« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月号 タイトル

2006年09月01日

~ホンダの“ストリーム”が新しくなって登場~

c-1.gif

ほとんどの立体駐車場に入る!

低床・低重心化で全高は1545mm(FF車)になり、ほとんどの立体駐車場に入ります。

3列目のシートもラクラク空間!

2列目シート下の足置きスペースが広がって、3列目シートが窮屈な空間から開放!
いざという時に大活躍ですね♪

気になる燃費は14.8km!

ガソリンの価格が上がって、益々気になる燃費は1.8ℓと2.0ℓ(共にFF車)のどちらも
14.8km/ℓ(10・15モード)とクラストップレベルの低燃費を実現しました!
視界がクリアになって、ハンドルの位置も調整可能!
前方左右の広い三角窓で運転視界がクリアになりました。
ハンドルの位置を、上下、前、奥と自由に調整できたりと、運転のしやすさも向上!

c-2.gif

「RSZ」はよりスポーティーに仕上げました!
「RSZ」は見た目と走りをよりスポーティーに仕上げたグレードで、17インチアルミや、スポーツサス、マニュアル感覚が楽しめるパドルシフトなどが装備されています。

c-3.gif

投稿者 fujita : 18:04

夏休み軽井沢日記(1)

関越道の沼田IC付近に大きな橋がかかっている。
眼下の深い谷を見ると、集落や田畑が本当に小さく見える、かなり高い高速の橋だ。ここ数年、この場所を走る時は、友人に運転を代わってもらうほどであった。時には一人で運転する場合ここを避けて高速を降り、国道を走ってまた高速に上がったりしてかなり時間を費やしていた。家族で車を運転するのは私しかいないので、こちらの方面には行ったことがなかった。

先日、軽井沢へ家族で出かけた帰り道、サイバーナビは上信越道関越道のルートを選んだ。レガシーの高速安定性には自分自身でも自信を持ち始めていた。

克服できるか?深~い谷にかかる怖~い橋

妙義の山間を通る上信越道も少し緊張したが、下仁田、藤岡と過ぎいよいよ関越道へ。前橋、高崎、伊香保それから赤城の山を登り始めた、赤城高原SAで給油をして、いざ沼田へと向かった。
ゆるい右カーブで下ると次がその橋であるが、ちょうど目の前に大型ダンプがゆっくり走っていて前方をふさいだ。2台ほど抜いていった後、自分も右にアポロ(ウィンカー)を出し加速した。レガシーのゴーという加速音が車内に響き、大型ダンプを追い抜いた。

気が付いたら橋を渡りきっていた。何か積年の自分の中にある大きな壁が取り払われたような気分だった。
東京に住んでいた20代の頃、よく友人の車や会社の車で新潟に帰省したり、苗場にスキーにいったりと、しょっちゅう通っていた所であったが、30代になり多少なりとも周りの状況を見れるようになってきたのとほぼ同時に、橋の高さや高速運転の怖さから自分でこの地に対する恐怖感を増大させていったように思える。

歴史あるリゾート避暑地軽井沢、何か様子が違うぞ

軽井沢からは関越周りだが、佐久までだと上越経由の長野道周りのコースをサイバーナビは選ぶ、このあたりを行く場合は、行程などを考えて、往路、復路を使い分けた方がドライバーにとっては、楽しめるのだろう。

行く時、佐久にある薪ストーブのお店の電話番号をサイバーナビに入力したので長野道から、小布施SAで昼食をとり、更埴JCで上信越道に乗り小諸ICで降りて国道18号線を30分くらい走ると薪ストーブのお店「長野総商」さんに着いた。

店内にはいると外国製の薪ストーブが多数展示してあった。その他、薪を割る斧や煙突、小物類もあり雰囲気の良いお店である。年配の女性の店員さんの説明がわかりやすく時は過ぎていった。
お店を出て、軽井沢へ向かう途中、英国のアンティークのお店があったので入った。

d-1.gif

イギリス人(多分)の御主人と日本人の奥さん、そして3歳くらいのかわいい女の子の家族がそこにはあった。家具はみんな高価でダイニングのセットは数十万円はするのもばかりでとても手が出なかったが、3枚の絵に心引かれた、イギリスの有名なゴルフコース「セントアンドリュース」「ターンベリー」「カーヌスティ」の綺麗な絵であった。額もあり値段も安かったので、値段を交渉して3枚まとめて購入した。

さらに車を進めて軽井沢プリンスホテルへとサイバーナビは誘導してくれた。このまま国道18号線を走り軽井沢の市街地へ向かうと、夏休みの週末で渋滞している。途中3差路を斜め右に折れ、軽井沢72ゴルフコースの横を通って左折、直進すると右手に軽井沢アウトレットショッピングセンターが広がっていて賑わっていた。

新幹線も止まるようになった歴史あるリゾート避暑地「軽井沢」。
昔とはかなり様子か違うようだ・・・

●長野総商株式会社
〒389-0207長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1625-83
TEL.0267-32-2353FAX.0267-32-2690
http://www.naganosohsyo.co.jp/
●軽井沢プリンスホテル
http://www.princehotels.co.jp/karuizawa/

投稿者 fujita : 17:54

えっまた上がったの!レギュラーガソリンが140円台に!

z-1.gif

ガソリンの値上げは止まることなく上がり続けて、ついには140円台にまで上がってしまいました。
まだまだガソリンが値上がりするのは間違いない!ようなので、省燃費車で秋の行楽シーズンを迎えてはいかがでしょう。

燃費はリッター20~30km?!

今の車は、だいぶ燃費がよくなってきています。
ビィッツ・プリウス(トヨタ)、フィット(ホンダ)、ストーリア(ダイハツ)など、各社いろいろな車を発売しています。
少し前の車の約2倍近く走り、ガソリン1リットルで20~30㎞も走ります。その中でもおすすめは、トヨタの「プリウス」です。
プリウスはガソリンと電気で走るハイブリッド車で、ガソリンを使って走っている時は騒音が気になりますが、電気(モーター)で走っている時はかなり静かで燃費もよく、リッター30㎞近くも走ります。しかも環境にもいいんですよ!
価格はちょっと高いですが、長い目で見るとかなりお得だと思います。

「車を買い換えるのはちょっと!」って思う方も燃費を良くする方法があります。
エンジンオイルやタイヤの空気圧などを、定期的に点検・交換するだけでもだいぶ燃費が良くなります。
ガソリン代が気になる方は、ぜひ定期的に点検をおこなってください。

投稿者 fujita : 17:50

ブレーキオイルって交換が必要なの?

今回は、以前より交換の必要性が高まってるブレーキオイルと最近のブレーキシステムについてお話いたします。

ブレーキオイルって何?

今、走行している乗用車のほとんどは油圧ブレーキを使用しています。つまりブレーキオイルを使っています。ブレーキペダルを踏むとその力をブレーキオイルがブレーキに伝え、車を止める力を発生させる非常に重要な役割をしています。

k-1.gif

ブレーキ内部には、多数のゴム部品が使われていますが、ゴムはオイルに触れると劣化・膨張するため、ブレーキオイルには、それらを抑える植物性オイルが使用されています。
しかし、植物油は空気中の水分を吸収しやすいため、ブレーキオイルの沸点の低下やブレーキ内部に錆びを発生させます。また金属やゴム部品の磨耗粉が含まれてくるため定期的な交換が必要です。

今の車は昔に比べて交換しなくてもイイ?!

実は、最近の車の方が交換の必要性が高まっています。その理由はABSなどのブレーキデバイスの標準化です。今はほとんどがA
BS標準装備になってきました。最新のABSは4輪合計で1秒間に約80回、ブレーキのONとOFFを繰り返します。そのためブレーキ内部に発生する磨耗粉はABSが付いていない車に比べるとかなり多くなっています。

また国産第一号のABSはホンダのプレリュードだったと思いますが、当時のABSは約50ccのブレーキオイルが入っていて制御していましたが、最新のABSにはわずか5ccのオイルしか入っていません!わずか5㏄で1秒間に約80回の制御をしています。さらに、オイルの通路は髪の毛ほどしかありませんのでわずかな錆びや磨耗粉で詰まりが発生すると非常に高価なABSの交換が必要になります。

どのくらいで交換すればいいの?

使用状態にもよりますが、最低でも車検ごとの交換、走行距離の多い方は1年が目安です。
皆様が思われている以上にブレーキは高度な制御をしていますので定期交換やメンテナンスをおすすめします!

投稿者 fujita : 17:38