« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月号 タイトル

2006年03月01日

最高にオススメ!六日町温泉・かわら崎 湯元館

 先日、南魚沼市六日町の自動車整備工場へ行った。雪の多さには驚いたが、今年は例年より雪は多く、まさに雪国の体験ができた。
 高速で小千谷を過ぎるとぐっと景色が変り、雪の壁も高くなってきた。途中で越後川口でSAに入ったが、除雪の真っ最中で大きなブルドーザーにひかれそうだった。少し休み、また高速に合流、小出で降り、国道17号線へ出たが、「ここが国道なのかと思わせるほど高い雪の壁、建物も判別できない。
 南魚沼市へ入ると益々雪国の様相を呈し、両側の白い壁と吹雪で何も見えない、ただ前方の信号機がうっすらと見え方向がわかるだけであった。カロッツェリアのサイバーナビが進行方向の住所を示し、目的地までのたよりとなった。
 ようやく、六日町の大和自動車整備工場さんに到着し、社長の大久保さんの手厚い出迎えを受けた。出していただいたコーヒーが温かかった。他の会社の者と5人で2時間くらい仕事の話をし、夕方になり「湯元館」という旅館に向かった。
 湯元館の到着すると、2m程ある雪の階段を登り、また2m程下ったところに玄関があった。夏場はここは庭だという。
 古い玄関、囲炉裏がパチパチと音を立てていて、壁には三浦友和と山口百恵のポスターやコカコーラの古いブリキ看板など・・・。仲居さんに案内され廊下を歩くと駄菓子屋さんが壁沿いにあった。懐かしいわた飴の機械にザラメの砂糖などなど、ここの店主の年代はいくつなのかと思ってしまった。
dr-1.jpg
 離れの部屋に案内されて、外を見ると露天風呂があった。横には屋根から落ちてきた雪がそのまま山になっていた。階段があり、登ってみると広いロフトになっていて、すでに布団が人数分敷かれてあった。われわれ5人は、夜遅くまで部屋の囲炉裏で語ったことは言うまでもない。

●㈲大和自動車整備工場・・・http://www.lotas-daiwa.com/

●かわら崎 湯元館・・・http://www.yukiguni.ne.jp/yumotokan/

投稿者 fujita : 18:48

「✿ゴツかわいい✿」こんな車待ってました!
ダイハツ“ビーゴ”&トヨタ“ラッシュ”同時デビュー

ブーン&パッソ以来のダイハツとトヨタの共同開発車が登場しました。
コンパクトカーでありながら本格SUVであるというこの車。
年齢、性別問わず“アリ”な車ですね。
私の周囲の話ですが、結構SUV車やRV車に憧れている女性が多いんです。
でも、大きいと運転するのが怖かったり、維持費もかかったり(>_<)・・・。
その点この車は大丈夫!!ドライブ、ショッピング、駐車も楽々です。
コンパクトカーですが、男性が乗っていてもカッコいい“ゴツさ”がまた良いですよね~♪
car-1.jpg

☆カッコだけじゃありません!

  ◎滑りやすい路面での車の安定性を確保するVSC
  ◎スイッチ操作で降坂時の車速を約5km/hにコントロールする“ダウンヒルアシスト”
  ◎急な上り坂での坂道発進を容易にする“ヒルスタート・アシスト・コントロール”など上級SUV車に付くような装置まで設定されています。
  ◎シートは、フロント・リヤともに撥水加工を施したファブリック使用。水濡れや汚れを気にすることなく、アウトドアレジャーを満喫できます。
car-2.gif

投稿者 fujita : 18:42

東大崎くんのやっべぇーシリーズ特別編
「地上デジタル放送」

2011年7月25日・・・
ミンミンゼミは「ミーーンミンミンミン、ジー」と鳴き、
あぶらゼミも「ジーーージーーージーーー」と鳴く、暑い日だった。

a-1.gif

地上デジタル放送(地デジ)とは?

 テレビ放送は、画像を細かい横線に分解して送信し、それがテレビの画面で組み立てられ、画像を再現しています。横線はアナログは約525本、デジタルは約1125本と倍以上で、情報量は約4倍です。アナログ放送では、特に車のテレビは、場所によって映りが悪くなる事がありますが、デジタル放送になるとテレビの映りが悪くなることはありません。音質もCD並みの高音質、データ放送で交通情報・天気予報・休日の病院の当番院なども見られます。
また双方向サービスで、リモコンを使ってクイズ番組に参加したり、歌などのリクエストができます。年末の紅白歌合戦の一票も入れられます。と言うことで、地上デジタル放送は最高です!

地上デジタル放送は、チューナー、アンテナが必要?

 家庭で地上デジタル放送を見るには、専用のチューナーとアンテナが必要なのは、良く知られていますが、車のテレビも必要です。まだ販売しているメーカーは少ないですが、車用の専用チューナーは80,000円~、専用アンテナは13,000円~25,000円です。
 新潟県でも今年2006年4月から地上デジタル放送がスタートし、2011年7月24日(終了予定日)まではアナログ放送と両方見られますが、それ以降はアナログ放送は見られなくなります。見るためには、専用のチューナーとアンテナが必要になるので、東大崎くんみたいにならないように気をつけましょう。

投稿者 fujita : 18:36

外部診断機を使った、お車の健康診断!

 先回は、最近の車の電子化と外部診断機について紹介しました。今回はもう少し踏み込んで新しい形態のお車の健康診断についてお話いたします。

思ってる以上に車は頭がイイゾ!

 前回お話したように、車にはコンピュータ(ECU)が搭載されており、様々な働きをします。

その1★自己診断機能
 センサーやモーターなどの故障をコンピュータ内に記録し、メーター内のチェックランプを点灯させます。ただし、緊急性がない故障や現在正常に戻ってしまった場合は点灯させないこともあります。ただし、記録は残っています。

その2★フェールセイフ機能
 センサーなどが故障した場合、そのセンサーのデータは使わず過去の運転状態から現在の数値を予測して必要最低限の運転状態を確保します。

その3★学習機能
 車は機械ですので、使用すれば劣化します。いつまでも新車のつもりで運転してると調子が悪くなってきますので、劣化に応じて運転状態を補正して最適な状態を保ちます。

隠れた故障を見つける健康診断が誕生!

k-1.jpg 車の調子は悪くないけど診断機で点検したところ、緊急性のない故障が記録さているケースは多々あります。これは故障していたけど、フェールセイフ機能によってドライバーに分からない位に補正されていたことです。そのままにしていたらトラブルが発生する可能性が高いですネ。
 しかし、自己診断機能や学習機能は限界があります。汚れがひどくなりすぎたり、部品の劣化が進みすぎると補正しきれず不調になります。そのため、診断機での点検は、異常コード点検とともにエンジンデータが基準値内にあるかどうかの点検も必要です。
 そこで、当店では外部診断機を使用した、お車の健康診断サービスをおこないます。料金は2,100円~3,150円を予定しています。
※一部対応できない車種がありますので、事前にご連絡下さい。

投稿者 fujita : 18:31