« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月号 タイトル

2010年12月30日

老眼の次は痴呆でしょうか?の巻(担当:坂田欣平)

私は三条市内などで、アマチュアバンドのコンサートがある時は、時々見に行きます。
先日も三条の市民会館で開催されるというので行った時の話です。

開催は昼過ぎからでしたので、ちょっと腹ごしらえをしてからと思い、市内のケンタッキーのドライブスルーに寄りました。
メニューの中から品物を選び、店員さんが料金は○○○円になりますと言われたので、私は支払いの準備をして、お金を店員さんに渡そうとした時です。

私のお金を受け取ってくれる店員さんはいません。

それもそのはず、私は注文をする所で、支払いをしようとしていたのです。
当然、支払いの窓口は商品を受け取る所です。
かなり、恥ずかしい思いをしながら窓口で、支払いを済ませました。

この時、私は思いました。老眼の次は痴呆が待ち受けていたのか?と・・・・・

sakata.jpg

投稿者 fujita : 09:23

2010年12月29日

ANAクラウンプラザホテル神戸の巻(担当:藤田英昭)

今年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』は坂本龍馬、福山雅治、幕末といった条件がそろい、高い視聴率であった。私も毎回楽しみにして、見れない時は留守録は欠かせなかった。がしかし、前回の天地人と違い、当時の場所に行ってみることが出来ない。土佐、京都、長崎、薩摩とここからでは簡単に赴くことは出来ない、せいぜい江戸で剣術を習ったところくらいだろう・・・。

ところがこの度、神戸へ行くことが出来きた。
当社で扱っているザーレンオイルの全国大会が神戸で開催された。初めて伺う神戸であった。大阪へは何度か行ったことがあるので、飛行機で新潟から伊丹空港へ行き、そこからバスに乗って、神戸三宮駅前で降ろされた。当然初めてなのだが、三宮駅のビルには見覚えがあった。そう1995年の阪神淡路大震災の時に映し出された、JR三宮駅の一部駅ビルの風景がこころに残っていた。ぐるりと見渡してもその他は何処に地震があったのだろうと思わせるほどのデパートや高層ビルが立ち並んでいた。そうすると、今乗って来たバスで走った高速はあの無残にも崩れていた高速道路になる。時が経つのは早いものだ。海側の反対に目をやるとすぐ近くにまで山が迫っていた、しかし、その山の麓まで、近代的な建物でびっしりと埋め尽くされていた。本当にたった140年くらい前まではあの「神戸村」だったところなのか・・・。

201012-07.jpg会場のANAクラウンプラザホテル神戸は、その山の麓にあった。また近くには新幹線の新神戸駅があった。その新幹線は駅の建物だけあって、前後の線路はトンネルになっていた。山の麓の少しの沢に駅を作って、あとは山の中しか線路を伸ばすしかなかったようだ。神戸海軍操練所を開き、ここでのちに坂本龍馬率いる海援隊のメンバーが船の操りや諸外国のことなどを学ぶことになる。勝海舟は世話になった地元の者に、「今のうちに土地を買っておくといい」といったそうだ。数年前、あのキムタク主演で話題になった「華麗なる一族」の舞台となったのもこの神戸。その時にこの辺りの土地の形状が解かっていたらとつくづく思う。ここであの中越並みの大地震があったとは・・・・・

■ANAクラウンプラザホテル神戸 http://www.anacrowneplaza-kobe.jp
■神戸海洋博物館 http://www.kobe-meriken.or.jp/maritime-museum/

fujita

投稿者 fujita : 09:18

2010年12月28日

三菱のリコールの巻(担当:高橋利典)

今回苦労した仕事は、三菱のリコールです。三菱自動車は主力車種のミニカ・ekワゴン・ミニキャブなど計24万7663台のリコールを国土交通省に届け出ました。該当年数は2003年11月から2005年8月生産の車種です。

内容としては、エンジンの回転軸のオイルシール(クランクシャフトオイルシール)の部品が変形などでオイルが徐々に漏れ、そのまま使用続けるとエンジンが焼き付き走行不能になる恐れがあるとの事です。

該当されるお客様は当店でも作業が出来ます。作業時間としては3時間程度で出来ます。お気軽にお問い合わせ下さい。

作業内容は、エンジンの外ベルト→タイミングベルトカバー→タイミングベルトを外します。そこから、クランクシャフトプーリーを外し、オイルシールを確認し、漏れていなければ漏れ防止のプレートを取り付けます。漏れていたら、オイルシールを交換し、その後は外した部品を取り付けます。

作業は3時間程かかりますが、タイヤ交換などの忙しい時期と重なるとスムーズに作業が進まない事もあり、1日お預かりする場合もあります。皆様にご迷惑をおかけする事もあるかと思いますがご了承下さいませ。m(._.)m

期限はないので、ご都合のいい日にお気軽にお越し下さい。

201012-06.jpg

toshinori.jpg

投稿者 fujita : 09:14

2010年12月27日

月岡温泉・湯足美の巻(担当:鹿間 正成)

最近はすごく寒くなり、朝起きてから布団を出るのがとても辛い時期になりました。そんな寒い時期にオススメするスポットは新発田市の月岡温泉にある足湯「湯足美(ゆたび)」です。
私はいくつかの足湯に行った事がありますが、月岡の足湯はとても広く、カップルシートやグループ席などもあり、デートで行っても友達といってもゆっくりできます。また日曜日には、中央のステージで芸妓の舞いを見る事ができます。寒い日に外出するのは辛いですが足湯に入っていると体がポカポカしてくるので、ゆったりとした休日を過ごしたい人はぜひ行ってみてください。

ちなみに夜に行った方が雰囲気も出ていいですよ。
ちょっと寒いですが・・・

■新発田市・月岡温泉
営業時間:7:00~22:00
定休日なし
料金は無料

gochou.jpg

投稿者 fujita : 18:54

2010年12月26日

ロングライフクーラントの巻(担当:牛膓和輝)

今回私がオススメで紹介するものは、ロングライフクーラントというものです。

クーラントはエンジンの冷却水です。もちろん大事なものです。車検や点検で変えることが多いもので、二年毎交換か距離で交換するのものです。車によりますが、二年ごとではなく七年まで交換しなくていいものなどあります。

クーラントは液体なので、長年のったりしてると漏れたりすることがあります。漏れたままにすると液がなくなり、エンジンのオーバーヒートをおこしたりしますので、漏れたら修理が必要です。そこで紹介するものがクーラントの漏れ止めです。ラジエーターに注入するだけで、水漏れ箇所を簡単に補修できます。

事前に入れておけば水漏れ発生直後、即座に漏れ止めができます。永久補修型なので再度冷却水を交換しても漏れないです。

gochou.jpg

投稿者 fujita : 18:52

2010年12月25日

間一髪のところで・・・の巻(担当:金井 章)

以前、車を運転中に危ないと感じたことを紹介したいと思います。

それは、私が仕事が終わり帰宅している途中のことです。まだ夏場だったので夕方でもライトをつけなくても明るいくらいでした。そのせいかちょっと油断していたのかもしれない。403の国道から交差点を曲がり、農道の方に行く道を通ります。私の前にはバンタイプの車が一台いました。

しばらくして前の車が、自分の会社と思われるところにはいるために、左のウィンカーをあげて曲がろうとしたので、私はそのままスピードを落とさなくても行けると思い通過しようとしたら、前の車が頭半分くらい入って急に止まりました。その時、まるでスローモーションになったみたいに、頭の中で今ブレーキを踏んでも間に合わない。なんとか避けるしか!と反対車線からは対向車が目の前に・・・、もうダメだと思いました。しかし、間一髪のところで回避できていたみたいでした。

かなり、ヒヤッとしました。寿命がちぢまりました。

image

投稿者 fujita : 18:49

2010年12月24日

デジタルテレビがやってきたの巻(担当:藤田義彦)

皆様こんにちは!
2011年7月24日をもって地上アナログ放送が終了し、デジタル放送に完全移行しますね。皆さんはもうテレビを買い変えましたか?

ついに、我家にもデジタルテレビがやって来ました。テレビを買う際にはいろいろ悩みました。高い買い物ですからね~。
最初はP社のビ○ラにしようと思っていたのですが(デジカメがP社製品でビ○ラリンクが出来ると思ったから)、知り合いやネット等で情報を得るうちに考えが変わってきました。各社それぞれ特徴がありますが3社に絞る事に・・・。

候補はP社のビ○ラ、T社のレ○ザ、S社のアク○ス。価格に対する機能性、画質、我家での使用環境等を考えて、まずは某Y田電気で下見をする事に。3社の画像の鮮明さや市場価格、画面の大きさを比較して家族会議を開く。結果はT社のレ○ザに決定。そして、意気揚揚とJ電気屋さんへ!なぜJ電気屋?Y田電気で下見しているのに?実はJ電気屋には友人が勤めているので、そちらで購入する事に(Y田電機さんごめんなさい)。
「T社のレ○ザが欲しいんだけど」と友人に言うと「ん~レ○ザか~、いいんだけど液晶なんだよね」と言われ私の頭の中に???浮かぶ。なぜ液晶だと???みんな液晶じゃないの?友人が一言「メーカーによって違うんだよね」。そうだったのか、私は初歩的な事を知らなかった・・・。「小さい子供がいる家はプラズマの方がいいよ」と言われ、なぜならプラズマはガラスが張ってあって、子供が画面を叩いてもブロックしてくれるし、液晶だと画面に傷が入ると直せないとも言われた。また、振り出しに戻ってしまった。妻とその場で考え出した結論がP社のビ○ラでテレビのグレードを少し下げてブルーレイディスクレコーダーを合わせて買う事にした。

201012-05.jpgやっぱり、デジタルは綺麗に写るし、駅伝を見ているとデータ放送で母校の順位がわかる(画面に映っていないので順位は下位のほうか!)。録画がすぐ出来るので子供も好きな番組をバンバン録画しています。お勧めはと言われるとどこのでもいいと思います。ただM社のリ○ルはちょっと・・・。

PS、我家のリビングに42型はちょっと大きかったかな?

image

投稿者 fujita : 18:46

2010年12月23日

あなたの自動車保険をチェックの巻(担当:高橋武史)

アンケートにお答えいただくことで、あなたにあった自動車保険を提案させていただきます。皆さんも下記の項目をチェックしてください。

【1】同居の親族の中で、ご契約のお車を運転する一番若い方の年齢は?35歳以上・30歳以上・26歳以上・21歳以上・20歳以下

【2】ご契約のお車を運転する方の範囲は?自分と配偶者だけ・自分と家族だけ・家族以外も運転する
※自分とは、記名被保険者(ご契約のお車を主に使用する方)をいいます。
※家族とは、記名被保険者の同居の親族および別居の未婚の子をいいます。

【3】ご契約のお車を主に使用する方の免許証は、何色ですか?
ゴールド・ブルー・グリーン

【4】ご契約のお車の使用目的は?日常やレジャー使用・通勤や通学使用・業務使用

この4つの条件と、ご契約のお車を運転する方の条件が正しく設定されていないと、無駄に保険料を高く支払らっている場合もあるし、保険金が支払われない事もあります。
ぜひお車の車検と一緒に自動車保険も点検してはいかがですか。

takahashi.jpg

投稿者 fujita : 18:42

2010年12月22日

群馬県にある秘湯に行ってきたの巻(担当:五十嵐裕一)

ある日の休日、仲間と以前から計画していた宝川温泉に日帰りで行ってきました。
自宅のある三条市から高速道路にのって目的地を目指しました。途中パーキングエリアで休憩をとりながら、関越トンネルを抜けて群馬県へ。
しばらく走ると水上(みなかみ)インターが見えたらそこで降ります。ここまで自宅から2時間位でつきました、さらに山道を30分くらい走るとやっと目的地に着きました!けっこう遠かったです。

宝川温泉地帯は山に囲まれていて、まさに秘湯という感じがしました。
駐車場には県外ナンバーの車が多く止まっていて、人気の高さを感じました。早速、中に入ろうとすると入口で大きな熊の剥製が迎えてくれます。中には食堂もあり、地元の食材が食べられます。入浴券を買い、順路にそって大露天風呂に向かいました。
歩いていると途中にくじ引きができたり・・・、生きた熊を鑑賞できたりします。10分位歩くとやっと脱衣所につきます。

201012-04.jpg温泉に入ろうとするとなんとビックリ!混浴でした!!!
初混浴でしたので最初は恥ずかしかったのですが、慣れてくると温泉を楽しめました。
大自然に包まれた開放感があるお風呂が3種類あり、硫黄の香りがかすかに漂い、心の底から安らげるいい温泉でした!

■水上温泉郷宝川温泉・汪泉閣
群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
TEL.0278-75-2611
http://www.takaragawa.com/
朝9時から夕方5時まで1,500円4時から5時まで1,000円

igarashi.jpg

投稿者 fujita : 18:38

2010年12月21日

あれ?何が起きたのかな?の巻(担当:熊倉俊之)

あっという間に朝晩冷えてきましたね。やはり新潟の冬は寒いですね。

今回のお話は、ちょうど寒くなり始めた頃のことです。
仕事も終わり、さて家に帰ろうかな!いつものように愛車に乗り込みました。この日は寒く、車のフロントガラスが曇っていました。エンジンをかけてフロントガラスをふき取りいつものように発進!
しかし・・・この日はいつもと違いました。何が起きたか一瞬分からなかった・・・、気が付いた時には斜めになっていました。そうです!すぐ目の前の田んぼに愛車が落ちていました。
あ~~、何してんだろう。

車から降りて状況を見てみる。
自力での脱出はムリ!
そこで、社長にTEL(夜分遅くにすみませんでした)。

状況を説明、助けてもらうことに。田んぼから車両を引き上げようと牽引ロープを使い、引っ張ったりしましたが、車両の角度や足場が悪くてどうしようも出来ませんでした・・・。困った!何とかしなきゃと思い、自動車保険のロードサービスを使用し、車両引き上げをお願いしました。しばらくして現場にレッカー車両が到着しました。

しかし、車両を上げるのはなかなか難しい感じでした。何度かいろいろな方法を駆使してようやくフロントタイヤを道路まで引き上げることが出来ました。後は一気に車両を引っ張り上げるだけ。そして、愛車は無事に道路に復帰できました。終わった時間は日付が変わる直前でした。

作業に関ってくれた皆様ご迷惑おかけしました。また、ありがとうございました。
そして、愛車は泥まみれ、左フェンダー&Fバンパー&R左ドアなど何箇所が、車両引き上げの際に破損!このくらいですんだのでよかったのかもしれません。
画像は事故後の画像です。

201012-03.jpg

皆様も自動車のトラブル等に遭われた際は、ロードサービスをお使いください。とても親切丁寧な対応でしたよ。

kumakura.jpg

投稿者 fujita : 18:32

2010年12月20日

ダイハツムーヴ&ムーヴカスタムの巻(担当:細野夕子)

1995年に1代目が発売され、今回5代目となるムーブ&ムーヴカスタムの登場です。

201012-01.jpg

★ガソリン車(ハイブリッドを除く)トップの低燃費!
その秘密は? エンジンを改良、全車にCVT採用、現行型より約30㎏の軽量化に成功。LEDストップランプ で電気負担を軽減!さらに、新開発のアイドリングストップシステム(X、Xリミテッド、カス タムG)で、27km/ℓ(10.15モード)の低燃費を実現しました。

★車内は軽自動車トップクラスの快適空間
車内の静かさはコンパクトカー並み。室内も広々トップクラス!インパネシフト部を小型化す る事で、前席足元が広々に!

201012-02.jpg

200911-2

投稿者 fujita : 18:27

2010年12月19日

ハイブリッド車ってみんな同じの巻(担当:谷江正信)

まだまだ話題のハイブリッド車!同じハイブリッド車(以後HV)でもメーカーが違うと考え方や仕組みがかなり違うんですよ!知ってました?
今回は、トヨタとホンダのHVの違いの巻です。

★ホンダ・フィット
HVフィットのHVはインサイトと基本同じ物を使用しています。ホンダのHVの考え方は、モーターアシスト付きエンジンです。エンジン(1.3ℓ)出力88PS、モーター出力14PSでシステム出力は、98PSになります。1.3ℓのフィットが99PSですから、ほぼ同じです。あくまでもエンジンをメインに効率よく利用して、モーターでアシストする考えです。モーターの発電は基本的には、減速時のエンジンブレーキ時にモーターを発電機代わりにして行います。最大のメリットは、エンジンとミッションの間に約10㎝モーターを挟めるスペースと小型のHV電池を置けるスペースがあれば、どの車にもミッションの種類(AT、CVT、MT)を問わず、低コストでHVに出来ます。

★プリウスHV
トヨタのHVの考え方は、エンジン付き電気自動車です。エンジン(1.8ℓ)出力99PS、モーター出力82PSで、システム出力は136PSで、2.4ℓクラスの動力性能があります。モーターだけでも1.3ℓのヴィッツと同じぐらいの出力があります。発電はHVバッテリー用の発電機とモーターを発電機代わりにブレーキをかける、回生ブレーキで行ないます。この回生ブレーキは強力でプリウスの最大の特徴だと思います。中、低速域であれば約80%ぐらいの減速はモーターで行なっています。つまりブレーキペダルを踏んでも、実際にはタイヤに付いている普通のブレーキは作動していません。この回生ブレーキはプリウスの燃費改善の4割ぐらいを占めるらしいです。構造上、無断変速ですが普通のミッションは無くて、エンジン、発電機、モーターの回転数の組合せでミッションの代わりをしています。不思議でしょ?出力に対する燃費は有利ですが、コストが掛かっています。

★HV最大のメリット
通常の車は、減速したエネルギーはブレーキで熱くなって捨てています。HVは減速エネルギーを電気に換え、バッテリーに一時貯めます。そのエネルギーを使って最加速する時、使用出来るため燃費が良くなります。例えば、60kmから10kmまで減速した場合、フィットHVは回収したエネルギーで25km程度まで加速できます。プリウスは回収エネルギー大きい為、45km位まで再加速できます。フィットとプリウスの回収エネルギーは3.5倍位あります。その為プリウスは、でっかいバッテリーを積む必要があります。

皆さん、違いが、なんとな~くわかりましたか?HVと言っても、かなり構造が違います。詳しく書くと、長~くなるのでやめときますが、メーカーの考え方の違いが出でいて結構面白いです。分かんない事があったら聞いてくださいね。

tanie

投稿者 fujita : 18:23