど、昼間は試験に使って、夜はパソコンスクールなどに使われるのだなと思った。

案内された番号のパソコンの前に座り、IDとパスワードを入力して、試験が開始され、右上の時間がカウントダウンで、残り時間となる。
正面の問題と向き合って、正解と思われる回答の箇所をクリックして、次の問題に進む。
そして時間が来ると、自動で画面が終了になる、これでおしまいとなる。
これでは益々人が必要でなくなる・・・。
コンピューターに支配される世の中は映画の中だけではないようだ・・・。

201208-07.jpg

fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 18:37

2012年07月29日

慣れはじめの運転にはご注意の巻(担当:高橋利典)

今回は危なかった話をしたいと思います。

今から13年前、自動車学校に中型二輪の免許を取るため通っていました。
ある練習の日、天気は雨。少し慣れてきた頃です。

カーブを曲がろうとした時にスピードが少し出ていたので、3速から2速に落としたつもりが2速で走っていたため1速になり、カーブで転倒してしまいました。

3速で走っていたと思い込み、実際は2速!

エンジンブレーキが予想以上にかかってしまったからだと思います。
教習所の先生が直ぐに来てくれましたが、服は破れ、腕から出血・・・。

こんな思い出もありました。

暑い季節になり、バイクで走る方も多いかと思います。皆さん気をつけて運転して下さい!
慣れと思い込みは危ないです。

toshinori.jpg

投稿者 fujita : 17:26

2012年07月28日

スマホの便利なアプリの巻(担当:鹿間 正成)

こんにちは!

今回オススメするのはスマートフォンのアプリについてです。

私は『iPhone4S』を使っているのですが、この前、友人と東京へ遊びに行った時に、お台場から銀座までの行き方がわからなかったので、iPhoneに最初から入っている『マップ』というアプリを起動させ、目的地を入力するとGPSで現在地を出してナビしてくれます。

友人の車にはナビが付いていなかったので、とても助かりました。

スマートフォンを使っていても、アプリなどを使っていないという人もいるかと思いますが、無料でとても便利なものが多いので、ぜひ色々と試してみてください。

ケータイ屋の店員さんに聞くと、面白いアプリを教えてくれたりします!

gochou.jpg

投稿者 fujita : 17:25

2012年07月27日

ディズニーリゾートの巻(担当:牛膓和輝)

今回のオススメは、言わずと知れたディズニーリゾートです。

7月9日にディズニーシーで新しいアトラクションが登場します!
場所は、アメリカンウォーターフロントのタワーオブテラーの近くにあります。
『トイストーリーマニア』というものです。

乗り物に乗って、タマゴ投げや風船割り、輪投げ、簡単操作でスコアを競いあうもので、東京ディズニーリゾートでは、初3D映像を利用したアトラクションです。

ディズニーランドでも8月24日に新しいアトラクションができるらしいです。

gochou.jpg

投稿者 fujita : 17:22

2012年07月26日

グリーンカーテン始めました!の巻(担当:金井 章)

今年も暑い夏がやってきました。

しかし、原発停止の影響で、節電をしなければならなくなりました。

そこで、ちょっとでも涼しくなろうと、グリーンカーテンを始めました。
今は、ホームセンターに行くとグリーンカーテンセットが売っていて、簡単に作ることができます。

201208-06.jpg
しかし、ウチの窓に合うサイズがなく、はじめから作ることに。窓枠のサイズの棒を買い、後は植物をはわせるネット、固定するための金具、早速ウチに帰って作りました。
1時間くらいで完成しました。
ウチでは、実家からもらってきたゴーヤを育てました。
他にもグリーンカーテンにできる植物はありますので、自分に合ったものを試してみては(^_-)

kanei.jpg

投稿者 fujita : 18:35

2012年07月25日

自動車の車台番号についての巻(担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!
今回は、苦労した仕事編です。

皆さんは、自動車には車台番号とエンジン型式があるのをご存知ですか?

車台番号とは、その車両に割与えられた番号の事で、法律で打刻が義務付けられています。
自動車メーカーと運輸支局以外は、打刻する事は出来ません。

通常、5ケタから7ケタの数字で表し、例えば車台番号が「U62T-0000001」だとすると、最初にあるのが車の型式、種類を表します。
その後の数字が製造番号です。
この車台番号だと、1番最初に作られた車という事になります。

ちなみにこの車は、三菱のミニキャブトラックです。
同じ車台番号の車はありませんし、解体されるまで変わる事もありません。
車種によって変わりますが、車のフレームの部分やボディ付近に付いています。

ただし、錆や腐食、事故等により、フレームなどを交換し場合に運輸支局の許可を得て違う番号を打刻する事ができます。

エンジン型式はその名の通りエンジンの種類を表し、当然、各メーカーによって違います。
三菱でいうと『3G83』、EKワゴンやミニキャブトラック等に使われているエンジンです。
最初の3は気筒数を表し、Gはガソリン車、ちなみにDが付くとディーゼルです。
8はエンジンの種類を、3は排気量コードを表しています。

どのメーカーも1種類のエンジンを数種類の車種に使っています。

さてここからが本題です。

201208-05.jpgこの番号は、車検や定期点検のときに、車検証に記載されているものと同じかどうかを確認しなければなりません。
車台番号は、比較的簡単に見つける事が出来るんですが、エンジン型式はなかなか見つかりません。
日産のV型エンジンは、国産の中でも見つけるのが難しく、運転席の足元のカーペットをめくり、めくら蓋を取って室内から確認します。
こういう時のために虎の巻があり、役に立っています。
ただ、国産車はまだいいのですが、外車は見つけるのが大変です。
大概は見つける事は出来ますが、唯一見つからなかった車があります。
『スマート』です。
年式にもよると思いますが、どこを見ても、虎の巻や整備図解書を見ても分かりません。
同業者に聞いても分かりません。
半日かかっても駄目。
もう一度、違う同業者に聞いてみると、帰ってきた答えが、「その車は見えないよ。国も認めている。どうしても確認したいなら、エンジンの一部分を外すしかないね!」と言われ、諦める事に・・・。

エンジン型式を探す為に、半日にかかりましたが、いい勉強になったと思います。

fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 18:31

2012年07月24日

新型ナビ「CN-H510WD」の巻(担当:五十嵐裕一)

夏は天気も良くて、お出かけ日和ですね~。皆さんお出かけしていますか?

お出かけには、カーナビがあるととっても便利ですよ!
私は最近、小型SUV車を中古で購入いたしまして・・・、パナソニック新商品のカーナビ「CN-H510WD」を付けたました。
実際に使ってみて、私なりに感じたことをお話ししたいと思います!

■イイネ!ポイント①

7インチなのに横幅200mmなので画面がすごく広く感じました。

■イイネ!ポイント②

画質がキレイ!前の500Dシリーズに比べてもより鮮やかになりましたし、カロッツの楽ナビよりも画質が良いと感じました!

■イイネ!ポイント③

タッチパネルなのでサクサク検索できて楽しい~!前作よりも感度がアップしてるので高速です!

■イマイチ・・・ ポイント

201208-04.jpg個人的にカロッツに比べると、ナビ表示の仕方が見にくい印象がありました。
それと、iPodをつないだ時にアルバムアートワーク表示中(ロード中)は、操作できないのが非常に残念でした。
まだまだ試していない機能がたくさんあるので、使える機能があったらみなさんにも教えたいと思います!

お楽しみに。

igarashi.jpg

投稿者 fujita : 18:28

2012年07月23日

ちょっと良い(?)話の巻 (担当:熊倉俊之)

ある日の休日に、一人で車を運転していると、目の前にハザードを出して停車している車を見つけました。

いつものように、「なんだろうな~?」なんて思っちゃいました。
路肩に止めて、携帯でもいじっているのかな?運転手の方が、車外に出て少し悩んでいるように見えたので、一時停止し、「どうました?」とたずねました。

どうやら、パンクしたようです。

しかし、どうしたらいいのか分からないらしい・・・。

お話を聞くと、タイヤを交換すればいいのは分かっているけど、スペアタイヤや車載工具が何処にあるのか分からない様子ででした。

そこで私は、「代わりにやりますよ!」と、トランクを開け、カバーを外し、スペアタイヤを出しました。

201208-03.jpg
相手の方は「はじめてみました。こんな所に入っているんですか?」と。

最近の方は全然知らないみたいです。

そして、車載工具を探してみると、ジャッキとレンチがありませんでした。
そこで、私の車から十字レンチとジャッキを取り出し、交換しました。
パンクしたタイヤをトランクに載せ、「あとは、行きつけの車屋さんで見てもらってください!」と言い、私が帰ろうとすると「ありがとうございました」と飲物を手渡してくれました。

今回は、たまたまスペアタイヤが乗っていましたが、最近の車にはスペアタイヤが積んでなく、パンク修理剤と小型コンプレッサが積んである車もあります。

車輌スペースや軽量など利点もありますが、修理剤を一度使用してしまうとタイヤを新しい物に交換しなくてはいけません。
修理剤も新し物を購入しないといけません。
亀裂などで応急的に修理が出来ない場合があります。また、修理剤に使用期限があるなど、あまりいいものではありません。

もしも、少しでもスペースがあるのなら、スペアタイヤを積んでおくことをオススメします。

kumakura.jpg

投稿者 fujita : 18:24

2012年07月21日

三菱 新型『ミラージュ』の巻(担当:高橋武史)

1978年の初代から2000年の5代目ミラージュ・ディンゴで一時生産終了。

その座を復活したコルトに託しました。

そして2012年・・・。
進化した第三のエコカーが、三菱からいよいよデビュー!

その名は新型ミラージュ!

201208-01.jpg

★低燃費&コンパクトボディ、 充実したカラーラインナップにも注目!

クラスNO,1の低燃費、なんと27.2km/L(JC08モード)だから、グレードによっては免税も!
小さなボディで運転しやすく、安心・安全の10年10万km保証。個性に合わせて選べる8色のカラーラインナップ!この夏は6代目新型ミラージュがあついぜぇ~

201208-02.gif

takahashi.jpg

投稿者 fujita : 18:20

ぶつからない車『アイサイト』の巻(担当:谷江正信)

スバルから、アイサイトVer2を搭載した車種が発売されてしばらく経ちます。
『ぶつからない車』ってCMも見たことがある方も多いと思います。気になってる方も多いと思いますので、今回はアイサイトのお話です。

仕組みは?

アイサイトの特徴として、光学ステレオカメラを使用しています。
全面ガラスの上側に350mmの距離を置いて2個装着しています。
距離を置くことで、人間の目と同じく距離を計測できます。
このカメラの情報をメインに、ブレーキ、エンジン出力など制御します。
今までは、高価なミリ波レーダーを使用していましたがカメラを使用したため、低コスト化に成功したようです。

どんな状況でも、止まるの?

実は、条件があります。
一番の条件は、『速度差が30km以下』です。
つまり、止まっている車に30km以下であれば、20~30センチ手前で停止します。
実際体験するとブレーキを踏まないことに、かなり恐怖を感じます・・・。
順番としては、まず追突の危険が高まると、警告音と同時に軽い一次ブレーキがかかります。
さらにドライバーが操作しないと、非常に強い二次ブレーキがかかって停止します。
30km以上の速度差の場合は、手前で止まることは不可能で基本的は追突します!
ただしブレーキはかかるので被害は軽減します。
当然、路面状況でも変化します。雨や雪など滑りやすい路面では、止まりきれない場合があります。
『万能な機械では無い』ということですね

どんな物障害物でも、反応するの?

基本的に、『車、二輪、人』には反応しますが、『ガードレール、ポール、電柱、幼児』などには、反応しません。
また、光学カメラを使用しているため、夜間や雪などで障害物検知が出来ない場合もあります。
やはり、よそ見運転はダメですよ!

もっと進むと、自動運転になったりして

もう少し技術が進むと、マンガみたいに自動運転する車が出たりする気もしますが、実際にはかなりハードルが高いようです。
まず責任問題です。
「自動運転動どうしの車が事故った場合、責任はだれが負うか?」です。
当然ドライバーの責任ですが、自動運転の場合、自動車メーカーの責任になりかねません。
また自動ブレーキ等の装置にドライバーが安心することを避けるため、国土交通省の自動ブレーキの認可条件として、『自動運転感覚を避ける』の項目があるようです。
ですので、アイサイトの場合も追突ギリギリまでブレーキを強くかけません。
ネットの書き込みなど見ると、アイサイトに限らず「ブレーキが作動しなくて、事故った!」などありますが、あくまでも、補助装置で事故はドライバーの責任です。
エアバックなどの装置も条件がそろわないと作動しません。
しかし、アイサイトのような運転支援装置は非常に有効な機械です。
今後さらに普及していくと思います。
ABSやエアバックも今では当たり前の装置になっていますが、普及する前は「ブレーキの利きが悪い」とか色々お客様に言われた覚えがあります。
もっとコストが下がって、標準装備ぐらいになるといいですね!

tanie.jpg

投稿者 fujita : 17:16

2012年07月02日

ゴルフがやりたい・・・の巻 (担当:坂田欣平)

私は年に3~4回くらいゴルフをやっていました。
何故かといえば日頃はほとんど体を動かさない(スポーツらしいものをやっていない)ため、少しは体を動かさなくてはいけないと思い、グリーンに出ていました。

しかし、この先、私はゴルフは一生できないのではないかと思っています。
それは、前回このコーナーで書いた転倒事件の右肩のケガのためです。

もっとも、去年の水害でゴルフ道具を一式失ったせいもあります。

良い方に考えれば水害のあと、ゴルフ道具を買っていたとしても、いずれにせよ今年の転倒事件でゴルフができないのならば、買わなくてよかったと考えています。

もしも今後、手術でもして右肩が元通りに動くようになったらまたコースに出てもいいかなと思っていますが、かなり先の話になるでしょう。

ですが、正直今でも親しい友人達とワイワイガヤガヤと楽しいゴルフをやりたいと思っていることも確かです・・・。

sakata.jpg

投稿者 fujita : 17:13

2012年07月01日

新潟市西区『メイワサンピア』の巻(担当:藤田英昭)

先日、新潟市西区赤塚にある『メイワサンピア』という施設で、三菱自動車さんの新型車の説明研修会があったので行った。

ここは昨年の夏にも子供を連れて行ったことがあった。屋外に大きなスライダーがあるプールがあって、大変混んでいた思い出があった。
近くには佐潟という湖のような大きな池があって、野鳥などが多く見られて景色のいい場所である。

研修会は午後2時からなので、昼食を取ってから出ると遅れるかもしれないと思ったので、途中でどこかに寄ろうと思い、お昼前に会社を出発。燕市内を通って、北越工業の会社の横を過ぎながら国道116号線に出て、左折して吉田方向へと向かった。
また岩室のお蕎麦屋さんにでも寄ってから行こうかなと思っていたが、ちょうど116号線と289号線の交差する春日町の交差点のひとつ前の『東栄町』という交差点の信号を過ぎた瞬間に左側に『手打ちそば』の看板がチラっと目に入った。

しかし、過ぎてしまったので春日町の信号を左折して戻った。

ここには伊勢丹があったのだが・・・と思いきや、店舗を立て直していたようだ。

次にサークルKを左折して、原信と吉田産業会館の間を進むと前方に『そば何処志のぶ』というお店があった。平日で空いていたので入ってみた。

やはり吉田の街中にあるので、蕎麦だけでなく、うどんもあり定食もあった。
店内をよく見るとセットメニューなどもあって、昔ながらの地元のお食事処といった感じだった。

お店を出たのは1時頃でナビの予定では1時40分頃の到着予定で、順調に国道116号線に戻り運転を続けた。

しばらく通ってなかったようで、懐かしく吉田から岩室までの国道を通りすぎた。
やがて西蒲区の巻に入ると、右に道が曲がっていて大きなバイパスに上がると、あっという間に抜けてしまって、西川に差し掛かった。
少し考え事をしていたらしく、ナビの左折の案内を聞き逃して直進していた。の後、修正したルート案内で押付というセブンイレブンがある交差点を左折した。
しばらく直進して右に曲がり、住宅地の中をぐるぐると案内の通りに進むと、川に出た。
橋を渡りながら、多分これが西川なのだろうと思いながら進むと公園があり、隣には学校があり、校門には『西川竹園高等学校』と書かれてあった。
「ここがあの西川竹園か」とつぶやきながら案内通りに旧西川町の中を走った。
越後線の線路を渡ると横に越後曽根駅が見える。

まったくもって初めて走る所だった。

その後、町を抜けるとさっと開けて、農地が続き、ようやく目的地に着いた。

201207-09.jpg


案内をひとつ聞き逃しただけで、なんとも不思議な体験をした・・・。

■『メイワサンピア』
住所:新潟市西区赤塚4627-1
HP:http://meiwasunpia.com/

fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 18:15