« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月号 タイトル

2006年06月01日

魚沼市の「いたやそば」

 春になり、家内と雪がまだ残る魚沼へお昼を食べに出かけた。旧広神村の「いたや」という蕎麦屋である。
 春には必ず行くことにしている。山菜の天ぷらとここの道光高原そばを食べないと春が来た実感がわかない。

 下田の大平から人面を通って栃尾に入り、守門方面へ向かって252号線を小出方面へ向かうと越後ゴルフ倶楽部の看板がある。そこを右折して、そのゴルフ場へ向かうようにすると、手前の集落の中に「いたや」がある。農家の民家なので、小さな看板とのれんがないとわからないほどである。
 夏場は堀之内インターから道光高原方面へ登って行くと、ゴルフ場を横目で見ながら高原を降りたところに出る。冬季は閉鎖しているので通行はできない。
 平日なのに、かなりの賑わいである。クチコミで駐車場には県外ナンバーのお客さんまでいる。駐車場も数年前までは砂利であったが今はコンクリートできれいになっている。
 以前、日曜日に来たが、外で30分待ち、席に着いたが1時間待ち、結局そばを口にするまで1時間半待たされたことがあったのでそれ以来、平日に行くことに決めている。
「へぎそば」もうまいが、意外と「ざるそば」もいける。へぎの束にしばられることなく、自由にザルの上にのっているそばを自分のペースで食すことができる。
また、上に少しのっている海苔がまたいい。子供と1人前づつ頼むので、子供が半分位食べて、私が1.5人前食べるのでちょうどいい。

 地震に負けずにそのままの姿、そのままの味わいを保つことは、たやすいことではないはずである。この雪国では・・・

dr-1.jpg●いたやそば
新潟県魚沼市泉沢新田140 025-799-3101
営業時間・・・午前11時~午後2時30分(夜は出前のみ)
定休日・・・月曜日(祝日の場合は翌日) 駐車場…20台 座席・・・40席
http://www.itayasoba.com/

投稿者 fujita : 20:29

~ファミリー向けコンパクトワゴン~
ダイハツ“COO”デビュー

car-1.jpg

 この車、実はベースはトヨタの“bB”なんです。どちらかというとbBはカッコいい感じで、若い男性がターゲット的な感じはしますが、ベースは同じといえども、まったく雰囲気は異なり、“COO”は、女性や、ファミリー向けの落ち着いた外見になっています。

✿ファミリー向けだから、室内の広さはクラストップレベル!

 あの、室内空間の広さが売りの日産キューブさえも上回っちゃいました!
 5人乗っても楽々です。「子供が大きくなって、軽自動車だと狭くなってきたなぁ」と感じているヤングファミリーにピッタリかもしれません(*^_^*)。

✿安全性能もクラストップレベル!

 加速と燃費に優れた走りで、環境と家計にやさしい車です。
car-2.gif

投稿者 fujita : 20:24

最近の 車はすごく なってきた・・・

a-1.gif

今回は、最新の車の凄い安全装置について!

 現在の車(得に高級車)は、乗り心地だけではなくドライバーをサポートして、より安全に走行できるかという事を考えています。その中でも、ビックリする凄い安全装置を一部紹介します。

●夜間走行編
  夜間走行中(得に雨降りの夜間走行)は、ライトの明かりだけでは視界を確保できないことがあります。そんな時、ナイトビューというものがあります。
 ナイトビューは、車両前方を近赤外線照射して、その反射光を映像化するもので、ライトの光の範囲から先の見えにくい歩行者や障害物をフロントガラス下部ディスプレイに画像を映して、夜間のドライバーの視界を補助します。
 また、ヘッドランプコントロールシステムは、夜間のコーナリング走行時、ハンドルの角度、車速に応じてヘッドランプが自動的に左右に動き、コーナリング時の視界を向上させます。

●眠くなっても安心かな?編 こんなのあり?

  高速道路などを走行中、車に取り付けられたカメラにより、車線に沿って走行するようにステアリングの操作を制御します。
 渋滞した道路での低速走行(約30km/h以下)時に、車の前方につけられたレーザーセンサーにより前の車との車間距離を保つように、アクセルとブレーキを制御しします。
 もし前の車に衝突しそうになった場合には、ブザーとディスプレイ表示によりドライバーに警告し、それでもダメな場合は車間距離を確保し、一旦停止します。
 眠くなった場合は車内につけられたカメラにより、体温や頭の触れなどを感知して、ブザーや振動、エアコンから柑橘系の臭いを出してドライバーに知らせる装置などもあります。

 このような装置は、マジェスタ、クラウン、レジェンドなど高級車に装備されています。いつかは、ほとんど自動制御で車を乗れる日がくるかも・・・a-2.gif

投稿者 fujita : 20:17

よく聞くベルトって何?一歩間違うとトラブルに

 お車の修理や点検の時、よく「ベルト交換」とか「ベルトの張りが弱い」など、聞いた事があると思います。ベルトには「ファンベルト」「エアコンベルト」「パワステベルト」があります。

“キュルキュル”“キー”という音は危険信号

 ベルトのトラブルには、
1.鳴き(キュルキュルという音がする)
2.滑り(キーなどの強い音がする)
3.ヒビ割れやベルト切れなどがあります。

 1.の鳴きは、ベルトの張りを調整したり、鳴き止めスプレーの散布などで直ります。2.の滑りは、初期であれば調整で直りますが、ベルトが減っている場合は交換が必要です。3.のヒビ割れやベルト切れは即交換です。

ベルトが切れるとどうなるの?

■ファンベルトが切れると・・・
 発電機が回転しないため、発電できず走行中にバッテリーが上がり、エンジンが止まってしまいます。
 また、車によってはオーバーヒートしてしまう場合もあり、エンジンに重大なダメージを与えます。

■エアコンベルトが切れると・・・
 エアコンが効かなくなります。夏は暑い・・・

■パワステベルトが切れると・・・
 ハンドルが重くなりますが、操作は可能です。しかし、走行中にいきなりハンドルが重くなると、ハンドル操作を誤り事故に繋がるので、特に力のない女性は危険です。

k-1.jpg

 ベルトは、エンジンとエンジンに必要なラジエターファン、発電機、パワステポンプ、エアコンコンプレッサー、ウォーターポンプなどと繋がり、エンジンの力をこれらに伝える重要な部品です。
 「キュルキュル」や「キー」など、気になる音がしたら、一度点検してくださいね。

投稿者 fujita : 20:09