« 2007年01月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月号 タイトル

2007年03月31日

外車のサービスインターバルランプ点灯でお困りの方へ

一部外車の中には、一定距離走行または一定期間が経過すると、メーター内にオイル交換やメンテナンスを催促するサービスインターバルランプが点灯する車種があります。

例えば、フォルクスワーゲン、アウディー、ボルボ、BMW、ベンツなどです。ベンツの場合は、スパナマークが点灯します。これらは一回点灯するとオイル交換を行っても消えません。消すためには、専用の診断機が必要なためディーラーに行くか、診断機などを持っている整備工場に行くしかありません。

そこで今月はサービスインターバルランプについてお話します。

サービスインターバルランプを点灯させっぱなしの方へ


点灯すると基本的にディーラーでの対応が多いと思いますが、中古車をディーラー以外で購入した場合など「ディーラーに頼みにくかったり」「料金が以外に高かったり」「近くにディーラーがない場合」などの理由で点灯したままの方も多いと思います。
また、並行輸入車などはディーラーでは対応してもらえない場合もあります。ボルボやBMWなどは、近くにディーラーがなく大変だと思います。ボルボの場合は…、SUBARUさん、やめちゃいましたしね。

当社におまかせください!


当社では、先にあげたメーカーは基本的に作業可能です(一部車種は年式等によってできない場合があります)。
作業料もオイル交換時などは無料ですし、消灯作業だけでも1,000円程度でさせて頂いています。
また、サービスインターバルランプだけではなく、アメ車も含む外車の故障診断も可能ですので、お車の調子が悪い方やメーター内にチェックランプが点灯したなどで「どこで直していいか判らない」方や「うちでは直せない」と断られた方は、一度お気軽にご相談ください。


k-37.jpg
↑これがサービスインターバルランプ

投稿者 fujita : 23:03

湯沢のドライブ日記

ある日、湯沢に出掛ける事があった。
湯沢駅前の温泉街で働いているイギリス人にレンタルしている車の交換をお願いしてあった。
今年はご存知のとおりの小雪であるが、その日はめずらしく雪がちらついていた。
高速道路を走っていても、いつもの冬の関越道らしくない景色は少し寂しい感じがある。
しばらくして、片貝の直線道路では周りは白くなってはいたが、棚田の形や行き交う車などで積雪の薄さが感じ取れた。

懐かしい思い出がよみがえる。


越後川口にでると雪の量が増え、おまけに道路にも雪があり、今シーズン初の雪道の運転に体が緊張した。
小出から六日町にでると、雪が止まり少しほっとした。その先には舞子高原や石打丸山スキー場の山肌が見えてきた。
かなり昔の事になるが、映画「私をスキーに連れて行って!」が大流行した頃、この辺りはたくさんのスキー観光客でにぎわった。高速道路も関越トンネルが1本しかなく、いつも週末は大渋滞で東京から湯沢まで丸1日掛かることもあった。
当時東京に住んでいた私は苗場に行こうと思って、仕事が終わってから夕方会社を出て、新幹線で三条の実家に戻り、そこから車で出掛けた程であった。その時、夜の9時くらいだったと思うが、塩沢、石打付近の高速道路はナイターの夜景があちこちからきれいに照らしてくれて、はやる気持ちを抑えながら走った。
当時、どこのスキー場でも、リフト待ちが1時間、2時間は当り前だった。ゲレンデは決まってユーミンの歌が流れ、リフト待ちの長蛇の列はさながらファッションショーのような色とりどりのウェアであった。自分も青山のショップでウェアを買い、秋葉原のお隣の神田でロシニョールの2mのスキー、チロリアのビンディング、ダハシュタインのブーツとスコットのチョット曲がったストックと結構凝っていたものだった。

今度はゆっくりと湯沢にこようか。


湯沢の温泉街に行くには、塩沢ICで降りて、国道17号線を走る。
いつもなら雪の壁が左右にあるのだが、今年はそれがなく見通しが良い。ガーラの駅で右に曲がり、湯沢の温泉街に入る。
そこでイギリス人に連絡した。
すると、湯沢グランドホテルにいると言う。
その下のコンビニの前で待った。
しばらくして彼とその友達二人が降りてきた。
温泉に入っていたようだ。
夜近くのバー「bottle bar」で働き、たまに昼間来るようである。
今度はゆっくりとこの温泉街に来て、夜はこのバーで、学生たちの話を盗み聞きでもしようかな・・・

d-37.jpg

d-37-2.jpg

投稿者 fujita : 13:29

2007年03月30日

ワゴンR“STINGRAY”誕生

★音響にこだわっています♪♪
 ハイグレードサウンドシステム(DIに標準)は、クラリオン製のドアスピーカー4つ
 とフロントツイーター2つ、運転席下のサブウーハーの7スピーカーで、迫力のサウン
 ドを実現! 他のグレードもウーハー以外の6スピーカーが標準装備!
★新色デビュー!
 「スパークブラックパール」が新しく追加されました。
 カッコいいですよ~(^0^)/
★ウレシイ装備も充実しています!
 光が強くて切れにくいディスチャージヘッドランプは全車標準装備。
 キーを近づけるだけで鍵が開き、離れると閉まるキーレススタートシステムも全車標準
 装備。

c-37.jpg
c37-2.jpg

投稿者 fujita : 13:37

静電気トラブルすっきり解消法

静電気でお困りの方、必見です!これで安心、静電気攻略法。

 車から降りようとドアに触ったら「バチッ」!こんな経験はありませんか?これが静電気なんです。イヤですよね。
そこで今月は、静電気攻略法をご紹介します。

静電気はなぜ冬に起こりやすい?


 地球上のすべてのものには「+」と「-」がバランスよく存在しており、電気的には中性状態です。ところが摩擦などでそのバランスが崩れ、電気を通しやすい物に触れた時にもとのバランスのとれた状態に戻ろうとして放電する現象が静電気の正体です。
 冬場に起こる一番の原因は服の重ね着によって摩擦しやすい状態になることです。それ以外にも夏場は温度や湿度が高いので、空気中には水分が多く存在します。水は電気を通しやすいので、電気が発生しても電気は水を通して放電するので静電気が起こりにくいのです。

自分でできる簡単な対策方法!


 静電気を一番感じやすい場面と言ったら、やはり車を降りてドアを閉める時ですよね。シートとの摩擦で何万ボルトもの静電気が発生するんですよ。
一番いいのは、ドアノブに触れずにガラスを押して閉めるとか、閉める前にタイヤに触れてから閉める(タイヤには、カーボンが入っているので電気を放電します)などがおすすめです。ハンドクリームを塗るのも効果的ですよ。

おすすめ静電気防止グッズ
 静電気防止グッズには「アースタイプ」と「空気放電タイプ」の二種類あります。アースタイプは触れることで体にたまった静電気を放出する方法で金属などに直接電気を流してしまうので除去の効果は高いのですが毎回触るということが必要です。
空気放電タイプは身に付けることで徐々に放電していくので状況によってショックがくる場合があります。
 アースタイプのおすすめは「シートベルトストッパーアース」。

シートベルトに付けるだけで毎回触りやすくシートとの摩擦で発生する静電気を除去でき、700円程度です。
 空気放電タイプは「放電ほたるくん」がおすすめです。
身に付けるだけで体にたまった静電気を徐々に空気中に放電し、750円程度です。
最近は、便利なグッズが販売されていますので、これを利用するのもおすすめです。

z-37.jpg

投稿者 fujita : 13:19