« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月号 タイトル

2012年04月30日

カツ丼『MATSURIYA』の巻(担当:高橋利典)

今回のオススメは、新潟市中央区のデッキー401の中にあるカツ丼屋さん『MATSURIYA』です。

トンカツ屋さんは和のイメージがありますが、このお店はモダンなイメージで椅子やテーブルなどデザイン家具みたいでオシャレな感じでした。
味も美味しく二段カツ丼などもあるので、ボリュームもバッチリあります。

ぜひ皆さんも行ってみてください!

-----------------------------------------------------------------

■カツ丼『MATSURIYA』
住所:新潟市中央区上近江4-12-20
TEL:025-281-6116
営業時間:11時〜21時
定休日:なし

toshinori.jpg

投稿者 fujita : 16:56

2012年04月29日

歳を感じる今日このごろの巻(担当:鹿間 正成)

こんにちは!今回は私自身の話です。

私は今22歳なのですが、最近「歳を取ったなぁ」と思うことが多くなりました。
以前は平気で朝5時ぐらいまで飲めていたのに、最近は2時ぐらいになると急に眠くなったり、カレーなどの胃に重い物を食べると胸焼けがしたりなど・・・。
それと温泉が今までより数倍気持ちよく感じ、今は月に2回ぐらい『ゆったりえん』などに行っています。

昔はこんな感覚がわからなかったので、ようやく少しは大人の入口に立てたのかな、と思う今日この頃です。

gochou.jpg

投稿者 fujita : 16:52

2012年04月28日

冬の車庫入れでヒヤヒヤの巻(担当:牛膓和輝)

今回危なかった話は、冬の時期の出来事です。

その日は深夜12時くらいに帰宅して、車庫の中へ車を入れようとすると、除雪車が除雪した雪が車庫の前にたまってました。いつものように車をいれてみたら、なんと車庫の中まで凍っており、スリップして車庫の柱にタイヤがぶつかってしまいました。
ヤバイと思いましたが、出入りする時にボディーが傷付くのを覚悟で車を動かしてみたら、なんとかうまく抜けられました。

あの時あせって車を動かしてたら、おそらくボディーがヘコんで結構な修理費になっていたと思います。キズが付かなくてよかったです・・・。

gochou.jpg

投稿者 fujita : 16:53

2012年04月27日

新潟市西区『とんかつぽるく』の巻(担当:金井 章)

先日、お昼ご飯食べに出かけたときのお店を紹介します。

新潟市旧黒崎にある『ぽるく』という、洋食屋です。
ふるさと村入り口の交差点のすぐ傍にあるのでちょっと入りづらいです。

201205-07.jpg
店に入ると、テーブル席が6席あり、厨房の前にカウンターが4席ほどあり、あんまり広いとは言えませんでした。
メニューは、洋食屋なのに、揚げ物がほとんどでした。
私はトンカツ定食をオーダーしました。
しばらくすると、ボールいっぱいのキャベツが運ばれてきました。
料理が来るまでのつまみみたいなものらしいですが、これだけでお腹一杯になりそうでした・・・。

ちなみにトンカツは肉厚で、美味しかったです。
店主がとてもいい感じの人でした。

-----------------------------------------------------------------

■『とんかつポルク』
住所:新潟市西区善久798-4
TEL:025-377-0766
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:木曜日(祭日の場合は休まず営業)
座席:32席
駐車場:3台

kanei.jpg

投稿者 fujita : 17:46

2012年04月26日

自動車の情報誌についての巻(担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!
様々な車に関する雑誌があるのをご存知ですか?

知ってるところでは『GOO』や『カーセンサー』などの中古車情報誌。
その名の通り、各店舗にある中古車の写真や詳細などが、掲載されています。
『カートップ』や『モーターマガジン』などの一般ユーザーに向けた雑誌。最新の車の情報やポテンシャルの比較などが、わかり易く掲載されています。

私も昔は、この様な雑誌を買ってた時期もありましたが、今は全然です。
これらの雑誌は書店で売っていますが、書店に売られていない自動車業界に向けた雑誌もあるんです。

具体的に言うと『日刊自動車新聞』。
当然、日刊なので毎日発行されています。自動車業界の動向などが詳しく掲載されており、当社の事務所に置いてありますので、見た事がある方もいっらしゃると思います。
三條新聞よりページ数は多かったかな?

『アフターマーケット』や『カードック』という雑誌。
車検時の売上を我々の様な町の車屋とディーラーとでの比較や、電気自動車への対策、故障が少なくなった現在の車にどうやって付加価値を付けて売上を上げていくか等が載っています。
車屋さんを紹介するコーナーも有ります。
社長さん達が自分の会社の良い所や悪い所、今後の展開など熱く語った事が書いてあります。当社も載った事があります。
皆さんは読む機会はないと思いますが参考になります。

201205-06.jpg書店に売られている、車屋業界向けの雑誌もあります
。『自動車工学』と『カーメインテナンス』です。両方とも大きな書店に行くと3冊ぐらい置いてあります。
最新のメカニズムや新型車の様々な事柄が載っていて、私が1番楽しみにしているのはメカニックが仕事している中での失敗談や苦労した事が載っているコーナーです。
実はこのコーナー大変、役に立つんですよ。
「みんな、様々な苦労してるな」とか「この人はここまで具体的な数字出して調べているのか」とか、自分が仕事で壁にぶち当たった時に参考になります。
このコーナーに掲載されると謝礼がもらえるんですよ。いくらかは判りませんが・・・。

皆さん、暇があれば一度読んでみてください。

fujita-y.jpg

投稿者 fujita : 17:42

2012年04月25日

新規契約での複数所有の巻(担当:高橋武史)

ようやく春が来て、お車のご購入をお考えの方も多いと思います。
家族の方が「車の免許を取って1台車を増やす」場合や「通勤用に軽自動車をもう1台増車する」などの時には是非一度、ご相談ください。

■自動車保険には、このような契約規定が有ります
<例>高校を卒業したお子様(18歳)が免許を取って自動車を購入し、同時に自動車 保険契約をする場合。

1.純新規契約・年齢問わず補償のノンフリート等級(以下等級)は6等級S(25%割増)となります。

2.複数所有新規特則適用の条件を満たしていると、同じ年齢問わず補償でも7等級S(10%割引)でのご契約が可能です。25%割増と10%割引では、その保険料差は大きくなりますよね!

■それでは『複数所有新規特則適用の条件』とは?
1.保有1台目の自動車保険契約の等級が「11等級以上」であること(お父様の自動車保険契約が11等級以上の場合など)。

2.2台目(増車)のご契約の「記名被保険者・車両所有者が同じ、配偶者またはその同居の親族」であること(お子様はお父様と同居している場合など)。

上記1.2.の条件に該当し、その他の条件も全て満たす場合に適用することができます。

ご家族内でお車を1台増やす場合は、複数所有新規特則の適用を確認しましょう!

-----------------------------------------------------------------

この記事は、自動車保険「複数所有新規契約者に対する特則」の概要を説明したものです。
ご契約にあたっては、必ず『重要事項説明書』をよくお読みください。
また、適用できる割引や特約等には一定の条件がある場合があります。
詳しくは「ご契約のしおり(約款)」をご用意しておりますので、必要に応じて代理店又は下記引受保険会社にご請求ください。
ご不明な点等がある場合には、代理店または下記引受保険会社までお問い合わせください。

お問い合わせ先
(取扱代理店)
〒955-0807新潟県三条市片口2番地2
アメニティカーショップフジタ(藤田自動車)
tel0256-36-5488

(引受保険会社)東京海上日動火災保険㈱(担当支社:新潟支店三条支社)
tel0256-33-2881

平成24年3月6日作成(11-T-12492)

takahashi.jpg

投稿者 fujita : 17:37

2012年04月24日

さよならシルビア…の巻(担当:五十嵐裕一)

ついに決断しました・・・、
以前の記事でも紹介しました愛車シルビア(S15)を手放すことにしました!

とても名残惜しいのですが、今の自分ではシルビアを存分に可愛がることが出来なくなってしまいました。
主に金銭面とかでね・・・。

ですが、とても良い思い出を残してくれた車でした!
買って数ヶ月の事故から始まり・・・、ゆかいな仲間たちとエビスサーキットへ行ったり、冬場は雪で何度もエアロが割れちゃったり(笑)。
文字にすると悪いことばかりのようですが、ナンダカンダ楽しかったので良しとします。

201205-05.jpgちなみに、次は車内が広々しているクルマ狙っています!
それと、暖かくなってくるとバイク乗りたくなってきませんか?

自分は悩み中なのですが、ホンダモンキーに乗りたいなーなんて思ってます。

igarashi.jpg

投稿者 fujita : 17:35

2012年04月23日

シルビア改造中!の巻(担当:熊倉俊之)

やっと暖かくなってきました。今年は寒い日が長く続きましたね。

今回は2年前に廃車したシルビアのお話です。

購入当時はノーマルの状態でした。それがいつしか改造車に(車検はちゃんと通ります)。
本当はまだまだ乗ってあげたかったのですが・・・、諸事情により・・・!今では自宅の車庫に眠っています。
周りには、いい加減邪魔だから処分しなさいと言われています。

でもまた公道を走行させたいな~。

そこで、この眠っている間にまた改造しようかなと思いました。
今までよりもパワーアップさせようとね。
実はかなり前から部品などは準備していたのですが、なかなか時間がなく作業することが出来なかったのです。

一通りの整備もかねながら作業開始!
まずは燃料ポンプ、インジェクター(燃料噴射装置)など部品を交換しました。
試しにエンジン始動!

アイドリング不調!やっぱり・・・。

このままでは、まともに走行できません。
そこで、エンジンのコンピューターを交換してみることにしました(チューニングしてあるコンピューターです)。

だがしかし、それでも不調!これは参った・・・。

全く関係ないのですが、エアコンコンプレッサーからもオイル漏れ!
今年は、このシルビアでサーキット走行したかったのですが、まだまだ時間が、かかりそうですね。
仲間において行かれそうです。

201205-04.jpg

kumakura.jpg

投稿者 fujita : 17:32

2012年04月22日

三菱『ミニキャブ・ミーブ』の巻(担当:藤田英昭)

大容量で積み荷の持ち運びにもってこいの電気自動車が三菱より登場しました。
産休の細野夕子になり代わり、藤田英昭がお届けします!

201205-02.jpg

★たくさん運べるので使い道は多種多様です
長さ・高さ・幅と非常にゆとりのあるスペースになっております。
運送・水道工事・電気工事・ガス工事・弁当販売・豆腐店・牛乳配達・ベーカリー・生花店・酒店・クリーニング店など、あらゆるお店の頼れるパートナーです。

★電気自動車なので経済的かつクリーンな持ち運びが可能
ガソリン代がゼロで、充電も夜間に行えば夜間電力で経済的です。走行中のCO2や汚染物質の排出がゼロなので、食品や花などをなるべく汚さずクリーンに運搬できます。

201205-03.jpg


fujita-h.jpg

投稿者 fujita : 17:28

2012年04月21日

チョットブレイク!その3の巻(担当:谷江正信)

意外に人気のバイクシリーズのパート3です。

興味ない人はごめんなさい!

前回は125cc時代まででしたが、今回は250cc時代のお話です。

憧れの250ccクラスにステップアップ!
96年のレース前日の公式練習中に、マシンが焼き付いて転倒しました。
3速前回でコーナーから立ち上がる所で、かなりスピードが出ていたので『ハイサイド』っでヤツをくらいました。
頭を打ったので、意識を失って病院へ直行でした。

実は結婚式の翌週だったんですね~。
マシンも壊れたし、結婚もしたので!?憧れの250ccクラスにステップアップすることにしました。
125ccに比べるとレース費用が倍以上になるので、かなりの決心でしたが、やっぱり250のマシンはカッコイイですから!

HONDA『NSR250』!
翌年の97年から、ついに250ccクラスにステップアップしました。
250ccクラスは、ホンダ、ヤマハ、スズキの各メーカーがしのぎを削っていました。
私はホンダ派でしたので、マシンはNSR250です、嬉しかったですね~。
97年、98年の2年間NSRで戦いました。

99年からはヤマハのマシンにスイッチしたんです。それはまた今度のお話で。

おまけ!
実は結婚式→転倒→新婚旅行という流れでしたので親父にかなり怒られました。
当時は、あんまり気にしていませんでしたが・・・。

あっ、ちゃんと予定通りに行きましたよ、新婚旅行!

201205-01.jpg


tanie.jpg

投稿者 fujita : 17:24