« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月号 タイトル

2006年08月01日

車検

当社の車検はココが違います!
「完全点検&整備提案1日車検」は、とことんやります

shaken-1.gif

shaken-2.gif

shaken-3.gif
・ブレーキ点検+プレーキ安心パック(ブレーキの清掃・オイル交換・各部の給油・調整)
・その他日常点検
・エンジン回り(エンジンルーム)の点検
・下回りの点検
shaken-4.gif

shaken-5.gif

shaken-6.gif

shaken-7.gif

shaken-8.gif

shaken-9.gif

※記載してある時間は目安です。


車検後のアフターフォローも万全


shaken-10.gif

投稿者 fujita : 18:20

タイヤ交換

プロのタイヤ交換は、ここが違うから安全・安心です!
プロのタイヤ交換は、ここが違うから安全・安心です!

こだわり1
こだわり1

ボルトの締め過ぎは、金属疲労を起こし、ボルトが折れる原因となります。また、締め付けが甘いと走行中車輪が飛んでしまいます。当店は、お車に合ったトルクで締め付けるよう、専用のトーションバーレンチを使用していますので、最適な締め付けができます。

こだわり2
こだわり2

どのタイヤをどの位置(左右前後)に付けるかによって、タイヤの寿命は変わります。当店では、タイヤの減り具合と減り方前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動なのかに応じて、最適な位置にタイヤを取り付けます。これによりタイヤの寿命が違います。

こだわり3
こだわり3

交換したタイヤは必ず空気圧が低下してますので、パンクや事故の元になります。当店では、純正以外のタイヤでも、そのタイヤに最適な空気圧に調整いたします。

価格

投稿者 fujita : 17:13

~ダイハツから新型軽自動車がまたまた誕生~

「見てカッコいい!」「座って上質!!」「走って感動!!!」
そんな1台がデビューしました。軽とは思えない贅沢装備満載の1台です。

car-1.gif

上質な室内空間

ダイハツの軽自動車では初の字光式メーター、マルチインフォメーションディスプレー(平均燃費など様々な情報が瞬時に表示されます)などの質の高い装備が充実(グレードによります)!そして、エアコンは軽初の花粉除去モード付き(グレードによります)で、室内はいつもクリーン!!室内の幅は軽最大!!
街乗りはもちろん、ロングドライブにも最適!

便利なキーフリーシステムは、全グレード標準装備。また、RSリミテッドには、レーザーセンサーで自動的に先行車との車間距離を保ってくれる「レーダークルーズコントロール」をオプションで設定。まるで高級車ですね。
軽自動車の常識を破る爽快な走り!

全グレード、新開発ターボエンジン&新開発CVTでガンガン走ります!低重心なので安心感のある走りができます。軽ターボ車では圧倒的№1の低燃費も、かなりの自慢です。

car-2.gif

投稿者 fujita : 16:54

赤城温泉郷ドライブ記

先日、友人と赤城高原の温泉へ行った。
関越自動車道で群馬県に入り、赤城ICを降りる予定だが、三条でサイバーナビの設定をする
と、高速を使っても3時間かかると出た。
しかし、赤城であれば2時間位で行ってしまうはずだ!インターを降りてからの行程が長いのか?それとも、かなりの山道で時間がかかるのか?まぁ、いずれにせよレガシーとサイバーナビを頼るしかない。

前日、ガソリンを満タンにしたのだが、間違ってレギュラーガソリンを入れてしまった。その為に高速での加速や登り坂で力不足を感じてしまった。原油高騰の折、ハイオクは高いので、間違ったとはいえ、レギュラーでもいいかもと思っていたが、やはりそれは、良くないことである。運転にも快適さを失うし、環境も考えると車に合った燃料やオイルを使うべきである。
到着まで、あと50分位、途中までは緩やかな高原の道路であったが、30分位走ったところで山道となり、きついカーブが続く。

レガシーももう25,000kmを過ぎている。タイヤもポテンザを履いているが、タイトなコーナーを走る瞬間では、そろそろ限界が近づいていることを実感した。
国道353号線を曲がり、いよいよ温泉郷へ進んだ。山道は山奥深く進み、だんだんと狭くなり、すれ違いができなくなってきた。それと同時に自然の緑色のトンネルが続いた。

しばらくして、渓谷沿いにポツンと一軒の宿があり、ドライブもここまで。車を出るとそこはぐるりと森に囲まれ、木々の葉の緑がまぶしく目にしみた。
また気がつくと、岩の間を流れる川の音がいつまでも続いていた。

●上州赤城温泉郷滝沢温泉滝沢館
〒371-0202群馬県前橋市粕川町室沢滝沢241
TEL:027-283-5711(代)FAX:027-283-5851
http://www.takizawakan.com/

dr-1.gif

投稿者 fujita : 16:49

事故防止に効果があるってホント?!

 最近、何かとテレビのニュースで取り上げられることの多いドライブレコーダーですが、飛行機に装備されている飛行を記録するフライトレコーダーと同じ働きをするものです。

ドライブレコーダーって何?
 ドライブレコーダーとは「加速度センサー」「高感度CCDカメラ」「映像記録用メモリーカード」が一体化になっており、加速度センサーが衝撃を感じると(車がぶつかったりすると)、映像を自動で撮影し、メモリーカードに、その映像を記録する装置です。
 メモリーカードに記録された情報は、専用のパソコンソフトで見て解析することもできますが、ドライブレコーダーの普及率が少ないため、事故などが起きてもメモリーカードに記録された情報は、残念ながら裁判に使われる証拠として認められません。

もう実用化は始まっています!
 実用化は既に始まっており、バスやトラック、タクシーなどの事業用の車両には導入され始めています。
ドライブレコーダーには、急加速や急ブレーキ・急ハンドルなどの運転記録が残るので、運転者の無謀運転防止につながっています。タクシー事業者では、24社中13社が事故防止の効果が現れたそうです。

一般の車にも付けることができます!
 現時点では事故の証拠としては使われませんが、参考にはされるため、複雑な事故などが起きた場合などは大変便利です。
ドライブレコーダーには様々な種類もあり「マルハマ・ロードビュープロ」や「どら猫2」など5万円前後で付ける事ができます。

z-1.gif

投稿者 fujita : 16:41

チョット!?難しい、最近のオートマチックのお話

最近、オートマッチク車で同じ様なトラブルのお客様が多く来店されました。今回は、そのトラブルの原因と対策のお話を紹介します。

トラブルはどんな症状!?
そのトラブルは、オートマチック車(一部CVT車も含む)で一定速度や少しの加速、発進時などに車体にジャダー(振動)が発生することです。車全体がブルブルと細かく振動してかなり不快です。

原因は一体なんなの?
今のオートマチックは、ほとんどが電子制御で、変速はドライバーの要求や走行状態に合わせてコンピュータが最適に判断します。また、オートマ車の動力伝達はトルクコンバータと言う装置でオートマオイルを介して行われますが、液体による伝達のためロスが発生し燃費悪化の原因になります。

そのため、燃費を良くするためにトルクコンバータ内にロックアップクラッチと言うものを設けて、燃費を良くしています。少し前の車のクラッチ接続条件は、4速で60~80kmで接続するものが多かったのですが、最近の車は2速で20km位の低速で接続するのものもありますので、今のオートマ車は非常に燃費が良くなっています。

しかし、低速から接続すると、オートマチックのショックが大きくなったり、滑らかさが無くなったりします。そこでロックアップクラッチの接続を少しずつ接続する、つまり半クラッチ状態を多くして制御しています。オートマ車のジャダーの原因の多くはこのロックアップクラッチの半クラッチ状態時に、クラッチの滑らかなすべりが失われ、トルクコンバータが振動し発生するからです。

k-1.gif

対策はあるの?
ジャダーの原因の多くは、クラッチの不良ではなく、オートマチックオイルの劣化です。ですから、オートマチックオイルの交換をすれば大半が直ります。メーカーもジャダー対策のオイルに変更しているようです。当店の新型オートマオイルはジャダーの発生を非常に強く抑える自慢のオイルです。ぜひ、心当たりのある人はもちろん、そうでない方も予防のためお試しください。

k-2.gif

投稿者 fujita : 16:27