« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月号 タイトル

2008年11月12日

今回はハイブリッドカーのお話-2

プリウスのお話しを先月紹介しましたが、今月はプリウスのバッテリーについてです。
実はプリウスには、2つのバッテリーが積んであります。

プリウスのバッテリーって!?

1つは、言わずと知れたハイブリッドバッテリーです。これは、ニッケル水素バッテリーでハイブリッドシステムで使います。現行プリウスは202Vを約500Vに昇圧しています。しかも、直流電圧なので、整備時に感電するとまず死んじゃいます。ですのでハイブリットバッテリーの整備に関しては、低電圧作業者の資格がいります。でもご安心!室内に高電圧システムはないので、一般の方が感電することはありません。

もう1つは、通常のバッテリーです。室内装備やハイブリッドシステム以外は、一般の車と同じく12Vで作動しているため、普通のバッテリーもあります。このバッテリーを上げてしまうと、エンジンの始動はできません。この辺は普通の車と同じですね。

心配なバッテリーの寿命は?

ハイブリットバッテリーはコンピューターで厳密に充電管理しています。異常があった場合はすぐに警告ランプが点灯する仕組みになっています。ハイブリットバッテリーの寿命に関して色々噂が流れていますね。たしかに初代プリウスは寿命に問題があったらしくかなり交換したらしいです。値段は40万円と高額でしたが、メーカーが無償で交換したみたいです。

しかし、現行のプリウスは改良と低価格化が進み、耐久性は基本的に車の寿命以上確保されているようです。もし交換が必要になっても、部品で13万円ぐらいです。
また、低速走行時はモーター走行のみのため、異常に静かです。
歩行者は後ろから近づくと全く分かりません!ドライバーは注意が必要です。
イギリスだったかでは危ないんでスピーカーでエンジン音を出すとか言ってるらしいですよ…

200812k.jpg

投稿者 fujita : 12:07

2008年11月11日

10項目点検はすっごく大事(2)

当店ではオイル交換をすると10項目の点検を無料で行います。
実はこの点検がオイル交換よりも重要なんです。前回は5項目の点検を紹介したので、今回は残りの点検を紹介します。

点検⑥バッテリー点検

バッテリーの劣化やバッテリー液の量を点検します。最近のバッテリーは高性能化になって寿命も長くなりましたが、急にパワーダウンしてしまう特性があります。昨日まで使えていても、翌日突然弱くなってエンジンがかからなくなってしまう事があります。交換の目安としては3年ごとの交換がおすすめです。

点検⑦冷却水の点検

エンジンの冷却水の量と劣化の点検をします。冷却水が漏れて不足しているとエンジンのオーバーヒートの危険性があります。
オーバーヒートしてしまうとエンジンが使えなくなってしまう場合もあり、載せ換えになってしまうことも…。その他にも冷却水には防錆能力があります。この能力は時間と共に低下してきますので、長い間交換しないでいるとラジエーターなどの部品が錆びて穴が開いて水漏れしてしまいます。定期的に交換しましょう。
冷却水は2~3年の交換がおすすめです。

点検⑧ベルト類の点検

エンジンの外側に掛かっているベルトの張りとベルトのひび割れなどの劣化を点検します、もしベルトが切れてしまうとバッテ
リーが上がってしまったり、ハンドルが重くなったり、エアコンがまったく効かなくなったりします。その他にも張りが弱いとエ
ンジンを掛けた時などにキュルキュルなどの高い音が鳴ります。
これはベルトが滑っているんです。ベルトが滑っていると劣化も早まってしまいます。定期的に点検しましょう。

点検⑨ワイパーの点検

これは皆さん知っていますよね(笑)。雨の日にワイパーのふき取りが悪いと視界が悪くなって危険ですし、気分も良くないで
すよね!ふき取りの良いワイパーは気持ち良いですよ。

点検⑩タイヤの点検

タイヤの磨耗状態や空気圧・ひび割れなどの点検をします。タイヤが磨耗していると雨の日などにスリップ事故につながりますので、溝の無いタイヤは早めに交換しましょう。また空気圧が少ないとタイヤの磨耗が早くなる他に燃費が悪くなります。空気圧をこまめに点検するだけで一ヶ月のガソリン代もだいぶ浮きます。

投稿者 fujita : 13:30

2008年11月10日

白根・瑞雪楼の巻

ずっと前から行ってみたいお店があった。

白根にある「瑞雪楼(みゆきろう)」とういう和食のお店である。外観からするとかなり高そうなお店だが、実際はどうなんだろうと思っていた。


覚悟を決め、緊張しながら中に入る…

白根の街中を抜けると程なくして、左側にその「瑞雪楼」が見えてきた。
手前が駐車場、その後ろがコンクリートに覆われていて、更にその後ろが竹林が覆われていて建物を隠している。

そして、入口らしき処にこう書いてあった。
「決して敷居の高いお店ではありませんので、お気軽にお入りください」。これでは敷居の高いお店だと言っているようものである…。

覚悟を決め、緊張しながら中に入るとコンクリートの内側は一変する。

石の通路の左右には林が広がっていて、地面には綺麗な苔が敷き詰められ、木漏れ日が差し込んでいる。その間を小川がチョロチョロと音をたてていた。

その奥には和風モダンな建物があり、中から和装の仲居さんが現れ、「3名です」と答えると左手を案内され、奥の広間に通された。
中に入るとふわーと全面ガラス張りの大広間に何組か席があり、さっき見た庭の景色がどこからでも見渡せた。

もうこんなに食べるようになっていたとは…

席に着いて、メニューを開くにも勇気が必要だったが、意外なことにランチメニューは、御膳や釜めし、そば、うどんと種類も豊富で値段は1500~2000円位である。

少しホッとした。

その中に、ざるそば1100円とあった。よしこれにしよう。あとは子供は1500円の握りとそばのセットで少しは残すから、それをもらえばいい。

食事が運ばれてきて、子供と並んでそばをすすり始めたが、そのあとで握りが5貫きたので、それを息子に食べさせ、そばを少しもらって食べていた。

がしかし、さくさくと寿司も食べ終わり、またそばに移った。

もらう暇がなく小2の子供は終わってしまった。もうこんなに食べるようになっていたのは誤算だった。
しかも物足りなそうだったが、物足りないのはこっちのほうだ…。

確かに頼む際に仲居さんが「大盛、中盛、小盛とありますがどちらになさいますか?」と聞いていた。正面の豪勢な御膳を楽しんでいた家内の刺身と天ぷらを貰って、その後そば湯を2杯くらい飲んでやっと落ち着いた。敷居の高さよりも大盛を頼むことが肝心だ・・・

200812d.jpg
★瑞雪楼…新潟市南区保坂293-1 Tel.025-372-0800

投稿者 fujita : 13:42

2008年11月09日

「対物超過修理特約」の巻

キィードン…。

Aさん「ぶつかった…、ごめんなさい保険で修理費払いますから」

Bさん「いいよ、直してくれれば。お互い保険で直せるでしょう」

そして数日後…、保険会社「Aさん、Bさんのお車の修理費見積もりが出ました」

Aさん「いくらですか?」

保険会社「見積もりだと20万円なのですが、残念なことにお車が古いため全損で5万円しか出ません」

Aさん「・・・」

Bさん「もしもし、私の車全損で5万円しか出ないんですけど。車が古いからって言われても私は大事に乗っていたんですから。ちゃんと直してもらわないと困ります。5万円で車も買えないし。あなたが飛び出してこなければ事故にならなかったんですから」

Aさん「どうしよう…」

こんな時に活躍するのが対物超過修理特約です。

この特約は対物事故により相手の車(Bさん)の修理費と時価額(車の価値、この場合は5万円)との差額分を過失割合に応じて50万円を限度に支払うという特約です。この特約に入っていれば、Aさん、Bさんみたいにもめることはありません。

投稿者 fujita : 13:47

2008年11月08日

新型デビュー“ワゴンR”“ワゴンRスティングレー”

販売台数、保有台数 No.1のスズキワゴンRがフルモデルチェンジしました!
新型デビュー“ワゴンR”“ワゴンRスティングレー”

200812c.jpg

5年連続軽No.1の座を守ってきた人気のワゴンR。
強敵が続々現れる中、グレードアップした4代目ワゴンR登場です

★燃費も走りもパワーアップ

CVT車では23km/ℓ、4AT車では22.0km/ℓ(どちらも2WD、10.15モード燃費)を達成しました!しかも今回は、4WD車でもCVTが選べるようになりました。

ターボ車は、新開発のターボエンジンを採用し、燃費・加速性能のどちらも向上!
ターボ車2WDで21.5km/ℓ(10.15モード)と、前モデルから14%も向上しました。
また、街乗りでの実用的な燃費は、スズキ独自のテストで、前モデルより約23%も向上しました。期待できそうですね♪

★スペシャル装備満載!ほんの一部を紹介しま~す!

キーレスプッシュスタートシステムが標準装備(FA/FXを除く全車)!
スティングレーには、空気圧警報システムが標準装備されていて、どれか1輪の空気
圧が低下すると、警告灯が点灯してお知らせします。

また、スティングレーT/TSは、パドルシフト+7速マニュアルモード付きCVT搭載
で、その日の気分でスポーティーにドライブを楽しんだりできます♪

200812c2.jpg

投稿者 fujita : 13:53