« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月号 タイトル

2006年11月30日

各種カー用品の販売

カーナビの販売・取付、オーディオの販売・取付、ETC販売・取付、タイヤ販売・取付を行います。

投稿者 fujita : 00:20

室内清掃

車内を掃除機を使って掃除する。ダッシュボード、メーターパネル、ステップなどプラスチック部分を水ぶきします。

shitsunai.gif

投稿者 fujita : 00:18

2006年11月29日

汚れ落としWAX洗車

とにかく愛車をピカピカにしたい人にオススメ!

y_coat1.gif

ボディにできた茶色の斑点(鉄粉)やスジ状の汚れ(水垢)を落とします。
頑固な汚れも、スッキリ・ピカピカに仕上がります!

y_coat2.gif

y_coat3.gif

投稿者 fujita : 23:55

ポリマーコーティング

愛車ピカピカ1年間キープ!そして1年保証付!
p_coat1.gif

1.洗車は水洗いだけでOK。効果は1年間持続!1年間保証!
2.水をはじく撥水性はバツグン!
3.ドアに触れた時のいやな静電気をバッチリ防止!
4.車体を傷める酸性雨から愛車を守ります!

p_coat2.gif

p_coat3.gif

p_coat4.gif

※所要時間は1日。代車無料です。
※新車は手順⑦と⑧のみ施工します。
※施工半年後に無料メンテナンスが必要です。
※価格はすべて税込です。

投稿者 fujita : 23:29

各種保険

各種、自動車保険、損害保険を取扱しております。

投稿者 fujita : 23:00

2006年11月28日

アンダーコート

車の下廻りってサビやすいこと、ご存知でしたか。
u_coat1.gif

車の下回りはサビやすいんです。特に雪国新潟ではアンダーコートを行うことによって、下廻りがサビにくくなり、愛車が長持ちします。

u_coat2.gif

u_coat3.gif

投稿者 fujita : 00:11

2006年11月27日

グラスコート

ポリマーの進化系、その違いを実感できます。本当に凄い!

g_coat1.gif

g_coat2.gif

1.水拭き・洗剤拭きの超簡単お手入れで、いつまでもピカピカの輝き!
2.汚れシャットアウト!
  水アカの心配はいりません!
3.塗装の酸化を防止します!

硝子繊維+セルロース繊維のW繊維層皮膜は塗装よりも硬く、ヒビ割れ知らず!
汚れの原因酸化から長期間あなたの愛車を守ります!

g_coat3.gif

※所要時間は2~3日。代車無料です。
※極端に汚れがひどい場合や塗装の傷みが激しい車は、別途料金をいただく場合がありませのでご相談ください。
※施工半年後に無料メンテナンスが必要です。また、1年ごとに有料メンテナンスが必要です。
※価格はすべて税込です。

投稿者 fujita : 23:47

各種自動車販売

新車販売、中古車販売、カーリースなども取扱しております。国産・海外の各種メーカーをお取扱しております。

投稿者 fujita : 23:30

(その他)点検・修理・メンテナンス

板金塗装、カーフィルム、タイヤ交換、タイヤキープ、ボディ、下回りサビ止め加工、ガラス交換・修理などを行っております。

投稿者 fujita : 23:00

2006年11月02日

コンピュータ診断

 最近の車は電子制御化が日進月歩で進んでいます。一級整備士の講習の中でも、電子制御に関する高度故障診断が大半で、昔の様にカンや今までの経験では修理が困難になっています。

k-1.jpg

主なECU(コンピュータ)の機能

 車のECU(コンピュータ)には、センサーや電気部品の故障を診断する自己診断機能や、センサーなどが故障しても最低限の走行を可能にするフェールセイフ機能などの機能があります。
 最近の車は更に高度になり、エンジン、オートマチック、ABS、エアバック、エアコン、室内装備などの各ECUを多重通信で結び総合コントロールしています。

その1★自己診断機能
 センサーやモーターなどの故障をコンピュータ内に記録し、メーター内のチェックランプを点灯させます。ただし、緊急性がない故障や現在正常に戻ってしまった場合は点灯させないこともあります。ただし、記録は残っています。

その2★フェールセイフ機能
 センサーなどが故障した場合、そのセンサーのデータは使わず過去の運転状態から現在の数値を予測して必要最低限の運転状態を確保します。

その3★学習機能
 車は機械ですので、使用すれば劣化します。いつまでも新車のつもりで運転してると調子が悪くなってきますので、劣化に応じて運転状態を補正して最適な状態を保ちます。


正しい修理をするための藤田自動車の取り組み

 車の電子化は思ってる以上に進んでおり、例えば室内のルームランプを明るくしようとワット数の違う物にしたら室内装備用のECUが壊れる場合がありますが、これは車全体が電子化されているからです。

 そのため修理には、車両と通信してECUのデータを見てセンサーの数値や故障状態を確認できる「外部診断機」というものが必要な場合が多くあり、今までの様に電圧計などでの診断は不可能です。

 そこで当社では、早くから車の電子化に対応しようと、外部診断機を本社に日立製ダイアグノーシス2000、当店にオートランド製VeDiSの2機種用意しています。その理由は1機種だけでは全メーカーの車種を診断できないので、できる限り多くのメーカー・車種の診断をできるように2機種導入しているほか、オシロスコープなど計測機器の充実も図っています。
 ディーラーの外部診断機は、そのディーラーが扱っているメーカーの車だけしか診断できませんし、整備工場でも2機種持っているのは大変珍しいと思います。

隠れた故障を見つける計測機器を導入

k-1.jpg 車の調子は悪くないけど診断機で点検したところ、緊急性のない故障が記録さているケースは多々あります。これは故障していたけど、フェールセイフ機能によってドライバーに分からない位に補正されていたことです。そのままにしていたらトラブルが発生する可能性が高いですネ。
 しかし、自己診断機能や学習機能は限界があります。汚れがひどくなりすぎたり、部品の劣化が進みすぎると補正しきれず不調になります。そのため、診断機での点検は、異常コード点検とともにエンジンデータが基準値内にあるかどうかの点検も必要ですので、お気軽にご相談ください。

※一部対応できない車種がありますので、事前にご連絡下さい。

投稿者 fujita : 15:55

ブレーキディスク研磨サービス

 「ブレーキ鳴きがする」「ブレーキの効きが悪くなった気がする」「フィーリングが悪くなった」「ブレーキをかけるとペダルにブレがくる」など、ブレーキに不満がある方におすすめです。

ディスクブレーキとは?

 現在の車のほとんどは、前輪にディスクブレーキを使用しておりスポーツカーや大型車・高級車などは4輪全部に使用しています。
 ディスクブレーキは「ディスクローター」と言われる円盤状のものをブレーキパットで挟み込み、その摩擦でブレーキをかけます。構造が簡単で放熱性も良いため普及しましたが、一般的な車は前輪にディスクブレーキ、後輪にドラムブレーキと呼ばれるものを使用しています。

性能を左右する、ディスクローター!

 走行中ディスクローターは回転していますので、ブレーキをかけるとブレーキパットで挟みこむため、レコード盤状の線傷ができてきます。また、冬場の塩カリなどでサビが発生し、ブレーキ鳴きやフィーリング、効きの悪化につながりますし、ブレーキの発生熱で変形してしまうとペダルにブレがくるなどの原因になります。

そこで、ローター研磨機の登場!

 このような状態になったディスクローターは、交換すればベストですが、部品代だけで軽自動車1輪9000円程度から高い物で2万円もしてしまいます(工賃別です)。
 そこで、ローター研磨機を使いディスクローターの表面を削って、新品同様にしてしまう方法をおすすめします。
k-1.jpg
 通常、RV車などはディスクローターを外すために高い工賃がかかりますが、当店ではディスクローターを取り外さないで作業ができるため、非常に経済的です。特にブレーキパット交換時に研磨すれば工賃的に大変お得になります。
 ブレーキに不満や不安がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿者 fujita : 15:45

2006年11月01日

ダイハツ「ムーヴ&ムーヴカスタム」

ライバルに一気に差を付け、フルモデルチェンジ!がらりと変わって、新登場!

c-1.gif

●軽最大の室内幅、40mmも広がりました!

今までのムーヴより40mmも室内幅が広がりました。
リヤシートの足元もフラットになり(2WD車)、足をゆったり広げる事もできて、ロングドライブも楽々です。
リヤシートのスライドは255mmで、さらに心地よい空間を作ることができます。

●エンジン&ミッションも新しくなって、燃費も走りも万々歳!

新開発のCVT車(Xリミテッド゙2WD)では、軽№1の低燃費を達成しました。
10・15モードでなんと、23.0km/ℓなんです!また、4AT車も今までより燃費が8%も向上し、10・15モードで21.0km/ℓになりました。

●ムーヴカスタムは豪華装備が満載、ビックリです!

スタートボタンを押すとエンジンが始動する「プッシュボタンスタート」や、レーダーセンサーにより車間距離を測定し、緊急回避操作が必要な場合、警告音・警告表示で通知し、危険度に応じてはシートベルトとブレーキを制御する「プリクラッシュセーフティーシステム」や、居眠りや脇見運転で車線から逸脱しかけた時に警告音・警告表示で知らせてくれる「車線逸脱警報機能」など、現在、軽自動車では初となる装備がメーカーオプションで付けられます(グレードによる)。
カスタムRSは、なんと軽最大の16インチアルミホイール付いてきます。ビックリです!

投稿者 fujita : 23:36

秋田一人旅日記の巻

先日、秋田県の田沢湖付近のホテルで同業者 の会合があり、レガシーでの「一人旅」を楽しんだ。

お昼頃、三条を出発し、目的地の到着予想時刻は夜の8時頃であったが、7時までには着かなければ行けなかった…


人生初めて見る鳥海山の景色、しかし…

幾つかルートがサイバーナビに出たのだが、時間優先、料金優先など、ルートイコライザーが算出したルートは日本海沿岸の国道7号線を走るルートであった。
中条ICまで1時間が過ぎ、県境の勝木から府屋の町を通って、鼠ヶ関、温海と過ぎ、そこから先は初めて走る日本海側の東北の旅路である。

左側の海の青さにまだ高い太陽が反射して、気分よくクルマもドライバーも反応していった。
鶴岡まで来ると、山形自動車道に入った。対面通行なのに全然クルマに合わない、前後もいなければ、対向車にもほとんど出会った記憶がない、そのまま瞬時に酒田まで出れた。

また、国道7号線を北上、右手の方角に人生初めて見る鳥海山の景色、しかし雲がかかり山頂を望むことができなかった。天気はすこぶる快晴であったが、その山だけにかかる雲、まるでその山は私に「山頂を見るには、もう少し人生の経験が必要だ」と言っているようだった。

夕日を見ながら、しばし休息!

程なくして秋田に入り、時計は4時頃、この調子だと7時までには着きそうである。
象潟(きさかた)、金浦(このうら)、仁賀保(にかほ)、西目(にしめ)と地名ごとに小さな町、小さな港があり情緒を感じた。ナビの地名もそうなっていたのだが、現在全て合併してしまって、秋田県「にかほ市」となっている。
やはりどこの地へ行っても、しばらくはこの寂しい感情を持つことになるのだろう…
d-1.gif

本荘で少し渋滞したが、今度は夕日の海の横を走った。
日本海に沈む夕日は見慣れていると思っていたのだが、この緯度での景色や気分はまた違う。岩城町の「道の駅」でしばし夕日の休息を取り、高速に乗った。
日本海東北自動車道、この高速が新潟県の中条ICとつながるのは、いったいいつの日になるのだろうか。
秋田空港から秋田道に入るがこんな山の中によく飛行場があるものだなと思った。その後、協和ICで降り、角館を抜け田沢湖に着いた。お昼に三条を出て、着いたのが夜7時頃、さすがに自分にも、愛車にも「お疲れ様」と言わずにはいられなかった。

d-2.gif

●角館町
http://kakunodate-kanko.jp/

●鶴の湯温泉
〒014-1204
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
電話0187-46-2139 FAX 46-2761
http://www.tsurunoyu.com/

投稿者 fujita : 23:30

スタッドレスタイヤはどれも一緒ではない!

もう時期タイヤ交換の季節が近づいてきました。みなさんのスタッドレスタイヤは大丈夫ですか?

スタッドレスタイヤは年数が経つとゴムの柔軟性を保つオイルが自然に抜けるため硬くなったり、溝が減ってしまいます。
溝で5㎜~6㎜以下・年数で4~5年以上経ったタイヤは、早めの交換が必要です。

スタッドレスタイヤの仕組み

スタッドレスタイヤは「吸水性」「柔軟性」「ひっかき効果」で性能が決まります。タイヤが滑る一番の原因は、氷の上の0.01mm以上のミクロの水膜が原因ですが、その水膜を吸水する性能が「吸水性」、吸水された乾いた氷の細かな隙間に密着するのが「柔軟性」そして車を止めるのが「ひっかき効果」です。

スタッドレスタイヤを長持ちさせるコツ

最近の車は前輪駆動が主流です。そのためフロントタイヤが減りやすくなっているので、1シーズン履いたタイヤは前後・左右で替えると長持ちします。また保管もビニール袋などに入れないで日陰の風通しのいい所で保管するとゴムのオイルが抜けにくく、硬くなりにくいです。ビニール袋などで保管すると湿気が逃げにくく、ホイールもサビます。保管が心配という方は、当社でおこなっているタイヤキープをご利用ください(お客様のタイヤをお預かり・保管します)。

今年おすすめのスタッドレスタイヤはこれだ!

様々なスタッドレスタイヤが発売されていますが、実はどれも一緒ではありません!価格に差があるように、タイヤの性能にも差があります。

今年買い替えを考えている方におすすめなタイヤは、YOKOHAMAタイヤの「iceGUARD・BLACK/IG20」です。このタイヤは吸水性・柔軟性・ひっかき効果が高く、安心して乗れます、そのうえ雪道以外の走行性能も高いんです。9割以上のタイヤサイズ用意されていますので、ほとんどの車に適合しています。

z-1.gif

投稿者 fujita : 23:27

知ってるつもりで、良く分からないエンジンの基本-2

今回は前回に引き続き、聞いたことはあるけど、実は良く分からないエンジンの種類や機構について基本的な紹介をいたします。

「排気量」って何だか知っていますか?

理論的にエンジンが空気を吸い込める量のことを「排気量」と言います。シリンダー内でピストンが一番下がった位置での内容量から燃焼室容量を引いた容量です。

k-1.gif

1気筒500ccで4気筒の場合は2000㏄になります。車の馬力をあげる一番簡単な方法は、この排気量を大きくすることです。


直列、V型、水平対向エンジンって何?

これは、シリンダーの配列のことを言います。まっすぐに並べると直列エンジン、V字型に並べるとV型エンジンになります。

例えば直列4気筒、V型6気筒などとなります。
一般的に直列エンジンは6気筒まで、V型は6気筒以上のエンジンに採用されています。気筒数が多くなるとエンジンの全長が長くなるため、多気筒エンジンは約半分の長さになるV型を採用しています。水平対向は、スバルやポルシェで使われていますがⅤ型の一種です。

Ⅴ型エンジンのⅤ字の角度は60°が多いのですが、それを180°まで広げると水平対向になります。シリンダーが地面と水平になっています。メリットはエンジンの低重心化と振動をお互いのシリンダーが打ち消すため、低振動になります。
ちなみに、スバルやポルシェは水平対向と言いますが、Ⅴ型エンジンが売りのフェラーリは180°Ⅴ型と呼んでいます。

k-2.gif

投稿者 fujita : 23:19