« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月号 タイトル

2011年12月01日

家が流されてしまい・・・の巻(担当:坂田欣平)

今回は9月にこのコーナーで書いた、テレビがなかった時の記事の理由をお話しますね。
実は私は、7月29日の水害で家と車庫を流されてしまいました。

当日、私はいつも通り会社で仕事をしながら朝から降り続く雨を見て、家の前の川は大丈夫だろうか?などと考えていました。夕方になると兄から電話があり、自分と母はもう避難所にいるとのこと。
17時になると同時に避難所へ行き、家の様子を見に行くと、家の前は既には8割ほど崩れ落ちていました。

翌日の朝、私も現場を見て唖然としました。
道路は数百メートルに渡って削られてなくなっており、私の家も土地も消えていました・・・。
涙も出ないとはまさにこのこと。
道路と土地が復旧されても、また同じ場所に住むかどうかは考えていません。

何より私たち3人の体が無事であったことが幸いです。皆さまにはご心配、お見舞いなどを頂き本当にありがとうございました。
今は仮住まいですが、特別不自由もなく暮らしております。

sakata.jpg

投稿者 fujita : 11:02